〔頑張れ信州〕3年ぶりの開催!「第77回いちご一会とちぎ国体」長野県代表チーム紹介&大会観戦ガイド

【速報】「第49回関東地区プロ自転車競技大会」4㎞団体追抜き - 優勝:新潟支部長野県チーム(小峰・柿澤・宮下・堀江)4分24秒448(11月30) 【速報】「第49回関東地区プロ自転車競技大会」1㎞タイムトライアル - 優勝:菊池岳仁〔岡谷南出〕1分02秒720 3位:堀江省吾〔屋代高‐信州大出〕1分03秒511 (11月30日) 〔告知〕JCF公認3級自転車公認審判員講習会長野会場の応募受付は11月30日まで…(11月28日) 【PIST6長野県出場選手情報】12月3日㈯-4日㈰:前島恭平(松川高出)/12月12日㈪-13日㈫:等々力久就(岡谷工高出)&小峰烈(松本高出)以上の出場が決定!〔11月23日〕 【冬季道路交通規制情報】上田市の各エリア〔美ヶ原公園沖線・松本和田線・ビーナスライン一部・鹿教湯別所線ほか〕が11月24日・25日から冬季閉鎖・規制となります。 詳しくはこちら。(11月22日) 〔結果〕「第33回全日本選手権MTBクロスカントリー」女子U-23で小林あか里(弱虫ペダルサイクリングチーム/信州大)が、男子エリートで平林安里(TEAM SCOTT TERRA SYSTEM/白馬高出)が共に優勝し2022年の全日本王者を戴冠(11月21日)〔結果〕「第33回全日本選手権MTBクロスカントリー」女子マスターズで小林真清〔Team Soleil悠/長野県登録〕が優勝!全日本女子マスターズ王者を戴冠。(11月19日)【冬季道路閉鎖情報】国道299号線「麦草峠と八千穂高原」2022年11月17日㈭午前11時~2023年4月20日午前11時まで… 詳しくはこちら。(11月16日) 〔結果〕「UCI世界選手権トライアル 男子エリート20」で岩村田高出身の土屋凌我(無所属)は10位となった。(11月12日) 〔募集中〕「JCF公認3級公認自転車審判員講習会長野会場」2022年12月11日㈰に松本工業高校OB会館にて詳しくは長野県車連HPにて(11月10日)

〔頑張れ信州〕3年ぶりの開催!「第77回いちご一会とちぎ国体」長野県代表チーム紹介。

 

 コロナの影響で2019年の茨城国体以来3年ぶりの開催となる

第77回いちご一会とちぎ国民体育大会 自転車競技会が

明日の10月5日㈬から9日㈰まで栃木県で開催される。

大会は…

トラック競技が5日から8日まで宇都宮競輪場。

最終日9日は、場所を那須へ移動して

ロードレースが開催される。

 

既に周知の通り、長野県からは少年4名・成人5名・女子3名の

12名の選手が派遣される。今大会は競輪の黒河内由美選手が加わり

長野県代表は、2015年以来のプロアマ合同チームで大会に臨む。

とちぎ国体の長野県代表チームは以下の通り。

 

 

 

長野県代表チーム

 

 

男子少年チーム(高校生)

氏名 所属 学年 出場予定個人種目
小松 篤史 松本工業高 3年 ケイリン
上里 翔瑛 松本工業高 2年 1㎞タイムトライアル・ロードレース
酒井優太郎 松本工業高 2年 スクラッチ・ロードレース
山田 愛太 白馬高校 1年 スプリント

 

小松篤史(松本工高)
2022年の松本工業高の主将として1年生の秋から活躍
昨秋の長野県高校自転車新人戦ではトラック競技全種目完全制覇
5月に開催された長野県国体・インターハイ予選でもポイントレース以外の
全てのトラック種目を制する、長野県高校代表のエーススプリンター。
インターハイ最終予選の北信越大会では個人で1㎞TT北信越チャンピオン
団体でも長野県史上初となる県勢初の学校別団体優勝を果たした。
〔出場予定種目:男子少年ケイリン・チームスプリント〕

 

 


 

上里翔瑛(松本工高)
今年の春先から成長を見せる松本工高の2年生。
長野県国体・インターハイのポイントレースで
エースの小松の全種目完全制覇を阻むと、その勢いで
インターハイ最終予選の北信越高校大会スクラッチで
集団落車などが起こる波乱のレースを落ち着いて走り
自身初となるスクラッチでの北信越チャンピオンとなり
インターハイに出場した。今大会初出場となる国体は
来年へ向けてしっかりと経験を積む大会となる。
〔出場予定種目:男子少年スクラッチ・ロードレース〕

 

 

 


 

上里翔瑛(松本工高)
昨秋の県高校新人戦・この夏のインターハイ長野予選と
二期連続で長野県高校自転車ロードレースを制し
長野県ロードレースチャンピオンとしてインターハイにも初出場した。
上里と共に2年生ということもあり
初出場の国体で、先ずはしっかりと経験を積んでほしい
〔出場予定種目:ポイントレース・ロードレース〕

 

 

 


 

山田愛太(白馬高)
Kids(U-12)時代はMTBで活躍。中学1年生からMTBのトレーニングとして
トラック競技を取り入れる。2022年にはMTBユースの日本代表強化選手に選出。
本年は高校自転車1年目ながら春から大活躍をみせ
7月に松本市で開催されたJOCジュニアオリンピックでは
U-17ケイリンで準優勝を果たした長野県次代のエーススプリンター候補。
今大会は先ずはしっかりと経験を積む。
〔出場予定種目:スプリント・チームスプリント〕

 

 

 

 


 

男子成年チーム(社会人/学生)

氏名 所属 クラブ 出場予定個人種目
北澤竜太郎 長野市役所 MISUSUKO TEST TEAM スプリント
齋藤健太郎 (株)ヤッホーブルーイング TRC PANAMAREDS 1㎞タイムトライアル
渡邉 鈴 (株)京セラ MISUSUKO TEST TEAM スクラッチ・ロードレース
山田 拓海 早稲田大学(3年) 早稲田大学 ポイントレース・ロードレース
山浦 秀明 松本大学(3年) 松本大学 ケイリン

 

 

北澤竜太郎(長野市役所/信州大出)
2018年の福井国体以来の長野県国体代表チーム復帰となる
おなじみのベテラン選手。今年の国体予選となった
長野県大会では、スクラッチ・ポイントレースの二冠を達成
今大会もチームの主将として活躍が期待される。
〔出場予定種目:スプリント・チームパシュート〕

 


 

齋藤健太朗(ヤッホーブルーイング)
今年から仕事の関係で長野県へ転勤し長野登録となった。
初出場となった長野県大会(国体予選)では
ケイリン・スプリントの二冠を達成し
先月開催の「中部8県対抗自転車選手権大会」では
長野県代表として1㎞タイムトライアル・チームスプリントの
両種目で3位表彰台に上がる活躍を見せた。
〔出場予定種目:1㎞タイムトライアル・団体追い抜き〕

 

 

 


 

渡邊鈴(京セラ/松本工出)
2018年の福井国体以来の国体代表復帰となる。
前回の国体ではスクラッチで前方で起こった落車に巻込まれて
暫く戦線離脱をしたものの12月の信州シクロクロス上山田2部優勝で復帰。
中長距離を得意とし、今年のハイライトは補強選手として急遽出走した
「2 days race in木祖村」のコンソレーションレースで
単独の逃げを見せてのポイント賞を荒稼ぎ
国体予選の長野県大会では4㎞個人追抜きで優勝。
また、東日本実業団選手権でも同じ種目で3位表彰台に上がった。
〔出場予定種目:スクラッチ・ロード・〕

 


 

山田拓海(早稲田大学/飯田風越出)
おなじみのU-23ロード日本代表選手。国体では前々回の2018年福井国体で
長野県高校代表として初出場、前回の茨城国体では日本代表欧州遠征から
そのまま長野県チームに合流した。今年の4月に美鈴湖で開催された
東日本学生選手権で落車したものの、その後は、地元飯田市で開催された
Tour of Japan 南信州ステージで、史上初の地元出身選手として出場した。
今回も長野県中長距離のエースとしてポイント・ロードレースに出場予定。
〔出場予定種目:ポイントレース・ロードレース〕

 

 

 


 

山浦秀明(松本大学/松本工出)
高校時代は松本工業で主将として、2019年の北信越大会で
チームを総合準優勝に導いた。地元の松本大学に進学してからは
コロナの影響で初年度はほとんど活動出来ずに不本意なシーズンとなったが
昨年はロードレースで長野県チャンピオンになると、今年は
長距離・中距離両種目で活躍。今年の国体長野県予選では
200m・1㎞の短距離で二冠を達成した。
ただし、9月のインカレで落車負傷し未だ万全の体調とは言い難いものの
今大会の活躍に期待したい。
〔出場予定種目:ケイリン〕

 

 

 


 

女子チーム(社会人/学生/高校生)

氏名 所属 クラブ 出場予定個人種目
黒河内由実 日本競輪選手会 (公営競輪選手) ケイリン
大蔵こころ 早稲田大学(1年) 早稲田大学 スクラッチ・ロードレース
平山なつみ 松本工高(3年) 松本工高 500mタイムトライアル

 

 

黒河内由実(日本競輪選手会/長野清泉女学院出)
第110期の現役ガールズ競輪選手で、唯一の長野県登録競輪選手。
小中高と吹奏楽部と本格的な競技スポーツとは無縁だったものの
高校での吹奏楽部引退と同時に競輪選手を志し競輪学校に合格。
現在はL級1班で活躍をしている。
長野県代表は初選出で、国体出場も今回が初めてとなる。
プロとアマとの懸け橋に、長野県女性サイクリストの底辺拡大へ
長野県女子の主将として活躍が期待される。
〔出場予定種目:ケイリン・女子スプリント〕

 


 

大蔵こころ(早稲田大学/赤穂中出)
中学校卒業と共に、当時インターハイを2連覇していた
愛媛の名門「松山城南高/現松山学院」に単身自転車留学
入学1年目から茨城国体ロードで入賞・全日本シクロユース優勝など
大活躍を見せた。その後、コロナ禍でインターハイが中止になるなど
様々な困難があったものの、3年時のインターハイでは2種目で準優勝。
今年はトラック競技の日本代表ジュニア強化選手にも指定された。
春からは早稲田大に進学し、春の東日本学生選手権では2種目で表彰台に上がる
活躍を見せ、インカレでも個人追抜き・ロードなどで入賞を果たした。
今後期待の女子選手。長野県代表はこれが初選出となる。
〔出場予定種目:スクラッチ・チームスプリント・ロードレース〕

 

 


 

大蔵こころ(早稲田大学/赤穂中出)
長野県唯一の女子高校自転車選手。
2年時の昨秋はJCF3級審判員の資格を取得して一度は
自転車を引退し、今春からは女子高校生自転車審判員として
活動をしていたものの、最後の夏の大会を前に再び選手に復帰
北信越大会にも出場した。長野県代表としては初選出で
国体も初出場となるが、長野県代表として堂々たる走りを期待したい。
〔出場予定種目:500mタイムトライアル〕

 

 

 

長野県選手出場予定スケジュール

 

大会日 区分 種目 出場選手
大会初日
(10月5日)
チームスプリント 女子 黒河内・大蔵(第8組B)
男子 齋藤・山田愛・小松・酒井(第9組B)
団体追い抜き予選 男子 北澤・山浦・山田拓・渡邊・上里(第2組H)
ケイリン予選 成年男子 山浦秀明(3組)
少年男子 小松篤史(第4組)
女子 黒河内由実(第3組)
スプリント予選 成年男子 北澤竜太郎(8番出走)
  少年男子 山田愛太(13番出走)
大会二日目
(10月6日)
ケイリン2回戦(敗者復活戦) 成年・少年・女子  
スプリント1/8決勝 成年・少年  
ポイントレース予選 成年 山田拓海
スクラッチ予選 成年 渡邊鈴
少年 酒井優太郎
女子 大蔵こころ
個人追抜き決勝・順位決定戦 男子  
チームスプリント決勝・順位決定戦 男子・女子  
大会三日目
(10月7日)
1㎞タイムトライアル決勝 少年男子 上里翔瑛
成年男子 齋藤健太郎
500mタイムトライル決勝 女子 平山なつみ
ケイリン決勝・順位決定戦 成年・少年・女子  
スプリント決勝・順位決定戦 成年・少年  
大会最終日
(10月8日)
個人ロードレース 成年 渡邊鈴・山田拓海
少年 上里翔瑛・酒井優太郎
女子 大蔵こころ

 

日程・組み合わせ・公式スケジュール〔PDF/とちぎ国体公式HP〕

 

〔大会公式プログラム無料ダウンロード〕

 

 

とちぎ国体LIVE配信のお知らせ

 

 今大会のすべての競技は、インターネットの

「国体チャンネル」にて、Live配信(見逃し配信)が行われます!

長野県選手にあたたかいご声援のほど宜しくお願い申し上げます。

 

 

 

最新情報はTwitterで!

 

 最新情報(メンバー発表・リザルト)は

大会公式Twitterでご確認下さい。

 

 

 

 

 

応援で大会会場へいらっしゃる皆さんへ

 

トラック競技会場:宇都宮競輪場(10月5日~8日まで)

 

 


 

ロードレース会場:那須特設コース(10月9日)

 

〔無料送迎バスなどのご案内〕

 

 

 

 

2022年国体予選・長野県大会の記事

 

 

 

2022年長野県代表チームの活動

 

 

 

という訳で、いよいよ国体となりました。

何だか色々と書き始めると

この3年間、今シーズンの色々な

想いが溢れ出そうなので多くを語りません。

とにかく、選手たちには頑張って欲しいですし

それ以上に、多くのサイクリストの皆さんに

長野県代表自転車チームを応援してもらいたい。

それが全てです。

 

重ねてのお願いになりますが

どうか、長野県サイクリストの皆さんに

この4日間、温かいご声援を

賜りますよう心よりお願い申し上げます。

 

関連LINK

いちご一会とちぎ国体公式ホームページ

宇都宮市国体特設ホームページ

那須町国体特設ホームページ

宇都宮競輪場

長野県自転車競技連盟