〔がんばれ信州!〕第73回国民体育大会「福井しあわせ元気国体」長野県代表自転車チーム紹介

《速報》「第48回関東地区プロ自転車競技大会」4㎞個人追抜きで宮下一歩(地球環境高出)が4分50秒で優勝。4㎞団体追抜きでは「柿澤・小峰・宮下・堀江」の長野県競輪選手が活躍4分26秒91で優勝を果たした。(11月26日) 〔結果〕「第34回全日本自転車競技選手権MTBクロスカントリー」男子エリートで沢田時(Team ブリヂストンサイクリング/長野市)が初優勝!2位に宮津旭(PAXPROJECT/長野登録)3位竹内遼(FUKAYARACHING/飯山高出)と長野県勢が表彰台を独占!!(11月21日) 〔結果〕「第34回全日本自転車競技選手権MTBクロスカントリー」男子U-23で北林力(DreamSeekermtbracingteam/白馬高出)が優勝!二年連続のU-23全日本王者を戴冠!(11月21日) 〔ニュース〕自活研『第9代目自転車名人』に元パラリンピック金メダリストの石井雅史氏(元イナーメ信濃山形)が選出!(11月20日) 〔結果〕「JOCジュニアオリンピックMTBクロスカントリー」男子3年生の部で渡邊善大(白馬マウンテンバイククラブ)が2大会連続優勝。詳細はこちら(11月14日) 〔結果〕新競輪「PIST6 スペシャルマッチ#2」堀江省吾(119期/屋代高-信州大出)が予選から4連勝で完全優勝の快挙! 公式リザルト(11月14日) 〔結果〕「Rapha Super Cross NOBEYAMA」男子ジュニアで永野昇海(イナーメ信濃山形)とKids高学年の部で鈴木名人(ボンシャンス)がそれぞれ優勝を果たした(11月14日)

福井国体 長野県代表自転車チーム紹介

 

 いよいよ平成最後の国体となる「福井しあわせ元気国体」が9月29日(土)から福井県で開催されます。自転車競技は開会式に先駆け25日(火)から28日(金)までトラック競技を福井競輪場で、29日(土)にはロード競技を大野市特設コースで行われます。既にスケジュールについては前回の更新でお知らせ致しましたが、今日は我らが2018年長野県国体代表チームの横顔をご紹介致します。

 

2018長野県国体代表チーム

成年の部 男子

 

北澤竜太郎
  長野市役所(イナーメ信濃山形) 

 長野県自転車代表チーム最年長選手として大きく若返った代表チームを引っ張るトラック中長距離のエース。今年の県代表選考会となった長野県大会では「4km個人追抜き」と「ポイントレース」で二冠を達成。短い距離の「1kmタイムトライアル」でも準優勝を果たしている。国体では団体追抜きで積極的に若手を引っ張る走りに期待。

 

《出場予定》

 ◇4km団体追抜き 9月25日(火)12:00頃より

 ◇1km個人タイムトライアル 9月27日(木)12:00頃より 

 

 

 

増田 遼馬
信州大学 4年生 

 4年生として長野県大学自転車界の雄信州大学を引っ張る。今年は大学ロード・トラックシリーズの他、インカレでも信大の躍進を牽引した。登りもスプリントもこなせる他、トラックではスタートからの立ち上がりの速さにも定評がある。若返った県代表の中では北澤に次ぐ年長者として「チームスプリント」で若手を引っ張る。

 

《出場予定》

 ◇チームスプリント 9月25日(火)9:00頃より

 ◇個人スプリント  9月26日(木)9:00頃より 

 

信州大による選手紹介(増田)

 

 

堀江 省吾
信州大学 4年生

 長野県短距離チームのエース。その愛されるキャラクターで県内外にファンが多い。代表選考会となった長野県大会ではケイリン・1kmTT・200mフライングTTの三冠を達成。インカレのケイリンでも11位の健闘を見せた。勝利するレースは常に観るものを魅了する。国体も得意な「ケイリン」で思い切りある走りを期待したい。

 

《出場予定》

 ◇チームスプリント 9月25日(火)9:00頃より

 ◇男子ケイリン   9月25日(火)15:00頃より

 

信州大による選手紹介(堀江)

 

 

小出 樹
京都産業大学1年生(松本工出身)

 昨年は高校長野県代表として国体のロードレースで大活躍。今年は京都産業大学に進学してデビュー戦の飯山クリテリウムでいきなり表彰台に上がり周囲を驚かせた。インカレでも1年生ながら見事な走りを見せ14位という県大学生の中で最上位の成績をおさめた。今年は成年として「ポイントレース」「4km団体追抜き」「ロードレース」を走る。常に『何かやってくれる!』と云う期待をもたせるその走りに期待したい。

 

出場予定》

 ◇4km団体追抜き 9月25日(火)12:00頃より

 ◇男子ポイントレース 9月26日(木)12:30頃より

 ◇個人ロードレース 9月29日(土)8:00より 

 

 京産大による選手紹介(小出)

 

 

渡邊 鈴
京セラ(イナーメ信濃山形) 

 昨年は小出と共に長野県高校生代表として国体に出場。今年から社会人として名門「イナーメ信濃山形」の実業団選手として活躍。新社会人として仕事と競技の両立しながら「仙台クリテリウム」では入賞も果たしている。国体では今年の長野県大会で優勝した「スクラッチ」の他、「団体追抜き」「ロード」にもエントリーしている。

 

《出場予定》

 ◇4km団体追抜き 9月25日(火)12:00頃より

 ◇男子ポイントレース 9月27日(木)9:05頃より

 ◇個人ロードレース 9月29日(土)8:00より 

 

《予備登録選手》

 

園原 昌樹
 日本大学3年生(飯田風越出身)

 今大会の予備登録選手。現在県内で大活躍する飯田風越高校の創設メンバーの1人で中長距離を得意とする。昨年の国体で負傷した影響で今年は本人にとっても不本意なシーズンとなったが、長野県大学自転車界を間違いなく引っ張て行く一人。

 

 

中村 吉伸
日本大学1年(松本工出身)

 昨年のロードレース高校北信越王者。長野県高校代表として国体を経験。今年は名門の日本大学に進学した。春先の体調不慮で出遅れた感があったが、それでも長野県大会ではスプリントを制し優勝。短距離も長距離も走れる万能型選手。今年は予備登録となったが、今後も大学自転車界での飛躍が期待される。 

 


少年の部(男子)

菊池 岳仁
  岡谷南高校 3年生 

 長野県のスケート選手として活躍したバックボーンを活かしプロ競輪選手を目指して自転車へ転向。今年は春先から県高校自転車界の短距離種目で他を寄せ付けない強さを見せてインターハイ本戦でも7位入賞。名実共に県高校自転車最速のスプリンターとして国体での入賞が期待される。 

 

《出場予定》

 ◇チームスプリント 9月25日(火)12:00頃より

 ◇個人スプリント 9月27日(木)12:40頃より 

 

 

 

中西 竜歩
松本工業 3年生 

 名門松本工業のエースとして今年は春のセンバツ・インターハイに出場の他、大学連盟主催のインターナショナルトラックカップにも出場して世界の強豪とも対戦した。代表選考レースとなった長野県大会では「ケイリン」「スクラッチ」「ポイントレース」を制し三冠と大爆発。国体でもその爆発力に期待。

 

《出場予定》

 ◇チームスプリント 9月25日(火)9:00頃より

 ◇スクラッチ    9月27日(木)9:05頃より 

 

 

 

山田 拓海
飯田風越 2年生

 昨年の秋から県高校自転車ロードレース界を席巻する飯田風越2年生トリオの1人。県高校ロード負け無しの飯田風越高の中でも山田は3月の春のセンバツで、当時1年生ながら1位と僅か6秒差の19位。これは出場した1年生の中でトップの成績だった。また夏のインターハイでも16位と確実に全国大会でも順位を上げてきている。国体での活躍も期待!

 

《出場予定》

 ◇4km団体追抜き 9月25日(火)12:00頃より

 ◇ポイントレース 9月26日(水)12:15頃より

 ◇個人ロードレース 9月29日(土)8:00より

 

 

 

青島 冬弥
飯田風越2年生

 今年の春のセンバツ・インターハイを長野県代表として経験。中長距離を得意とする風越勢の中で、代表選考会となった県大会ではポイントレース2位・スクラッチ3位と安定した成績を残している。国体では「4km団体追抜き」と得意の「ロードレース」の他に、「ケイリン」にもエントリー。特に短距離でどんな走りをするのか注目したい。 

 

《出場予定》

 ◇4km団体追抜き 9月25日(火)12:00頃より

 ◇ケイリン    9月25日(水)14:40頃より

 ◇個人ロードレース 9月29日(土)8:00より

 

《予備登録選手》

 

山浦 秀明
松本工業2年 

 来年の松工を引っ張る2年生選手の1人。今年の春のセンバツにも出場した。短距離種目を得意としており今年の県予選では2年生ながらもスプリント・ケイリン・ポイントレースの全てで3位と表彰台に上がっている。今大会は補欠登録だが来年の県高校自転車短距離のエース候補。

 

 

田中裕一郎
 松本工業2年生

 山浦同様に今大会は補欠登録ながらも来年の松工と長野県高校自転車界を背負であろう一人。県代表選考会では2年生ながらスプリント・ケイリン・スクラッチ全て4位。山浦同様に春のセンバツにも出場した。今大会は補欠登録だが今年の2年生は層が厚く楽しみな選手の1人。

 


少年の部(女子)

 

榊山 来実
飯田風越2年

 長野県期待の女子選手、主に中長距離を得意としており今年の県大会ではロードで優勝。北信越大会でもロード6位・個人追抜きでは7位入賞を果たした。今大会は県勢としては久しぶりの「チームスプリント」に松本工業の小松と共にエントリー。まだ2年生のため来年を見据えた走りに期待。

 

《出場予定》

 ◇女子チームスプリント 9月25日(火)9:00頃より

 ◇スクラッチ    9月27日(木)9:05頃より 

 

 

小松 真子
松本工業1年

 長野県女子自転車界期待の大型新人。昨年の高校代表小松寛武選手を兄に持ち、兄譲りの手足の長さを活かしたスケールの大きな走りが魅力。入学当時は周囲がハラハラするほど走りに危うさがあったが、この夏を越えて大きく成長。6月の北信越大会では個人追抜きで8位入賞すると、9月の山梨県大会では500mTTで見事優勝を果たした。兄同様に短距離選手としての才能を開花させ始める。

 

《出場予定》

 ◇女子チームスプリント 9月25日(火)9:00頃より

 ◇女子ケイリン     9月25日(火)14:40頃より 

 

 

 

いよいよ火曜日より

長野県選手の国体挑戦が始まります。

大きく若返った県勢選手達に

大きなご声援をお願い致します。

 

関連LINK

長野県自転車競技連盟

福井しあわせ元気国体