〔速報〕第73回国民体育大会 成年男子ケイリンで堀江省吾(信州大)が5位入賞

 《速報》立川競輪二日目「第9レースA級準決勝」菊池岳仁(岡谷南出)この日は最終第2コーナーから前走5名を追いかける展開、最終コーナーでは7番選手のブロックを凌ぐとゴール前の競り合いをモノにして鮮やかな1着。明日の決勝へ進出した。ハイライト動画(7月7日) 【注目!】本日開催予定の「立川競輪A級準決勝」(15時24分発走)で再び、小峰烈‐菊池岳仁の長野ラインが形成される!弥彦競輪以来の長野県ワン・ツーフィニッシュに期待!!(7月7日) 《速報》立川競輪初日「8レースA級特別予選」菊池岳仁(長野県/岡谷南出)が登場。残り1周の鐘と共に積極的に前に出ると残り1周を逃切り!明日の準決勝へ進出した。ハイライト動画(7月6日)〔結果〕伊東競輪二日目「4レースA級チャレンジ一般」前島恭平(長野県)は先頭誘導員の離脱と共に先頭に立つとそのまま追走を許さず逃切り今節初勝利をおさめた。ハイライト動画(7月4日) 〔結果〕6月30日より【改正道路交通法】が施行され「自転車によるあおり運転」が処罰の対象となります!詳しくは こちら(6月29日)〔お知らせ〕松本市美鈴湖自転車競技場のナイター照明の補修・点検が終わり6月29日より通常営業再開。(6月29日) 《走行注意!》先般お伝えした浅間山の噴火活動警戒レベルが2に引き上げられました。軽井沢周辺をサイクリングされる方は十分にお気を付けください。詳しくは こちら(6月25日)   

福井国体ケイリンで堀江省吾(信大)が5位入賞

 

 福井国体は大会四日目のトラック競技最終日、成年男子ケイリン決勝で堀江省吾(信州大)が5着となり、今大会のトラック競技で長野県二人目の入賞者となった。

決勝は地元福井県の選手を応援する大歓声のなか、堀江が場内アナウンスで紹介されると会場からは県内外にファンの多い堀江を応援する声が多く聞かれ、恐らくそれは福井県選手の次に大きなものだった。

スタート後は先頭誘導員が退避するまでは比較的穏やかに行われ残り一周を告げる鐘の音と共に集団が一気に加速。ここまで逃切りで勝利して来た堀江だが、それは他の選手にとっても最も警戒すべき展開。各選手が堀江をマークして進路に立ち塞がるかたちとなり逃げを許さない。

こうなると何時もの堀江であれば最終回の2コーナーあたりからズルズル後退を始めるのだが、ここから今大会での成長を感じさせる走りを見せる。残り半周で開き始めた差を一気の加速で詰め、不利な展開でもその状況を打破しようという必死の気持ちが伝わって来る走りを見せた。

残念ながら1着はとれなかったものの最後の最後まで気持ちを切らさずにゴールを駆け抜けた。その走りが今大会のケイリン5位と云う素晴らしい結果を長野県にもたらすこととなった。

 

今大会の勝ち上がり

 

成年男子ケイリン一回戦 

1位 成貞 琳平  岡山県 
2位 梶原 海斗  福岡県
3位 清水 勇人  愛知県
4位 森本桂太郎  愛媛県
5位 堀江 省吾  長野県
6位 菊池 雄幸  長崎県
※9月26日 敗者復活戦へ

ペーサーに率いられ最後尾を走る堀江省吾(長野県)

 

成年男子ケイリン敗者復活戦

1位 堀江 省吾  長野県 11秒287 ※二回戦進出
2位 桑名 僚也  埼玉県
3位 山元 大夢  石川県
4位 姫野 正志  兵庫県
5位 亀谷 昌慈  岐阜県

インカレに続き国体でも敗者復活戦を1位通過

 

成年男子ケイリン二回戦

1位 阿部 将大  大分県
2位 滝本 幸正  新潟県
3位 堀江 省吾  長野県 ※準決勝進出
4位 徳田  匠  京都府
5位 中村 友哉  三重県
6位 中村 圭祐  広島県

最終周回に得意の逃げを見せての3位予選通過

 

成年男子ケイリン準決勝

1位 堀江 省吾 長野県 ※決勝進出
2位 寺崎 浩平 福井県 ※決勝進出
3位 東矢 圭吾 熊本県 ※決勝進出
4位 大澤 勇騎 青森県
5位 吉岡  衛 奈良県
6位 阿部 将大 大分県

集団から一気に抜け出す堀江の完璧な逃げが決まり準決勝を1位で通過スタンドが大歓声に包まれる。

 

成年男子ケイリン決勝

1位 寺崎 浩平 福井県
2位 山根 将太 鳥取県
3位 釘尾 真幸 鹿児島
4位 東矢 圭吾 熊本県
5位 堀江 省吾 長野県
6位 阿部 将大 大分県

決勝戦に望む堀江は不思議と落着いてリラックスしているようにも見えた。

 

 

非常にドラマチックな戦いを見せた堀江。最後の最後まで諦めない姿が多くの感動を呼んだ。

 

 

トラック競技の長野県勢の中で

最も熱い戦いを見せた堀江選手

その戦いぶりは長く語り継がれる内容でした。

素晴らしい戦いを見せてくれた堀江選手に

敬意を表すと共に勇敢なその姿は

信州サイクリストの誇りです。

今後もどんな「堀江劇場」をみせてくれるか

ますます期待をしています。

ぜひ胸を張って信州に帰ってきてください。

そして、堀江選手を温かく迎えてあげてください。

最後にもう一度、素晴らしい戦いを見せてくれた

堀江選手の健闘を心より称えたいと思います。

 

 

関連LINK

長野県自転車競技連盟

福井しあわせ元気国体