《速報》「第1回JBCFトラック記録会 松本大会」200mTTで堀江省吾(信州大出)が準優勝!!

〔結果〕「KENDAダウンヒルシリーズ最終戦」女子エリートで原つばさ〈白馬マウンテンバイククラブ〉が準優勝。(12月5日) 〔結果〕「第53回全日本トラックチヤンピオンシップ」男子4㎞個人追抜き北澤竜太郎〈MISUZUKO TEST TEAM〉が3位表彰台(12月5日)〔結果〕「第49回関東地区プロ自転車競技大会」4㎞団体追抜き - 優勝:新潟支部長野県チーム〈小峰・柿澤・宮下・堀江〉4分24秒448(11月30) 〔結果〕「第49回関東地区プロ自転車競技大会」1㎞タイムトライアル - 優勝:菊池岳仁〈岡谷南出〉1分02秒720 3位:堀江省吾〔屋代高‐信州大出〕1分03秒511 (11月30日) 

「第1回JBCFトラック記録会 松本大会」200mTTで堀江省吾(信大出)が準優勝!!

 

 本年より全日本実業団競技連盟(JBCF)が国内トラック競技普及を掲げ

全国各地で開催する「JBCFトラック記録会」の第1回大会となる

第1回JBCFトラック記録会松本大会が、本日7月2日に松本市で開幕!

大会初日の男子200フライングタイムトライアルで

信州大学出身で現役競輪選手である堀江省吾(MISUZUKO TEST TEAM)が

10秒382の好記録で準優勝を果たした。

詳しくは下記の通り

※フライングタイムトライアル(約1周回の助走をつけてからタイム計測を行う)

 

 

 

200mフライングタイムトライアル結果

 

 

クリックすると大きくなります。

 

35℃を越える猛烈な暑さと、美鈴湖特有の強力な日差しの中
決して快適とは言えないコンディションの状況下でも
迫力のある走りを見せて準優勝を果たした堀江省吾(MISUZUKO TEST TEAM)

 

この大会が終わると来週の7月5日から開催される函館競輪出走のため
すぐに北海道遠征を控えている堀江選手。
競輪開催で忙しい中で、実業団の大会にも出場し力走を見せてくれた。
7月は函館のほか、21日より三日間の日程で川崎競輪にも出場予定。

 

堀江省吾 7月競輪出走予定
7月5日~7日  函館競輪
7月13日~15日 前橋競輪

 

 

というわけで、4月に競輪で

9連勝を達成し、A級2班へ

特別昇進を果たした我らが堀江さん。

先般の6月28日の防府競輪シリーズでも

A級で初日2位・二日目2位

最終日の決勝で1着をとり

見事シリーズ優勝を果たし

7月も好調をキープしての本大会となりました。

 

今日はとにかく気温・日差し共に暑く

なかなか過酷な条件ではありましたが、

プロの豪快な走りを見せてくれたことは

近くで見ていた後輩たちにも

伝わったことと思います。

 

引き続き堀江選手の7月の活躍にも

期待したいと思います。

先ずは函館、体調に気を付けて

頑張って来てもらえればと思います。

 

関連LINK

JBCF第1回トラック記録会松本大会

競輪.jp

PIST6

日本競輪選手養成所

サテライト信州ちくま

長野競輪選手会インスタグラム



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ホリエ 新潟県燕産 チタン二重タンブラー 涼 大 T-08-RY-GP
価格:16120円(税込、送料無料) (2022/7/3時点)

楽天で購入