〔速報〕第74回 全日本大学対抗選手権自転車競技大会 インカレトラック競技長野県勢結果

《ニュース》信州シクロクロス開幕戦「白樺湖ラウンド」のエントリーリストが公開されました。詳しくは こちら(9月29日) 〔結果〕取手競輪初日「第1レースA級予選」等々力久就(長野県/岡谷工出)は残り1周で先頭に出ると、そのまま最終回を逃切り初日快勝!準決勝へ進出を決めた。ハイライト動画(9月29日) 〔結果〕松戸競輪最終日「第6レースA級特別選抜」小峰烈(長野県/松本工出)が登場。今シリーズなかなか勝ち星に恵まれず迎えた最終日、最終回を告げる鐘の音と共に後方から一気に4名を抜き去り先頭に立つと豪快に1周を逃切り快勝!最終日を勝利で飾った。ハイライト動画(9月27日)  〔結果〕松戸競輪二日目「5レースA級準決勝」連勝を狙う宮下一歩(長野県/地球環境高出)は残り2周から先頭へ出るとそのまま先頭を守り切って快勝!明日の決勝へ進出を決めた。ハイライト動画(9月12日) 〔ニュース〕女子競輪の年度最高峰タイトル「ガールズグランプリ2020」の予選A組に黒河内由実(長野清泉女学院出)がラインナップ!年末開催のグランプリへ出場権獲得を目指す!予選となるトライアルは、11月18日より小倉競輪場にて開催される。(9月24日) 〔結果〕西武園競輪二日目「第5レースA級特別一般」荒井春樹(長野県)は、最終の鐘と同時に先頭に出るとそのまま独走で快勝!ハイライト動画(9月21日)〔結果〕伊東競輪2日目「第2レースS級特別一般」柿澤大貴(長野県/岡谷工高出)が競輪G2史上初となる100万車券の高配当となる大波乱のレースを制した。レースは最終3コーナーで前走3名が激しい攻防を繰り広げ落車すると、前走1名の選手を最終ストレートで交わして1着でゴール!歴史に残るビックサプライズのレースとなった。ハイライト動画(9月19日) 《走行注意!》先般お伝えした浅間山の噴火活動警戒レベルが2に引き上げられました。軽井沢周辺をサイクリングされる方は十分にお気を付けください。詳しくは こちら(6月25日)

第74回 インカレトラック競技 長野県勢結果

  8月17日より三日間の日程で静岡県修善寺の伊豆ベロドロームで「第74回全日本大学対抗選手権自転車競技大会」のトラック競技が行われた。主な長野県勢の結果は下記の通り。

〔速報〕長野県勢結果

 

《大会第一日目》

 

チームパシュート予選

1位 日本大学   4.12.723

2位 京都産業大学 4.12.895

3位 中央大学   4.13.809

14位 信州大学   4.33.496

※信州大出場メンバー(寺尾、西部、兼平、増田)

 

男子 4km インディヴィデュアルパーシュート予選

1位 貝原涼太 日本大学 4.27.062 〔大会新〕

2位 松下綾馬 京産大  4.31.870

3位 永田吏玖 朝日大学 4.32.225

13位 増田遼馬 信州大学  4.52.935

 

男子スプリント予選

1位 中野慎詞 早稲田大 10.291 〔大会新〕

2位 荒川 仁 明治大学  10.314 

3位 坂本紘規  日本大学 10.341 

26位 阿部佑介 信州大学 11.467 

 

男子オムニアム予選(15 ㎞ポイントレース)

〈第二組〉

1位 高橋優斗 中央大学 15点

2位 松本憲斗 鹿屋体大 10点

3位 植益和行 大産大  9点

9位 寺尾 駿 信州大学 5点 ※予選通過

スタート前に高橋コーチの指示を聞く寺尾(信州大)が見事オムニアム予選通過

 

大会第一日公式リザルト(PDF)


 

《大会二日目》

 

男子チームスプリント予選

1位 明治大学 45.905 〔学連・大会新〕

2位 日本大学 46.251

3位 早稲田大 46.573

10位 信州大学 49.124

 

男子ケイリン予選

〈1組目〉

1位 徳田 匠 鹿屋体大 11.167

2位 中島詩音  日本大学

3位 堀江省吾 信州大学 ※敗者復活戦へ

 

男子ケイリン敗者復活戦

1位 堀江省吾  信州大学 12.040 ※準決勝進出

2位 小野晟太朗 東海大学

3位 谷田貝将弥 作新学大

 

男子ケイリン準決勝(1/2決勝)

1位 徳田 匠 鹿屋体大 11″134

2位 鈴木隼輔  東北学大 

3位 東矢圭吾 中央大学

6位 堀江省吾 信州大学 ※順位決定戦へ

 

男子ケイリン順位決定戦(7-12 位決定戦)

1着(7位)中島詩音 日本大学 11″500

2着(8位)松岡辰泰 日体大  

3着(9位)大喜多将 慶応大学 

5着(11位)堀江省吾 信州大学

 

男子ケイリンでは堀江(信大)が予選から会場を沸かし続け11位と大健闘を見せた

 

男子オムニアム決勝(4種目終了時総獲得ポイント)

1位 渡邉慶太 明治大学 38 28 40 22 得点合計126 

2位 安彦統賀 日本体大 34 34 32 16  得点合計116 

3位 松本憲斗 鹿屋体大 40 32 38 6   得点合計116

19位 寺尾 駿 信州大学 10 -40 2 0    得点合計-28

 

大会二日目公式リザルト(PDF)


 

《大会三日目》

 

男子 1km タイムトライアル決勝

1位 鈴木陸来 法政大学 1’03.413

2位 治田知也 日本大学 1’03.512

3位 阿部将大 鹿屋体大 1’03.543

19位 堀江省吾 信州大学 1’06.990

26位 兼平優希 信州大学 1’08.652 

大会三日目公式リザルト(PDF)

 

三日間の日程で大会が行われた伊豆ベロドロームは東京五輪のトラック会場となる

 

今年のインカレのトラック競技が終了。

県勢は信州大が出場、中でもケイリンの

堀江は4年生として最後のインカレで

勝っても負けても会場を沸かし続ける

大健闘をみせた。

インカレのロードレースは

9月2日(日)に大町市美麻で行われる。

引き続き県勢の活躍に温かいご声援を

宜しくお願い致します。

 

関連記事


関連LINK

日本学生自転車競技連盟

インカレ特集ページ(学連HPより)

修善寺サイクルスポーツセンター