〔がんばれ信州!〕インカレトラック種目開幕直前!長野県出場予定選手を紹介

《ニュース》信州シクロクロス開幕戦「白樺湖ラウンド」のエントリーリストが公開されました。詳しくは こちら(9月29日) 〔結果〕取手競輪初日「第1レースA級予選」等々力久就(長野県/岡谷工出)は残り1周で先頭に出ると、そのまま最終回を逃切り初日快勝!準決勝へ進出を決めた。ハイライト動画(9月29日) 〔結果〕松戸競輪最終日「第6レースA級特別選抜」小峰烈(長野県/松本工出)が登場。今シリーズなかなか勝ち星に恵まれず迎えた最終日、最終回を告げる鐘の音と共に後方から一気に4名を抜き去り先頭に立つと豪快に1周を逃切り快勝!最終日を勝利で飾った。ハイライト動画(9月27日)  〔結果〕松戸競輪二日目「5レースA級準決勝」連勝を狙う宮下一歩(長野県/地球環境高出)は残り2周から先頭へ出るとそのまま先頭を守り切って快勝!明日の決勝へ進出を決めた。ハイライト動画(9月12日) 〔ニュース〕女子競輪の年度最高峰タイトル「ガールズグランプリ2020」の予選A組に黒河内由実(長野清泉女学院出)がラインナップ!年末開催のグランプリへ出場権獲得を目指す!予選となるトライアルは、11月18日より小倉競輪場にて開催される。(9月24日) 〔結果〕西武園競輪二日目「第5レースA級特別一般」荒井春樹(長野県)は、最終の鐘と同時に先頭に出るとそのまま独走で快勝!ハイライト動画(9月21日)〔結果〕伊東競輪2日目「第2レースS級特別一般」柿澤大貴(長野県/岡谷工高出)が競輪G2史上初となる100万車券の高配当となる大波乱のレースを制した。レースは最終3コーナーで前走3名が激しい攻防を繰り広げ落車すると、前走1名の選手を最終ストレートで交わして1着でゴール!歴史に残るビックサプライズのレースとなった。ハイライト動画(9月19日) 《走行注意!》先般お伝えした浅間山の噴火活動警戒レベルが2に引き上げられました。軽井沢周辺をサイクリングされる方は十分にお気を付けください。詳しくは こちら(6月25日)

インカレ出場選手紹介

 8月17日(金)より19日(日)までの三日間、静岡県伊豆ベロドロームにて大学生の最高峰の大会となる2018年⽂部科学⼤⾂杯 第74回 全⽇本⼤学対抗選⼿権⾃転⾞競技⼤会(インカレ)のトラック競技が行われ長野県からは信州大学が出場する。出場予定選手は以下の通り…

インカレエントリーリスト(学連公式PDF)

 

県勢エントリー選手紹介

《信州大学》

 

堀江省吾(4年生) 2018国体長野県代表候補

2018東日本学生選手権初日

現在の長野県短距離界のエース。思い切りの良い豪快な走りとは裏腹に誰からも愛されるキャラクターで長野県トラック界を引っ張る。昨年の全国都道府県大会で優勝したケイリンに注目。

〔出場予定種目〕

・1kmタイムトライアル ・ケイリン

 ・チームスプリント ・チームパシュート

 

 

 増田遼馬(4年生) 2018国体長野県代表候補

持ち前の冷静さで信州大を引っ張る。中長距離を得意とする一方でスプリント力も魅力の選手。先月松本で行われたインターナショナルトラックではオムニアムもこなし1日に複数のレースをこなせるタフさも魅力。2018年長野県国体代表選手

〔出場予定種目〕

・個人追抜き 

 ・チームスプリント ・チームパシュート

 

 

寺尾駿(3年生)

トラックだけで無くロードでも活躍する3年生。直近の白馬クリテリウムでも悪天候の厳しい条件下で終始粘りの走りを見せて4位入賞。四種混合種目オムニアムに出場

〔出場予定種目〕

・オムニアム(訂正)

 

 

西部真生(3年生)

主にロードを専門とする選手。先月美鈴湖で行われたインターナショナルトラックカップでは大学生の部で個人追抜きに出場し15位の成績を残している。徐々に力をつけている信州大期待の選手。

〔出場予定種目〕

・チームパシュート

 

 

熊野勇介(3年生)

昨年末の学生ロードシリーズ最終戦で4位で表彰台を逃し悔しい思いをした。明けて今年の開幕戦飯山では3位。次戦の京都美山ではタイムトライアルで優勝と今年に入ってから着実に成長を続ける熊野選手。インカレでも勝負強さに期待したい。

〔出場予定種目〕

・チームスプリント ・チームパシュート

 

 

兼平優希(2年生)

先月美鈴湖で行われた学生トラックシリーズの1kmタイムトライアルで2位表彰台。今大会でもその1kmタイムトライアルにエントリー。学連でも1kmの上位平均タイムが1分前半になりつつある中で先ずは自己ベストの更新を期待。

〔出場予定種目〕

1kmタイムトライアル

 ・チームスプリント

 

 

 

阿部祐介(1年生)

(画像左)

信州大期待の大型ルーキー。一昨年の三重県高校スプリントチャンピョンとしてインターハイでも活躍。その実績もさることながら、底抜けに明るい性格に加え恵まれた体格を活かした豪快な走りが魅力。今後の長野県内での大会を盛上げて行くであろう逸材の一人。

〔出場予定種目〕

・スプリント

 ・チームスプリント

 

《京都産業大学》

 

小出樹(1年生) 松本工業出 2018国体長野県代表候補

昨年のインターハイ・国体少年の部の長野県代表で今年から京都府の京都産業大学に進学した。ルーキーながらデビュー戦となる学生ロードシリーズの開幕戦でいきなり2位表彰台。ユニークなキャラクターながらも常に積極果敢な走りでレースを盛り上げる。2018年長野県国体代表候補選手。

〔出場予定種目〕

・個人追抜き(補欠登録)

 ・チームスプリント

※チームパシュート・チームスプリントのメンバー発表は当日発表とのこと。

 

今年もいよいよインカレの

トラック競技が行われます。

県勢の活躍に温かいご声援を

お願い致します。

 

関連記事


関連LINK

日本学生自転車競技連盟

文部科学大臣杯 第74回 全日本大学対抗選手権自転車競技大会(学連公式HPより)

伊豆サイクルスポーツセンター