〔レポート〕全日本実業団自転車競技連盟主催「第1回JBCFトラック記録会 松本大会」大会初日レポート

〔結果〕「KENDAダウンヒルシリーズ最終戦」女子エリートで原つばさ〈白馬マウンテンバイククラブ〉が準優勝。(12月5日) 〔結果〕「第53回全日本トラックチヤンピオンシップ」男子4㎞個人追抜き北澤竜太郎〈MISUZUKO TEST TEAM〉が3位表彰台(12月5日)〔結果〕「第49回関東地区プロ自転車競技大会」4㎞団体追抜き - 優勝:新潟支部長野県チーム〈小峰・柿澤・宮下・堀江〉4分24秒448(11月30) 〔結果〕「第49回関東地区プロ自転車競技大会」1㎞タイムトライアル - 優勝:菊池岳仁〈岡谷南出〉1分02秒720 3位:堀江省吾〔屋代高‐信州大出〕1分03秒511 (11月30日) 

「第1回JBCFトラック記録会 松本大会」大会初日レポート

 

 本年度より、国内のトラック競技普及のため

JBCF(全日本実業団自転車競技連盟)が主催する

第1回 JBCFトラック記録会 松本大会

7月2日㈯・3日㈰の両日、美鈴湖自転車競技場で初開催された。

今大会は実業団登録選手に限らず

実業団未登録の中学生・高校生にも広く門戸を広げ開催された。

長野県からは、先月の北信越高校自転車大会で

団体総合優勝を果たした松本工業高校の選手のほか

高校生が8名、中学生2名も初参加。

また、現役競輪選手として活躍する堀江省吾選手や

マスターズの2019日本王者の岩佐信吾選手等も含め

全18名の長野県選手がエントリーした。

今回は大会初日の模様をレポートします。

 

〔長野県出場選手〕

 

 

 

大会初日レポート

 

今大会最初の種目となった200mフライングタイムトライアルに
長野県の第1走者として出走する中学3年生の松村竜誠(ボンシャンス)

 

走路は35℃を越えて熱さが増すなかで出走を待つ
ベテランの岩下直貴(イナーメ信濃山形)
選手・スタッフ・競技役員・審判…
走路にいる全ての者にとって非常に過酷なコンディションだった。

 

長野県マスターズチームのエーススプリンター
武井秀周(MISUZUKO TEST TEAM)がトラックの
上部から一気に加速して計測に入る。

 

松本トラック・国体長野予選に引き続いて連続出場の
増田遼馬(MISUZUKO TEST TEAM)

 

先月の北信越高校自転車大会ではケイリンで1年生ながら
決勝に進出するなど活躍をみせた山田愛太(白馬高)が
久しぶりに美鈴湖の大会に出場。

 

同じく先月の北信越高校大会で長野県に
初の学校団体総合優勝をもたらした
小松篤史主将(松本工高)も力走を見せる。

 

直近の防府競輪では三日間で総合優勝
本業である競輪でも昨年から好調をキープする
堀江省吾(MISUZUKO TEST TEAM/日本競輪選手会)
この200mフライングTTではプロの実力をみせ準優勝。

 

 

 

 

 

 

午前中の「200TT」というスプリント種目が終わると
午後は中距離種目の「個人追抜き」が行われた。

 

 

 

 

2019年のマスター個人追抜き日本王者の岩佐信吾(イナーメ信濃山形)が
個人追抜きの長野県第1走者として出走する。

 

今大会最年少の中学2年生である小林洋平(信州大附属長野中)
今月開催されるJOCジュニアオリンピック出場を狙う。
今大会は個人追抜きと1㎞タイムトライアルにエントリー。

 

北信越高校大会スクラッチで優勝の上里翔瑛(松本工業)が出場
長野県高体連自転車専門委員長の竹岡先生の激が飛ぶ。

 

 

 

 

計測系種目が終わりいよいよ競走系種目へ…

 

 

 

 

 

ケイリン2組目に小松篤史(松本工)が出走すると
大粒の雨が走路に叩きつける始める。

 

ケイリンの僅か5周の中で一気にゲリラ豪雨となってしまい
激しい雷雨に加えて、雹やあられが降ってくるような
天候となりレースはこの後、約1時間程度中断となる。
(小松選手は2着で決勝へ進出)

 

 

 

 

激しい雷雨と雹のためレースは約1時間程度中断へ…

 

 

 

降り始めから一気に豪雨となり、中断中には審判長から
監督・チームアテンダントが集められ
天候に関する協議と説明が行われた。

 

 

 

中断後に、スクラッチの本日の開催と
ケイリン敗者復活戦・チームスプリントの
明日への順延が決定した。
同時に中断中は午前中に行われた
競技の表彰式も行われた。

 

 

午前中の男子200mタイムトライアルの表彰式
〔画像左から:堀江・村田・山中〕

 

女子200mタイムトライアル優勝の小沼美由紀(ラバネロ)

 

 

 

 

中断後、スクラッチが本日最後の種目として開催された。

 

 

 

再開後にスクラッチ決勝18名が出走位置につく

 

松本工業の3名が後方でレースを伺う。

 

今回一つ松本工業の各選手を評価したいことは
レースの展開の中でかならず誰かが動きについて行ったこと。
上里・山口・片田の誰かがしっかり逃げ集団の中にいたり
逃げが吸収されても誰かがレースをしっかり見ていて
チェックに行ったり要所となるポイントをおさえていた。
順位以上にこのあたりの

レースマネージメン・積極的・冷静な姿勢を評価したい。

 

 

大会初日リザルト

 

女子2㎞個人追抜き優勝:大関 奏音(MOPS)

 

大会公式スタートリスト〔PDF/JBCF公式〕

200mタイムトライアル結果〔PDF/JBCF公式〕

個人追抜き結果〔PDF/JBCF公式〕

男子ケイリン1回戦結果〔PDF/JBCF公式〕

男子スクラッチ決勝〔PDF/JBCF公式〕

大会二日目の日程について〔PDF/JBCF公式〕

 

 

 

 

という訳で初開催となった

JBCFトラック記録会でした。

とにかく35℃を越える猛暑の中

選手・スタッフ・役員・審判の

皆さんお疲れ様した。

 

自分も先週倒れて

かなり体調的に厳しいかなぁ…

と思ったのですが

なんとか無事に初日を

終えることが出来ました。

 

朝の7時には会場に行って

設営のお手伝いを始めたかったのですが

どうしても体調がイマイチで

8時になってしまい、既に

設営が終わりかけている状態へ

行ってしまいました。朝早くから

設営をされていた皆さんには

本当に心苦しく思っています。

 

今日は大会二日目ですが

残念ながらMTBのほうへ行く関係で

見守ることが出来ません。

 

特に中学生・高校生の選手には

暑さに気を付けて頑張って欲しいと思います。

スタッフ・役員・審判員の皆さん

サポーターや応援の引率の皆さんも

くれぐれも倒れないように…

 

大会の無事終了を祈っています。

 

 

関連LINK

大会公式インフォメーション

全日本実業団自転車競技連盟

長野県自転車競技連盟