〔結果〕「第51回JBCF東日本トラック」長野県関連選手のレース結果。

〔ニュース〕女子競輪の年度最高峰タイトル「ガールズグランプリ2020」の予選A組に黒河内由実(長野清泉女学院出)がラインナップ!年末開催のグランプリへ出場権獲得を目指す!予選となるトライアルは、11月18日より小倉競輪場にて開催される。(9月24日) 〔結果〕西武園競輪二日目「第5レースA級特別一般」荒井春樹(長野県)は、最終の鐘と同時に先頭に出るとそのまま独走で快勝!ハイライト動画(9月21日)〔結果〕伊東競輪2日目「第2レースS級特別一般」柿澤大貴(長野県/岡谷工高出)が競輪G2史上初となる100万車券の高配当となる大波乱のレースを制した。レースは最終3コーナーで前走3名が激しい攻防を繰り広げ落車すると、前走1名の選手を最終ストレートで交わして1着でゴール!歴史に残るビックサプライズのレースとなった。ハイライト動画(9月19日) 〔結果〕大垣競輪二日目「第9レースA級チャレンジ選抜」前島恭平(長野県)は最終回を告げる鐘と共に切れ味鋭く前へ出るとそのまま約1周を逃切り快勝!今節初勝利を挙げた。ハイライト動画(9月18日) 《新型コロナ情報》長野県は直近1週間の人口10万人当たりの新規感染者数は0.29人とレベル2の基準(0.4 人)を下回っていることなどから、県内全域の感染警戒レベルを2から1に引き下げました。引き続きサイクリングの際は感染対策をお願い致します。詳しくはこちら(9月17日) 〔お知らせ〕今週末行われるJOCジュニアオリンピックのテクニカルガイドの改訂版が発行されています。選手・関係者はご確認下さい。詳しくはこちら(9月16日) 〔結果〕小田原競輪初日「第3レースA級予選」菊池岳仁(長野県/岡谷南出)が登場。この日も得意の「逃げ」を見せると後続を寄せ付けず快勝!準決勝へ進出を決めた。ハイライト動画(9月15日) 〔結果〕前橋競輪最終日「第3レースA特チャレンジ選抜」前島恭平(長野県)残り1周から前走5名を抜き去る強烈な「捲り」を見せての快勝で今節最終日を勝利で締め括った。ハイライト動画(9月13日) 〔結果〕松戸競輪二日目「5レースA級準決勝」連勝を狙う宮下一歩(長野県/地球環境高出)は残り2周から先頭へ出るとそのまま先頭を守り切って快勝!明日の決勝へ進出を決めた。ハイライト動画(9月12日)   《お知らせ》先週行われた全日本学生個人ロードレース大会のリザルトが一部変更になっております。詳しくは こちら(9月10日) 《走行注意!》先般お伝えした浅間山の噴火活動警戒レベルが2に引き上げられました。軽井沢周辺をサイクリングされる方は十分にお気を付けください。詳しくは こちら(6月25日)

〔結果〕「第51回JBCF東日本トラック」長野県関連選手のレース結果。

 

 コロナ禍以降、初の長野県内開催

全国規模の自転車レースとなった実業団主催

第51回東日本トラック

8月1日・2日の二日間の日程で

松本市美鈴湖自転車競技場で開催された。

今大会はコロナの影響もあり、エントリー選手を

150名に限定、また無観客での開催となった。

主な長野県勢の結果は以下の通り…

 

 

 

大会1日目結果(PDF:JBCF公式)
大会2日目結果(PDF:JBCF公式)

 

 

男子スプリント

 

予選 200mフライングタイムトライアル

1位 村田 祐樹 富山県自転車競技連盟
2位 遠藤 拓己 日大
3位 末広 快理 同志社大
10位 増田 遼馬 イナーメ信濃山形-EFT   ※予選敗退
14位 武井 秀周 イナーメ信濃山形-EFT   ※予選敗退
21位 武田 秀明 Roppongi Express(長野)※予選敗退
14位 岩下 直貴 イナーメ信濃山形-EFT   
※予選敗退

準々決勝進出は上位8名、長野県勢は準々決勝へ進めず。

 

 

 

男子スクラッチ

 

男子スクラッチ決勝

1位 邊見 竜馬 日大
2位 橘田 和樹 リベルタス栃木バイシクルクラブ
3位 塩野 淳平 TEAM SPORTS KID GoMore
位 篠原 徹  イナーメ信濃山形-EFT
DNF    平林 武流 イナーメ信濃山形-EFT
DNF    羽田野隆彦 チクロネロ(諏訪出身)

 

 

男子4㎞個人追抜き

 

男子4㎞個人追抜き決勝戦

1位 原田 裕也 CIEL BLEU KANOYA ※実業団新記録
2位 渡邊 正光 群馬グリフィンレーシングチーム

3位 中川 拳  愛三工業レーシング
12位    岩佐 信吾 イナーメ信濃山形-EFT

 

 

男子ケイリン

 

男子ケイリン1回戦

〔2組〕
1位 堀  航輝 CIEL BLEU KANOYA
2位 中川 由人 群馬グリフィンレーシングチーム

3位 中川 拳  愛三工業レーシング
4位   羽田野隆彦 チクロネロ ※敗者復活戦へ

〔3組〕
1位 武田 秀明 Roppongi Express ※2回戦進出
2位 林  竜広 チェブロ

3位 高橋 仁  (株)マトリックス

〔4組〕
1位 橋本 宇宙 日大
2位 井上裕太郎 TONY Racing
3位 大村 慶二 Team Logisty Jack
5位    石田 拓海 イナーメ信濃山形-EFT ※敗者復活戦へ

 

 


 

男子ケイリン敗者復活戦

 

〔3組〕
1位 市川 英昭 湘南愛輪会 ※決勝進出
2位 羽田野隆彦 チクロネロ(諏訪出身) 

3位 奥津 憲  湘南愛輪会

 

敗者復活戦3組の先頭を引っ張る羽田野隆彦(チクロネロ)は2位で決勝進出ならず。

 

 

〔4組〕
1位 大村 慶二 Team Logisty Jack ※決勝進出
2位 石田 拓海 イナーメ信濃山形-EFT 

3位 渋谷 明  TRC PANAMAREDS

 

今季イナーメに新加入の石田拓海はベテラン大村選手に肉薄するも
僅かに届かず決勝進出はならなかった。(画像後方)

 


 

男子ケイリン準決勝(1/2決勝)

〔2組〕
1位 堀  航輝 CIEL BLEU KANOYA ※決勝進出
2位 小松 貞利 AISAN SUPPORTERS ※決勝進出

3位 末廣 快理 同志社大       ※決勝進出
6位 武田 秀明 Roppongi Express(長野県登録)

 

後方をけん制する武田秀明(Roppongi Express:長野県登録)

 

 

 

男子チームスプリント

 

男子チームスプリント決勝

1位 岩井商会レーシング(奥平・小谷・山本組) 1分04秒351
2位 AISAN SUPPORTERS(小松・西谷・早川組)1分06秒606

3位 イナーメ信濃山形-EFT(石田・篠原・増田組)1分06秒828

7チーム出場のチームスプリントで堂々の3位となったイナーメ信濃山形-EFT
(画像左から:篠原・増田・石田拓)

 

 

男子1㎞タイムトライアル

 

男子1㎞タイムトライアル決勝

1位 村田 祐樹 富山県自転車競技連盟 ※実業団新記録 (1分03秒408)
2位 堀  航輝 CIEL BLEU KANOYA

3位 邊見 竜馬 日本大学
13位 増田 遼馬 イナーメ信濃山形-EFT
18位 武井 秀周 イナーメ信濃山形-EFT
28位 岩下 直貴 イナーメ信濃山形-EFT

 

静かにスタートを待つ増田遼馬(イナーメ信濃山形-EFT)

 

今季初戦で力強い走りをみせた武井秀周(イナーメ信濃山形-EFT)

 

昨年来、久しぶりの美鈴湖競技場大会での出走となった岩下直貴(イナーメ信濃山形-EFT)

 

 

男子オムニアム

 

男子オムニアム最終総合成績

1位 原田 裕成 CIEL BLEU KANOYA 163点
2位 岡本 隼  愛三工業レーシング  139点

3位 冨尾 大地 CIEL BLEU KANOYA 134点
15位 岩佐 信吾 イナーメ信濃山形-EFT 12点
24位 宮澤 崇史 Hincapie LEOMO Bellmare Racing Team(長野工出)-96点

25位 平林 武流 イナーメ信濃山形-EFT -119点

 

スクラッチ・エリミネーション・テンポと存在感を見せた岩佐信吾(イナーメ信濃山形-EFT)

 

宮澤と岩佐の長野県勢が力走を見せたポイントレース。

 

終始調子が上がらず苦戦のレースとなった平林武流

 

以上が主な長野県勢の結果となります。

とにかく、コロナ禍以降初の開催となり

非常に多くの制約と新たな試みの中で

落車等の大きなトラブルも無く

大会が円滑に開催されました。

今後の長野県内のトラック競技大会は

10月にインカレが予定されています。

ともあれ、今は早くコロナが収まり

また再び、普通の日々が戻ることを

祈るばかりです。

 

 

 

関連LINK

大会公式インフォメーション

全日本実業団自転車競技連盟

長野県自転車競技連盟

イナーメ信濃山形