〔結果〕「第77回とちぎ国体自転車競技会トラックレース長野県予選会 成年の部」全レース結果。

〔重要なお知らせ〕本日10月4日㈫~6日㈭まで美鈴湖自転車競技場が走路補修工事となり終日使用出来ません。(10月4日) 〔結果〕「おおいたアーバンクラシック」(UCI2クラス)でキナンレーシングの小出樹(松本工出)が3位表彰台!UCI国際ポイントを獲得した。(10月3日) 〔告知〕「長野県美鈴湖自転車学校10月の部」の募集が開始されました!(10月2日) 〔告知〕長野県自転車競技連盟が「いちご一会とちぎ国体 -自転車競技-」の長野県代表チームメンバー14名を発表!(10月2日)

第77回とちぎ国体自転車トラック競技長野県予選成年の部結果

 

2022年5月21日・22日松本市美鈴湖自転車競技場にて

本年のとちぎ国体自転車トラック競技の長野県大会が行われた。

今大会は、高校生の国体・インターハイ予選も併催で行われた。

トラック競技「成年の部」の結果は以下の通り…

 

 

 

 

 

〔成年〕200mフライングタイムトライアル

 

クリックすると大きくなります。

 

月始に開催された「松本トラック」でも好調だった
山浦秀明(松本大学)が11秒423で優勝を果たした。

 

山浦同様に「松本トラック」でも好調だった
武井秀周(MISUZUKO TEST TEAM)はマスターズ選手でありながら
山浦に0.007秒差の準優勝を果たした。
今年7月に美鈴湖で開催の全日本選手権マスターズへ好調をアピールした。

 

 

 

〔成年〕1㎞タイムトライアル

 

 

200mタイムトライアルに続いて山浦秀明(松本大学)が
1分09秒004で優勝を果たした

山浦は今大会これで二冠となった。

 

今年から仕事の関係で長野県へ転勤し長野県選手登録となった
齋藤健太朗(TRC PANAMAREDS/長野登録)が
優勝の山浦に0.4秒差に迫り準優勝を果たした。

 

 

 

〔壮年〕500mタイムトライアル

 

 

マスターズ(壮年)種目の500mタイムトライアル
41秒015で優勝の小林英樹(MISUZUKO TEST TEAM)
長野県トラック競技最年長選手として
今年も全日本選手権・マスターズ国体での活躍が期待される。

 

 

 

〔壮年〕3㎞個人追抜き

 

 

ここ数年、コロナの影響でマスターズカテゴリーの大会が相次いで中止となり
実に約3年ぶりの公式戦出場となった西岡健一(飯田レーシング)

 

大学時代は学連登録で自転車競技を行っていた西岡選手
今後も定期的に大会に出場したいと語った。

 

 

〔成年〕4㎞個人追抜き

 

 

前週の「2days race in 木祖村」では、当日の朝に急遽出場。
それにも関わらず翌日のコンソレーションレースでは
3回のスプリント賞でワイン3本を荒稼ぎして「ナベさん強し!」をアピール。
今週も2位に約10秒差とトラックでも強さを見せた渡邊鈴(MISUZUKO TEST TEAM)

 

 

 

〔成年〕スクラッチ決勝

 

 

レースは終盤に北澤・岩佐・増田の3名の戦いに絞られる。
その中で北澤竜太郎(MISUZUKO TEST TEAM)が
持ち前の勝負強さを見せ優勝を果たした。
〔画像左から:北澤・岩佐・増田〕

 

 

 

ポイントレース〔成年・少年混走〕

 

 

今大会唯一の成年との混走となったポイントレース
長野県代表主将の北澤竜太郎(MISUZUKO TEST TEAM)
2019年マスターズ個人追抜き全日本王者の岩佐信吾(イナーメ信濃山形)が
ハイペースでレースを進めた

 

 

 

〔成年&壮年〕スプリント

 

 

〔スプリント準決勝第1組〕

準決勝では、増田選手と小林英樹選手が対戦
増田選手がスリップして再発走となったものの
再発走では小林選手を最終コーナーで捉えて決勝進出となった。

※なお第2組は齋藤選手の不戦勝となった。

 


 

 

〔スプリント決勝〕

決勝戦は齋藤健太郎選手(TRC PANAMAREDS )が増田選手を交わして
長野県大会で初めての優勝を果たした。
※第三位は小林英樹選手が不戦勝

 

 

 

 

〔成年〕ケイリン

 

 

ケイリン決勝戦でも、今季から長野登録の齋藤健太郎選手(TRC PANAMAREDS )が
初優勝を果たし、今大会二冠を達成した。

 

 

少年の部・インターハイ長野予選結果

 

 

併催された国体・インターハイ長野県予選会の結果は以下の通り。

 

 

 

国体長野県代表選考基準について

 

 

 

長野県代表チーム派遣予定レースについて

 

・中部8県対抗自転車競技大会     9月17日~19日 (三重県)
・第77回国民体育大会(とちぎ国体) 10月5日~9日  (栃木県)
・第56回全国都道府県大会      12月17日~18日 (静岡県予定)

 

 

 

遅ればせながらですが

週末に開催された

長野県大会トラック競技成年の部の

結果をお伝えいたしました。

初日の午前中は雨が降ったものの

二日間とおして大雨となることも無く

無事に大会を終えることが出来ました。

この長野予選以降

高校生はインターハイへ

中学生はジュニア五輪へ

大学生は学連大会へ

社会人は実業団・国体へ…

壮年は、全日本・マスター国体へ…

と各自の目標へ向かっていきます。

引き続き長野県選手に

温かい御声援のほど宜しくお願い致します。

 

 

 

関連LINK

いちご一会とちぎ国体

長野県自転車競技連盟