〔結果〕「第61回 東日本学生選手権トラック自転車競技大会」長野県選手全結果。

【速報】「第49回関東地区プロ自転車競技大会」4㎞団体追抜き - 優勝:新潟支部長野県チーム(小峰・柿澤・宮下・堀江)4分24秒448(11月30) 【速報】「第49回関東地区プロ自転車競技大会」1㎞タイムトライアル - 優勝:菊池岳仁〔岡谷南出〕1分02秒720 3位:堀江省吾〔屋代高‐信州大出〕1分03秒511 (11月30日) 〔告知〕JCF公認3級自転車公認審判員講習会長野会場の応募受付は11月30日まで…(11月28日) 【PIST6長野県出場選手情報】12月3日㈯-4日㈰:前島恭平(松川高出)/12月12日㈪-13日㈫:等々力久就(岡谷工高出)&小峰烈(松本高出)以上の出場が決定!〔11月23日〕 【冬季道路交通規制情報】上田市の各エリア〔美ヶ原公園沖線・松本和田線・ビーナスライン一部・鹿教湯別所線ほか〕が11月24日・25日から冬季閉鎖・規制となります。 詳しくはこちら。(11月22日) 〔結果〕「第33回全日本選手権MTBクロスカントリー」女子U-23で小林あか里(弱虫ペダルサイクリングチーム/信州大)が、男子エリートで平林安里(TEAM SCOTT TERRA SYSTEM/白馬高出)が共に優勝し2022年の全日本王者を戴冠(11月21日)〔結果〕「第33回全日本選手権MTBクロスカントリー」女子マスターズで小林真清〔Team Soleil悠/長野県登録〕が優勝!全日本女子マスターズ王者を戴冠。(11月19日)【冬季道路閉鎖情報】国道299号線「麦草峠と八千穂高原」2022年11月17日㈭午前11時~2023年4月20日午前11時まで… 詳しくはこちら。(11月16日) 〔結果〕「UCI世界選手権トライアル 男子エリート20」で岩村田高出身の土屋凌我(無所属)は10位となった。(11月12日) 〔募集中〕「JCF公認3級公認自転車審判員講習会長野会場」2022年12月11日㈰に松本工業高校OB会館にて詳しくは長野県車連HPにて(11月10日)

第61回東日本学生トラック長野県選手全結果

 

 東日本大学日本一を決める

第61回東日本学生選手権トラック自転車競技大会が

2022年5月7日㈯・8日㈰の両日

松本市美鈴湖自転車競技場で開催された。

長野県からは、松本大学が出場

長野県関連選手は5名が出場した。

詳しくは下記の通り…

 

 

 

長野県選手の結果 大会初日

 

全レース公式リザルト〔PDF/学連公式リザルト〕

 

男子ポイントレース予選 第1組

1位 片岡 遼真 明治大学(福井) 15点 決勝進出
2位 林原 聖真 明治大学(鳥取) 14位 決勝進出
3位 馬越 裕之 中央大学(奈良) 12点 決勝進出
—————————————————————–
途中棄権 山田 拓海 早稲田大(長野) 1点

 

今春はU-23日本代表ロードチームの欧州遠征にも招集された
山田拓海(早大‐飯田風越高出)が大学公式戦初登場だったが
序盤に山田選手の前方で起こった落車に
巻き込まれるかたちとなり途中棄権となった。

 

 

〔山田選手の容態について〕

この大会は連休でYoutubeのLive配信でも見ていた方が多く、山田選手の落車については当サイトにも「問合せ」や「心配の声」を数多く頂きました。現場での状況を言えば、先ず意識ははっきりしてたと思うので、その点では一先ず安堵しましたが、バンク高所での事象だったために、身体を強く地面に叩きつけられ全身を強打して立てない状況でした。

前筆のとおり、今回の落車は山田選手の前を走っていた選手達の落車に巻込まれたカタチとなり、防ぎようが無い不慮の落車で非常にアンラッキーだったと思います。詳しい容態については、後日チームからの発表があるかと思いますが、春先の欧州遠征の疲れもあります。先ずはしっかり病院で検査をしてもらい、絶対に急がずじっくりと回復に努めて欲しいと思います。

 

 

 


 

男子スクラッチ予選 第2組

1位 釜田 佳典 中央大学(鳥取) 決勝進出
2位 吉房 暖人 明治大学(岡山) 決勝進出
3位 中野 大詞 早稲田大(岩手) 決勝進出 
—————————————————————–
11位 山浦 秀明 松本大学(長野) 決勝進出
16位 田総  蓮 新潟食農大(長野)予選敗退

 

後方から戦局を良く観ながらレースを展開した山浦秀明(松本大学)が
予選11位で二日目の決勝進出を果たした。
先週の松本トラックに引き続いて勝負強さを見せた。

 

昨年大会以来となる美鈴湖での公式戦に出場した田総蓮(新潟食農大-松本工出)
先週の飯山ではレースの中でも仕事を見せた。
今週も序盤で積極的に動くも決勝進出はならなかった。

 

松本工業高校時代の先輩である山浦と田総が大学の公式レースで並走する場面も見られ
長野県の自転車関係者には感慨深いシーンを見る場面があった。

 

 


 

男子1㎞タイムトライアル 

1位 福田 健太 中央大学(宮城) 1分02秒320 
2位 三神 遼矢 日本大学(福島) 1分03秒718 
3位 三浦 生誠 日本大学(岩手) 1分03秒904
———————————————————————–
19位 中島 壮琉 順天堂大(長野) 1分09秒198

 

先週の菜の花飯山で大学デビューの中島壮琉(順天堂大‐松商学園出)
今週はトラック競技でデビュー戦となった。
結果は自己ベストより2秒ほど遅いが新生活に適応して
今後の少しずつ調子を上げて行くことを期待したい。

 

 


 

女子3㎞個人追抜き

優勝 大蔵こころ 早稲田大学(長野) 3分52秒227
2位 石田  唯 早稲田大学(京都) 3分55秒508
3位 阿部 花梨 順天堂大学(新潟) 4分00秒852
4位 太郎田水桜 法政大学 (東京) 4分03秒634
5位 船橋 星来 法制大学 (東京) 4分08秒339
6位 石田 明莉 日本体大学(京都) 4分11秒779
7位 沢登 香里 順天堂大学(山梨) 4分27秒618

 

大学デビュー戦となった注目の大蔵こころ(早大‐赤穂中出)は
初戦・初出走・初優勝という初物づくしで
鮮烈な大学デビューを果たした。

 

 

 

 

長野県選手の結果 大会二日目

 

女子500mタイムトライアル

優勝 小原 乃亜 八戸学院大(岩手) 37秒340
2位 大野風貴芽 日本体育大(愛知) 37秒643
3位 阿部 セラ 法政 大学(東京) 38秒858
————————————————————————-
8位 大蔵こころ 早稲田大学(長野) 39秒999

 

今大会の短距離種目にも出場の大蔵こころは
39秒999と40秒を切るタイムで8位入賞を果たした。

 

 


 

男子スクラッチ決勝戦

1位 小泉 響貴 明治大学(埼玉) 
2位 中野 大詞 早稲田大(岩手)
3位 中村 龍吉 中央大学(福島) 
—————————————————————–
14位 山浦 秀明 松本大学(長野)

 

前日に11位で予選を通過した山浦秀明(松本大)
二日目の決勝は14位でフィニッシュ。

 

 


 

女子スクラッチ決勝戦

優勝 大蔵こころ 早稲田大学/長野 8分43秒
2位 太郎田水桜 法政大学/東京
3位 石田  唯 早稲田大学/京都
4位 阿部 花梨 順天堂大学/新潟
5位 船橋 星来 法政大学/東京
6位 石田 明莉 日本体大/京都
7位 田中 杏菜 順天堂大/熊本
途中棄権 大野 風貴芽 日本体大/愛知

 

初日の個人追抜きに続き、二日目はスクラッチで優勝
東日本学生選手権二冠という鮮烈なデビュー戦を果たした大蔵こころ。

 

 

 

 

今後の大学自転車スケジュール

 

 

大学自転車5月の日程

5月22日㈰ 第24回全日本学生選手権クリテリウム大会(東京大井ふ頭)
5月28日㈯ 全日本学生ロードレース杯シリーズ第2戦個人TT(京都府美山町)
5月29日㈰ 全日本学生ロードレース杯シリーズ第3戦 (京都府美山町)

 

〔学連スケジュール〕

〔長野県内開催レース〕

 

 

今年のGW最後を締めくくる

東日本学生トラック選手権の

長野県勢の結果でした。

ルーキーの大蔵選手が

二冠を達成する鮮烈な

デビュー戦となりました。

来月は、ロード学生日本一を決める

全日本学生選手権ロードレースが

木祖村で開催されます。

引き続き長野県選手に

温かい御声援のほど宜しくお願い致します。

 

関連LINK

早稲田大学自転車部

日本学生自転車競技連盟(学連)

新型コロナウイルス感染症に関する情報【特設ページ】(松本市)

松本市美鈴湖自転車競技場HP

長野県自転車競技連盟公式HP