〔告知〕サイクリスト必読!令和四年「夏の交通安全やまびこ運動」7月22日㈮から31日㈰県内で開催!!

【速報】「第49回関東地区プロ自転車競技大会」4㎞団体追抜き - 優勝:新潟支部長野県チーム(小峰・柿澤・宮下・堀江)4分24秒448(11月30) 【速報】「第49回関東地区プロ自転車競技大会」1㎞タイムトライアル - 優勝:菊池岳仁〔岡谷南出〕1分02秒720 3位:堀江省吾〔屋代高‐信州大出〕1分03秒511 (11月30日) 〔告知〕JCF公認3級自転車公認審判員講習会長野会場の応募受付は11月30日まで…(11月28日) 【PIST6長野県出場選手情報】12月3日㈯-4日㈰:前島恭平(松川高出)/12月12日㈪-13日㈫:等々力久就(岡谷工高出)&小峰烈(松本高出)以上の出場が決定!〔11月23日〕 【冬季道路交通規制情報】上田市の各エリア〔美ヶ原公園沖線・松本和田線・ビーナスライン一部・鹿教湯別所線ほか〕が11月24日・25日から冬季閉鎖・規制となります。 詳しくはこちら。(11月22日) 〔結果〕「第33回全日本選手権MTBクロスカントリー」女子U-23で小林あか里(弱虫ペダルサイクリングチーム/信州大)が、男子エリートで平林安里(TEAM SCOTT TERRA SYSTEM/白馬高出)が共に優勝し2022年の全日本王者を戴冠(11月21日)〔結果〕「第33回全日本選手権MTBクロスカントリー」女子マスターズで小林真清〔Team Soleil悠/長野県登録〕が優勝!全日本女子マスターズ王者を戴冠。(11月19日)【冬季道路閉鎖情報】国道299号線「麦草峠と八千穂高原」2022年11月17日㈭午前11時~2023年4月20日午前11時まで… 詳しくはこちら。(11月16日) 〔結果〕「UCI世界選手権トライアル 男子エリート20」で岩村田高出身の土屋凌我(無所属)は10位となった。(11月12日) 〔募集中〕「JCF公認3級公認自転車審判員講習会長野会場」2022年12月11日㈰に松本工業高校OB会館にて詳しくは長野県車連HPにて(11月10日)

「夏の交通安全やまびこ運動」7月22日㈮から31日㈰まで長野県内で開催!

 

 おはようございます。今朝は長野県警察よりお知らせです。

今年も夏の交通安全運動である

令和4年「夏の交通安全やまびこ運動」が

2022年7月22日㈮から7月31日㈰まで開催されます。

 

 

今年は春先に交通死亡事故が多く発生し

5月のゴールデンウィークには松本市で

自転車に乗った高校生が不幸にも事故で命を落としました。

 

 

 

また、記憶に新しいところでは

5月25日に九州の自転車強豪校でロード練習中に

女子高校選手が壁に激突し、意識不明のまま

ドクターヘリで搬送されるという痛ましい事故もありました。

 

 

 

 

そのほか昨日7月23日には、日本学生自転車競技連盟からも

練習中の事故に対する安全の確認について

学連に所属する全ての大学に対して注意喚起が出されました。

 

 

 

これから夏休みとなり気温も上がって来るなかで

夏の交通安全に関して周知して頂き

特にライセンスを持つ小学生からマスターズまでの

自転車選手が率先して交通安全について意識をもって頂き

安全運動のリーダーになってもらえればと思います。

選手の皆さんも必ず下記をご覧ください。

 

 

 

夏の交通安全やまびこ運動

 

 

令和4年「夏の交通安全やまびこ運動」は、4つの重点項目が設定されています。

暑さで注意力が散漫になりがちな季節ですが、重点項目を意識して
1人1人が交通事故を起こさない、交通事故に遭わないように心掛けましょう。

 

《期間》
令和4年7月22日㈮から7月31日㈰まで

 

1夏休みの子供の事故防止

  • 小さなお子さんから「目と手と心」を離さず、周囲の大人が見守りましょう。
  • お子さんに繰り返し交通ルールについて注意を促しましょう。
  • 思いやりを持った運転を心掛け、子供を交通事故から守りましょう。

 

2自転車のルール遵守と安全利用

  • 自転車の通行ルールを守るとともに命を守るために、ヘルメットを着用しましょう。
  • 交差点では、一時停止をして左右の安全確認を確実に行いましょう。

 

3自転車のルール遵守と安全利用

  • 高齢になるにしたがって、視野、反射神経、筋力等の身体機能が変化しますので、丁寧な安全確認を心掛けましょう。
  • 横断歩道を横断するときは、首を振っての安全確認やハンドサインで横断する意思を伝えましょう。

 

4飲酒運転を始めとする悪質・危険な運転の根絶

  • 飲んだら乗らせない」「乗るなら飲まない」「乗る人には飲ませない」「飲んだ人には運転させない」
  • 「思いやり・ゆずり合い」の気持ちを持って、安全な速度・方法で運転しましょう

 

 

 

Webチラシ

 

クリックすると大きくなります
〔PDF/長野県警〕

 

 

 

という訳で、昨日から始まった

夏の長野県交通安全週間の話題でした。

一昨年来、交通安全については

特に選手ライセンスを持った

自転車選手たちに対して

強く訴え続けて来ました。

 

ライセンスを持った選手達こそ

交通安全とスポーツマンシップ、そして

「UCIのサイクリングフォーオール」の

精神をもって道路の上のお手本であれと

訴え続けています。

 

もうここで散々、選手には

その必要性を説いて来たので

今さらゴチャゴチャ言うつもりはありません。

貴方たちはちゃんとライセンスを持った

自転車の選手です!素人では無い!!

 

選手である以上は

やるか?やらないか?

それだけです。

 

こう書くとまた怒っているんですか?と

選手から言われそうですが…(笑)

 

願わくば、自転車選手は

道の上のふるまいも含めて

格好いい… 

 

自転車を知らない人にそう

思われる行動をして下さい。

そして、長野県民の皆さんに愛され、

応援される存在であって下さい。

以上、夏の交通安全運動のお知らせでした。

 

では、本日はJICF女子カップ!

毎週大会で大変ですが

今日も元気に美鈴湖でお会いしましょう!!

 

 

 

関連LINK

令和2年度「交通統計」(長野県警察)

自転車の安全利用推進委員会

長野県警察

長野県



 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

わるいのはじてんしゃ?第2版 [ タナカヒロシ ]
価格:1650円(税込、送料無料) (2022/5/16時点)

楽天で購入