《速報》「第77回いちご一会とちぎ国体」女子スクラッチで大蔵こころが8位入賞!

【速報】「第49回関東地区プロ自転車競技大会」4㎞団体追抜き - 優勝:新潟支部長野県チーム(小峰・柿澤・宮下・堀江)4分24秒448(11月30) 【速報】「第49回関東地区プロ自転車競技大会」1㎞タイムトライアル - 優勝:菊池岳仁〔岡谷南出〕1分02秒720 3位:堀江省吾〔屋代高‐信州大出〕1分03秒511 (11月30日) 〔告知〕JCF公認3級自転車公認審判員講習会長野会場の応募受付は11月30日まで…(11月28日) 【PIST6長野県出場選手情報】12月3日㈯-4日㈰:前島恭平(松川高出)/12月12日㈪-13日㈫:等々力久就(岡谷工高出)&小峰烈(松本高出)以上の出場が決定!〔11月23日〕 【冬季道路交通規制情報】上田市の各エリア〔美ヶ原公園沖線・松本和田線・ビーナスライン一部・鹿教湯別所線ほか〕が11月24日・25日から冬季閉鎖・規制となります。 詳しくはこちら。(11月22日) 〔結果〕「第33回全日本選手権MTBクロスカントリー」女子U-23で小林あか里(弱虫ペダルサイクリングチーム/信州大)が、男子エリートで平林安里(TEAM SCOTT TERRA SYSTEM/白馬高出)が共に優勝し2022年の全日本王者を戴冠(11月21日)〔結果〕「第33回全日本選手権MTBクロスカントリー」女子マスターズで小林真清〔Team Soleil悠/長野県登録〕が優勝!全日本女子マスターズ王者を戴冠。(11月19日)【冬季道路閉鎖情報】国道299号線「麦草峠と八千穂高原」2022年11月17日㈭午前11時~2023年4月20日午前11時まで… 詳しくはこちら。(11月16日) 〔結果〕「UCI世界選手権トライアル 男子エリート20」で岩村田高出身の土屋凌我(無所属)は10位となった。(11月12日) 〔募集中〕「JCF公認3級公認自転車審判員講習会長野会場」2022年12月11日㈰に松本工業高校OB会館にて詳しくは長野県車連HPにて(11月10日)

《速報》「第77回いちご一会とちぎ国体」女子スクラッチで大蔵こころが8位入賞!

 

 本年度「第77回いちご一会とちぎ国体」

自転車トラック競技は、本日10月7日㈮が大会三日目

午前中に行われた『女子スクラッチ決勝』で

赤穂中学出身の 大蔵こころ(早稲田大1年)が

今大会の長野県勢初となる8位入賞を果たした。

 

 

 

女子スクラッチ決勝戦

優勝 池田 瑞紀(福岡県) 11分07秒26

2位 岩元 杏奈(宮崎県)

3位 垣田 真穂(愛媛県)

——————————————————————–

8位 大蔵こころ(長野県)

 

〔レースレビュー〕

 国内の大学・高校・クラブチームの女子中長距離の有力選手が一堂に会した女子スクラッチ。出走前には雨が強くなり、風も徐々に強くなってくるという非常に厳しいコンディションでのスタートとなった。レースは序盤で神奈川県の渡部春雅選手が飛び出す動きを見せるが集団に直ぐに戻ると、ここから集団はけん制状態に入りそのまま最終回へ、集団は加速しその中から池田瑞紀(福県岡)が飛び出して1着。大蔵は縦長になった集団の後方8位で後方の追撃をかわしながらゴール。今大会最初の県勢初入賞となった。

 

激しい雨が叩きつけ、昨日まで無かった風が吹き始めるという
非常に厳しいコンディションの中でのレースとなった。

中盤で後方を確認しながら前へ出る大蔵こころ。

 

最終コーナーからのゴールスプリントで
先行選手を追いながらも後続の選手の追撃をかわしての8位入賞となった。

 

前回2019年いばらき国体ロードレース以来の
国体表彰台となった。

 

調子が良く無い状況に加え、非常に厳しいコンディションの中で
堂々の8位入賞となった。

 

 

《2019年国体ロードレース》

 

 

《大会公式リザルト》

 

 

2022とちぎ国体関連記事

 

 

 

というわけで、とにかく

強い雨と風、そして寒さと

非常に厳しいコンディションの中で

大蔵選手が8位入賞を果たしました。

県勢としては、今大会初の入賞となります。

 

大蔵選手ですが、初日チームスプリント

今日のスクラッチに続き

日曜日の大会最終日には

ロードレースに出場します。

引き続き、大蔵選手に

あたたかいご声援のほど

宜しくお願い申し上げます。

 

 

関連LINK

いちご一会とちぎ国体公式ホームページ

宇都宮市国体特設ホームページ

那須町国体特設ホームページ

宇都宮競輪場

長野県自転車競技連盟