【速報】2019 JOCジュニアオリンピックトラック競技「U-17女子2㎞個人追抜き」で大蔵こころが初優勝。

【速報】「第49回関東地区プロ自転車競技大会」4㎞団体追抜き - 優勝:新潟支部長野県チーム(小峰・柿澤・宮下・堀江)4分24秒448(11月30) 【速報】「第49回関東地区プロ自転車競技大会」1㎞タイムトライアル - 優勝:菊池岳仁〔岡谷南出〕1分02秒720 3位:堀江省吾〔屋代高‐信州大出〕1分03秒511 (11月30日) 〔告知〕JCF公認3級自転車公認審判員講習会長野会場の応募受付は11月30日まで…(11月28日) 【PIST6長野県出場選手情報】12月3日㈯-4日㈰:前島恭平(松川高出)/12月12日㈪-13日㈫:等々力久就(岡谷工高出)&小峰烈(松本高出)以上の出場が決定!〔11月23日〕 【冬季道路交通規制情報】上田市の各エリア〔美ヶ原公園沖線・松本和田線・ビーナスライン一部・鹿教湯別所線ほか〕が11月24日・25日から冬季閉鎖・規制となります。 詳しくはこちら。(11月22日) 〔結果〕「第33回全日本選手権MTBクロスカントリー」女子U-23で小林あか里(弱虫ペダルサイクリングチーム/信州大)が、男子エリートで平林安里(TEAM SCOTT TERRA SYSTEM/白馬高出)が共に優勝し2022年の全日本王者を戴冠(11月21日)〔結果〕「第33回全日本選手権MTBクロスカントリー」女子マスターズで小林真清〔Team Soleil悠/長野県登録〕が優勝!全日本女子マスターズ王者を戴冠。(11月19日)【冬季道路閉鎖情報】国道299号線「麦草峠と八千穂高原」2022年11月17日㈭午前11時~2023年4月20日午前11時まで… 詳しくはこちら。(11月16日) 〔結果〕「UCI世界選手権トライアル 男子エリート20」で岩村田高出身の土屋凌我(無所属)は10位となった。(11月12日) 〔募集中〕「JCF公認3級公認自転車審判員講習会長野会場」2022年12月11日㈰に松本工業高校OB会館にて詳しくは長野県車連HPにて(11月10日)

2019 JOCジュニアオリンピックトラック競技「女子U-17 2㎞個人追抜き」で大蔵こころが優勝。

 

 8月17日(土)に松本市美鈴湖自転車競技場で行われた「2019年JOCジュニアオリンピックカップトラック競技」のU-17女子2㎞個人追抜きで赤穂中学出身の大蔵こころ(松山城南高1年)が全国の強豪を押し退け、長野県初開催となったJr.五輪で嬉しい初優勝を飾った。

 

 

U-17女子2㎞個人追抜き結果

 

1位 大蔵こころ(松山城南/赤穂中出)2:40.341
2位 若原梨々花(岐阜第一)2:44.761
3位 船橋 星来(日体大桜華高)2:41.353
公式リザルト(PDF:大会公式/コミュニケNo20)  

 

インターハイロードでは4位入賞と今年大活躍の大蔵は地元で行われたJr.五輪で嬉しい初優勝を飾った。

 

 

 

1年生で出場した今年のインターハイで

大活躍の大蔵選手が松山城南のジャージを着て

初めて地元信州でのレースに臨み

見事に優勝と云う結果をおさめました。

 

既にご存知のとおり、大蔵選手は

この春、愛媛の名門松山城南高校へ自転車留学。

その成長を地元信州の自転車関係者に

しっかりとアピールする大会となりました。

また、報道陣からの取材に対しても

非常にしっかりとした対応をしていて

驚かされました。

 

今後も、国体・全日本ジュニアと暫く

大きな大会が続きます。現在進行で

逞しく成長を続ける大蔵選手の

活躍にぜひ注目して下さい。

 

 

関連LINK

大会公式HP(JCF)

日本自転車競技連盟

松山城南高校

長野県自転車競技連盟