【速報】2019 JOCジュニアオリンピックトラック競技「U-17女子2㎞個人追抜き」で大蔵こころが初優勝。

《速報》立川競輪は、本日がシリーズ最終日『第5レースL級ガールズ競輪一般』長野清泉女学院出身の黒河内由実(110期/長野県)が、残り半周からのロングスパート!粘りの走りで今年初勝利!!ハイライト動画(2月19日) 《お知らせ》昨日お伝えした『JOCジュニアオリンピック・トラック競技』の日程ですが、変更になる可能性がございますので再度の発表をお待ちください。(2月18日)  《ニュース》ギリシャで行われたMTBの4日間レース『Salamina Epic MTB Cup』が終了。Dream seeker MTB Racing Team の山本幸平(松本市)は総合8位、北林力(白馬高出)は総合10位で全日程を終える。〔2月15日〕  《お知らせ》中高生の選手・保護者の皆さんにお知らせです。今年のロードレースの全日本選手権予選に当たる「第45回チャレンジサイクルロードレース」のエントリーが開始されています!希望者はお早めに!!詳しくはこちら

2019 JOCジュニアオリンピックトラック競技「女子U-17 2㎞個人追抜き」で大蔵こころが優勝。

 

 8月17日(土)に松本市美鈴湖自転車競技場で行われた「2019年JOCジュニアオリンピックカップトラック競技」のU-17女子2㎞個人追抜きで赤穂中学出身の大蔵こころ(松山城南高1年)が全国の強豪を押し退け、長野県初開催となったJr.五輪で嬉しい初優勝を飾った。

 

 

U-17女子2㎞個人追抜き結果

 

1位 大蔵こころ(松山城南/赤穂中出)2:40.341
2位 若原梨々花(岐阜第一)2:44.761
3位 船橋 星来(日体大桜華高)2:41.353
公式リザルト(PDF:大会公式/コミュニケNo20)  

 

インターハイロードでは4位入賞と今年大活躍の大蔵は地元で行われたJr.五輪で嬉しい初優勝を飾った。

 

 

 

1年生で出場した今年のインターハイで

大活躍の大蔵選手が松山城南のジャージを着て

初めて地元信州でのレースに臨み

見事に優勝と云う結果をおさめました。

 

既にご存知のとおり、大蔵選手は

この春、愛媛の名門松山城南高校へ自転車留学。

その成長を地元信州の自転車関係者に

しっかりとアピールする大会となりました。

また、報道陣からの取材に対しても

非常にしっかりとした対応をしていて

驚かされました。

 

今後も、国体・全日本ジュニアと暫く

大きな大会が続きます。現在進行で

逞しく成長を続ける大蔵選手の

活躍にぜひ注目して下さい。

 

 

関連LINK

大会公式HP(JCF)

日本自転車競技連盟

松山城南高校

長野県自転車競技連盟