【速報】2019 JOCジュニアオリンピックトラック競技「U-17女子2㎞個人追抜き」で大蔵こころが初優勝。

《速報》「全日本選手権マウンテンバイクダウンヒル」女子エリートで松本璃奈が、女子ユースで原つばさがそれぞれ二連覇を達成。(9月25日) 《速報》「日本スポーツマスターズ2022岩手大会」長野県代表の小林英樹は65歳以上の部【ケイリン】【スプリント】両種目で優勝!二冠で大会を終えた。(9月25日) 〔告知〕マスターズ国体「日本スポーツマスターズ2022岩手大会」は本日が大会最終日!7部〔65才以上〕男子スプリント決勝・ケイリン決勝に長野県最高齢トラック競技選手の小林英樹が出場!(9月25日) 《速報》マスターズ国体「日本スポーツマスターズ2022岩手大会」男子スプリント準決勝〔65歳以上の部〕長野県代表の小林英樹は残り1周で先行するとそのまま危なげなく1本勝ち!明日優勝決定戦へ!!(9月24日)  《速報》本日開幕のマスターズ国体「日本スポーツマスターズ2022岩手大会」男子スプリント予選〔65歳以上の部〕で小林英樹が12秒9の好タイムで予選1位通過!午後の準決勝進出を決めた。(9月24日)  〔告知〕明日23日のVELOクラブですが現状で9時に開催します。ただしお昼前に雨の予報が出ていますので遠方の方は無理をしないようにして下さい。(9月22日) 〔結果〕「2022 Jシリーズトライアル第2戦 岡山ラウンド」男子エリートで本年の全日本王者である土屋凌我(無所属/岩村田高出)が420ポイントを獲得して今季Jシリーズ初優勝。(9月20)

2019 JOCジュニアオリンピックトラック競技「女子U-17 2㎞個人追抜き」で大蔵こころが優勝。

 

 8月17日(土)に松本市美鈴湖自転車競技場で行われた「2019年JOCジュニアオリンピックカップトラック競技」のU-17女子2㎞個人追抜きで赤穂中学出身の大蔵こころ(松山城南高1年)が全国の強豪を押し退け、長野県初開催となったJr.五輪で嬉しい初優勝を飾った。

 

 

U-17女子2㎞個人追抜き結果

 

1位 大蔵こころ(松山城南/赤穂中出)2:40.341
2位 若原梨々花(岐阜第一)2:44.761
3位 船橋 星来(日体大桜華高)2:41.353
公式リザルト(PDF:大会公式/コミュニケNo20)  

 

インターハイロードでは4位入賞と今年大活躍の大蔵は地元で行われたJr.五輪で嬉しい初優勝を飾った。

 

 

 

1年生で出場した今年のインターハイで

大活躍の大蔵選手が松山城南のジャージを着て

初めて地元信州でのレースに臨み

見事に優勝と云う結果をおさめました。

 

既にご存知のとおり、大蔵選手は

この春、愛媛の名門松山城南高校へ自転車留学。

その成長を地元信州の自転車関係者に

しっかりとアピールする大会となりました。

また、報道陣からの取材に対しても

非常にしっかりとした対応をしていて

驚かされました。

 

今後も、国体・全日本ジュニアと暫く

大きな大会が続きます。現在進行で

逞しく成長を続ける大蔵選手の

活躍にぜひ注目して下さい。

 

 

関連LINK

大会公式HP(JCF)

日本自転車競技連盟

松山城南高校

長野県自転車競技連盟