〔速報〕「2019全日本自転車競技選手権マスターズ」3㎞個人追抜きで岩佐信吾(イナーメ信濃山形)が優勝!

〔結果〕「KENDAダウンヒルシリーズ最終戦」女子エリートで原つばさ〈白馬マウンテンバイククラブ〉が準優勝。(12月5日) 〔結果〕「第53回全日本トラックチヤンピオンシップ」男子4㎞個人追抜き北澤竜太郎〈MISUZUKO TEST TEAM〉が3位表彰台(12月5日)〔結果〕「第49回関東地区プロ自転車競技大会」4㎞団体追抜き - 優勝:新潟支部長野県チーム〈小峰・柿澤・宮下・堀江〉4分24秒448(11月30) 〔結果〕「第49回関東地区プロ自転車競技大会」1㎞タイムトライアル - 優勝:菊池岳仁〈岡谷南出〉1分02秒720 3位:堀江省吾〔屋代高‐信州大出〕1分03秒511 (11月30日) 

「2019全日本自転車競技選手権マスターズ」3㎞個人追抜きで岩佐信吾(イナーメ信濃山形)が優勝!

 

 8月17日(土)に松本市美鈴湖自転車競技場で行われた壮年(マスターズ)の自転車競技日本一を争う「2019全日本自転車競技選手権マスターズ」の《男子45歳-49歳の部》3㎞個人追抜き競技で、岩佐信吾(イナーメ信濃山形)が優勝。今年のこの種目の全日本チャンピョンとなった。

 

 

3㎞個人追抜きリザルト

 

男子45歳-49歳の部

1位 岩佐 信吾(イナーメ信濃山形) 3:43.396
2位 新井 秀人(ALL OUT reric)    3:44.430
3位 石井 雅史 (イナーメ信濃山形)   3:48.388
公式リザルト(PDF:公式HPコミュニケNo19)

 

男子45歳-49歳の部で優勝し全日本王者ジャージに袖を通す岩佐信吾(イナーメ信濃山形)
チームメイトで全日本パラサイクル日本王者の石井選手が3位表彰台。

 

今年は松本トラックでも大活躍の

岩佐選手が地元開催の全日本マスターズで

優勝し今年のこの種目の全日本王者となりました。

信州のトラックレース界では

欠かすことの出来ないベテランの岩佐選手

今後のさらなる活躍に期待しています。

 

 

関連LINK

大会公式HP(JCF)

日本自転車競技連盟

イナーメ信濃山形

長野県自転車競技連盟