〔速報〕「2019全日本自転車競技選手権マスターズ」2㎞個人追抜きで羽田野隆彦(Luchtschip)が優勝!

《ニュース》川崎競輪初日「第5レースA級予選」2週間ぶりにゴールデンルーキー菊池岳仁(岡谷南出/長野県)が出走。この日も先頭誘導が離れると同時に逃げを見せると後続に一度も先頭を譲らず圧勝!先ずは明日の準決勝へ駒を進めた。ハイライト動画(4月4日)《お知らせ》5月4日に美鈴湖自転車競技場で開催予定だった「TRS第1戦」は中止が決定。詳しくはこちら(4月2日)  《お知らせ》4月1日より「松本市美鈴湖自転車競技場」の2020年シーズンの営業が開始致します。(3月31日)  《ニュース》長野県自転車競技連盟は、5月開催予定の「2020松本サイクルトラックレース」の中止を発表した。詳しくはこちら(3月29日) 《ニュース》四日市競輪二日目「第4レースA級チャレンジ準決勝」昨日に続き連勝を狙う 宮下一歩(長野県/地球環境高出)が登場。最終回に後続に迫られるも追走を許さず今日も見事な逃げ切り勝ち!明日の決勝は三連勝で本シリーズ完全優勝を目指す。ハイライト動画(3月28日) 《ニュース》「第14回菜の花飯山ロードレース」と「RCS開幕戦飯山ラウンド」がコロナウイルス感染拡大防止のため無期限の延期決定(3月26日)

「2019全日本自転車競技選手権マスターズ」個人追抜きで羽田野隆彦が優勝!

 

 8月17日(土)に松本市美鈴湖自転車競技場で行われた壮年(マスターズ)の自転車競技日本一を争う「2019全日本自転車競技選手権マスターズ」の《男子50歳-54歳の部》2㎞個人追抜き競技で、元国体長野県代表の羽田野隆彦(Luchtschip)が優勝し、今年のこの種目の全日本チャンピョンとなった。

 

 

2㎞個人追抜きリザルト

 

男子50歳-54歳の部

1位 羽田野 隆彦 (Luchtschip) 2分28秒808
2位 吉田  勝彦 (彩北ツブラーゼ) 2分28秒452
3位 須藤  実 (無所属)   2分35秒339
公式リザルト(PDF:大会公式HPより/コミュニケNo18参照)

 

2019年この種目の日本王者となり日本チャンピョンジャージに袖を通す羽田野隆彦(Luchtschip)

 

 

94年には国体のポイントレースで

4位入賞を果たしている大ベテランの

羽田野選手が、美鈴湖初開催の

全日本マスターズで嬉しい日本一となりました。

ゴール後に優勝が決まり

ガッツポーズで観客と喜びを分け合いながら

トラックを駆け抜けて行く姿がとても印象的でした。

今後ますますの活躍を期待しています。

 

 

関連LINK

大会公式HP(JCF)

日本自転車競技連盟

サイクルカフェピラータ

長野県自転車競技連盟