《速報》「第61回東日本学生トラック選手権」女子スクラッチで大蔵こころ(赤穂中出‐早大)初優勝!

〔お知らせ〕北信越大会4日目の結果ならびに大会の総集編は暫くお待ちください(6月21日) 〔結果〕「第54回北信越高校体育大会自転車競大会3日目」◇男子チームスプリント準優勝:松本工業高 ◇女子2㎞個人追抜き9位:平山なつみ(松本工) ◇男子スプリント3位:片田啓太(松本工) ◇男子ポイントレース4位:上里翔瑛(松本工) ◇男子ケイリン4位:小松篤史(松本工)5位:山田愛太(白馬高) (6月18日)  《速報》「第54回北信越高校体育大会自転車競大会2日目」◇男子団体追い抜き準優勝:松本工業高校 ◇男子1㎞TT優勝:小松篤史(松本工) ◇男子スクラッチ優勝:上里翔瑛(松本工) ◇4㎞速度競争準優勝:酒井優太郎(松本工) ◇3㎞個人追抜き準優勝:山口多聞(松本工) ◇男子ケイリン‐決勝進出 小松篤史(松本工)山田愛太(白馬高) (6月17日) 〔募集開始〕中学生も参加可能な実業団主催「第1回JBCFトラック記録会松本大会」のエントリーが開始されました。(6月6日)

第61回「東日本学生トラック選手権」女子スクラッチで大蔵こころ優勝

 

 昨日、松本市で開幕した東日本大学日本一を決める

第61回東日本学生選手権トラック自転車競技大会

大会初日の女子3㎞個人追抜きで、大学デビューを果たし

初出走・初優勝を果たした早稲田大学の

大蔵こころ(赤穂中学出身)が二日目も大活躍

 

この日は、女子スクラッチに登場すると

大学生の強豪選手を相手に一歩も引かない力走を見せ

大接戦の末に今大会二種目目の優勝を果たした

詳しくは下記の通り…

 

《今大会の関連記事》

 

 

女子スクラッチ決勝結果

 

 

優勝 大蔵こころ 早稲田大学/長野 8分43秒
2位 太郎田水桜 法政大学/東京
3位 石田  唯 早稲田大学/京都
4位 阿部 花梨 順天堂大学/新潟
5位 船橋 星来 法政大学/東京
6位 石田 明莉 日本体大/京都
7位 田中 杏菜 順天堂大/熊本
途中棄権 大野 風貴芽 日本体大/愛知

 

 

 

 

 

 

女子スクラッチ

 

昨日は個人追抜きで大学デビュー戦初勝利。
大会二日目は朝一番の500mタイムトライアルに出走。
この日の二種目目は女子スクラッチに出場。

 

太郎田・石田唯・阿部・船橋・石田明・田中などと言った大学自転車界の強豪選手と
初めて「競走系種目」で渡り合う。

 

レースは中盤から4名の逃げに乗り、この種目の2019年の全日本Jr.女王
太郎田選手(法政大)とのスプリント勝負を制し、競走系種目でも初優勝を果たした。

 

初日は「計測系種目」、二日目は「競走系種目」を制し
大学デビュー戦となった今大会を見事な結果で終えた大蔵選手。
この結果は本人の自信にも繋がったことと思う。
GW以降、大学自転車シーズンがいよいよ本格化するが
ルーキーイヤーとなる今年度、1年を通じた活躍を期待したい。

 

 

 

女子スクラッチレース動画

 

(参照元:Youtube/JICF公式チャンネル)

クリックすると大蔵選手のレースの模様となります。

 

 

 

大会初日の個人追抜きに続き

二日目はスクラッチで見事初優勝。

大蔵選手にとってはこの上ない

大学デビューシリーズだったと思います。

本人とも少し話したのですが

先ずは一つ結果を出したことで

ホッとした表情をしていたことが

印象的でした。

 

いよいよ大学シーズンも今週から

本格的にシーズンイン。

当然これから上級生達は

調子を上げて来ることが予想されるし、

女子強豪の鹿屋体育大学や

近畿・西日本の強豪チームも

含めた厳しい戦いが始まります。

 

大学自転車界では

「全日本学生選手権」と

「インカレ」(大学対抗戦)が

大きなタイトルとなりますが

先ずは、ルーキーシーズン通しての

大蔵選手の活躍を期待したいと思います。

長野県サイクリストの皆様には

引き続き大蔵選手に温かい

御声援のほど宜しくお願い致します。

 

関連LINK

早稲田大学自転車部

日本学生自転車競技連盟(学連)

新型コロナウイルス感染症に関する情報【特設ページ】(松本市)

松本市美鈴湖自転車競技場HP

長野県自転車競技連盟公式HP