《速報》「2021全日本自転車競技選手権Jr.トラック」女子ポイントレースで大蔵こころ(赤穂中出)3位表彰台。

《速報》「インターハイ自転車競技最終日ロードレース」酒井・上里・片田(松本工業)は途中棄権。(8月7日) 《速報》「インターハイ自転車競技2日目/午前の部」男子ケイリン準々決勝第2組 小松篤史(松本工業)4位【準々決勝敗退】 男子スクラッチ予選第2組 上里翔瑛(松本工業)13位【予選敗退】(8月5日) 〔告知〕インターハイ自転車競技大会2日目-長野県出場予定選手【男子ケイリン準々決勝第2組】 小松篤史(松本工業)9:45より 【男子スクラッチ予選第2組】上里翔瑛(松本工)11:15より 【男子ポイントレース予選第1組】黒沢響冴(飯田OIDE長姫)16:40より。Live配信は『インハイTV』にて(8月5日) 〔告知〕本日のサマーナイトVELOクラブは18時より、当日の連絡は美鈴湖自転車競技場までお願いします(8月5日) 〔告知〕インターハイ自転車競技が8月4日より開幕!長野県からは松本工業高校と飯田OIDE長姫高校が出場(8月4日)〔告知〕秋の「2 days race in 木島平村」の大会要項が発表となっています。詳しくは大会公式HPにて(8月3日)〔昇格情報〕「日本学生ロードレースカップシリーズ第5戦白馬ラウンド」山内渉(信州大)中島壮琉(順天堂大/松商学園出)井上智巴(信州大)の3名が2部昇格、辻本青矢(信州大学)が1部昇格。(7月31日) 〔告知〕本日開催の「サマーナイトVELOクラブ#1」は18時より開始!(7月29日) 〔結果〕アジアの強豪が集う「ジャパントラックカップ」女子スプリントで富士見町出身の梅川風子(日本競輪選手会)が李慧詩を2-1で破り優勝を果たした(7月28日)

《速報》全日本選手権トラックJr.女子PRで大蔵こころが3位表彰台

 

 JOCジュニアオリンピック自転車競技大会兼

全日本選手権トラック競技ジュニア大会は

7月18日㈰が大会最終日、この日は赤穂中学出身の

大蔵こころ(松山学院3年)が女子ポイントレースに出場。

33点を獲得して3位表彰台に上がる活躍を見せた。

※松山城南高校は、今年度から松山学院に校名変更致しました。

 

 

女子ポイントレース決勝結果

 

優勝 池田 瑞紀 (祐誠高校/福岡)  45点
2位 渡部 春雅 (明治大学/神奈川) 33点
3位 大蔵こころ (松山学院/愛媛)  33点 ※赤穂中出
4位 田中 杏奈 (千原台高/熊本)  28点
5位 石上 琴乃 (松山学院/愛媛)  27点
6位 高橋 美有 (栄北高校/埼玉)  5点
7位 吉田芙美加 (倉吉西高/鳥取)  3点
8位 石田 明梨 (北桑田高/京都)  4点
2位選手と同ポイントとなり最終着順で大蔵選手が3位。

公式リザルト(PDF/大会公式)

 

コロナの影響もあり久しぶりに美鈴湖のレースに出走した大蔵こころ(松山学院3年/赤穂中出)

 

途中から3人の逃げ集団に入り積極的にレースを行った。

 

恐らく、松山学院の緑のユニフォームを着て美鈴湖を走るのは
これが最後と思われるが、表彰台での晴れ晴れとした表情が印象的だった。

 

 

 

 

 

大会二日目に、赤穂中学出身の

大蔵選手が久しぶりに

美鈴湖競技場でのレースに出走しました。

2位の渡部選手と同ポイントながらも

最終着順で3位となりましたが

前日の、田中駿埜(塩田中)に続き

長野県出身の選手として二日連続の

表彰台に上がってくれました。

これから、いよいよ最後のインターハイが

迫ってきます。大蔵選手には

最後の夏を悔いなく戦ってほしいと思います。

 

 

関連LINK

日本オリンピック委員会

松山学院高校自転車競技部

日本自転車競技連盟

長野県自転車競技連盟