〔特集〕中学生から高校生へ!信州から愛媛へ!「大蔵こころ」の挑戦。

《速報》「全日本選手権マウンテンバイクダウンヒル」女子エリートで松本璃奈が、女子ユースで原つばさがそれぞれ二連覇を達成。(9月25日) 《速報》「日本スポーツマスターズ2022岩手大会」長野県代表の小林英樹は65歳以上の部【ケイリン】【スプリント】両種目で優勝!二冠で大会を終えた。(9月25日) 〔告知〕マスターズ国体「日本スポーツマスターズ2022岩手大会」は本日が大会最終日!7部〔65才以上〕男子スプリント決勝・ケイリン決勝に長野県最高齢トラック競技選手の小林英樹が出場!(9月25日) 《速報》マスターズ国体「日本スポーツマスターズ2022岩手大会」男子スプリント準決勝〔65歳以上の部〕長野県代表の小林英樹は残り1周で先行するとそのまま危なげなく1本勝ち!明日優勝決定戦へ!!(9月24日)  《速報》本日開幕のマスターズ国体「日本スポーツマスターズ2022岩手大会」男子スプリント予選〔65歳以上の部〕で小林英樹が12秒9の好タイムで予選1位通過!午後の準決勝進出を決めた。(9月24日)  〔告知〕明日23日のVELOクラブですが現状で9時に開催します。ただしお昼前に雨の予報が出ていますので遠方の方は無理をしないようにして下さい。(9月22日) 〔結果〕「2022 Jシリーズトライアル第2戦 岡山ラウンド」男子エリートで本年の全日本王者である土屋凌我(無所属/岩村田高出)が420ポイントを獲得して今季Jシリーズ初優勝。(9月20)

中学生から高校生へ!大蔵こころの挑戦。

 

 新年度が始まり、進学・就職と今年も多くの方が新生活を開始したことと思います。今回は長野県の中学校から、愛媛の自転車強豪校へ進学する「大蔵こころ」選手(ボンシャンスユース:昨年度登録)を特集致します。今年から高校で自転車を始める選手や、高校で自転車競技を始めたい中学生の選手・親御さんの参考になればと思います。

 

 

中学自転車から高校自転車界へ

 

 大蔵選手は中学生であった昨年度まで、部活動として「陸上競技」、クラブチームで「自転車自転車競技」を両立して活動していました。三年生となった昨年、学業と二つのスポーツの両立・今後の自身の進路を考え、様々な選択肢の中から自転車が盛んな愛媛県の高校への進学を決めたそうです

かつて長野県から愛媛の自転車強豪校へ「自転車留学」をした選手と言えば、現在プロの競輪選手として活躍する今野選手が有名ですが、女子選手が越県するケースは長野県内では非常に珍しいケースで、大蔵選手が長野県女子選手のパイオニアとして道を切り開くことになります。

 

昨年の全日本選手権MTB女子ユース3位の大蔵選手〔画像:右〕

 

大蔵選手のコメント

 

 今後も自転車は競技として付き合っていきます。これからは今までより恵まれた環境で

自転車の練習に取り組めるので,感謝をし,上を目指してがんばっていきたいです。

自転車も一生懸命やっていきますが勉強も両立してやっていきたいと思っています

寮と学校が近いので時間を作ることは可能なので,その空き時間に教材などを使って

やっていきます。

高校では主にロード・トラックがメインになると思います。でも,マウンテンとシクロも

辞めずに,たまに乗っていきたいと思います。マウンテンは,特にスキルUPなどに

役立つのでひきつづきやっていきたいです。

今時点の目標としては,インターハイでの優勝です。目標だけではなくその先も見越して

一つ一つの大会での優勝をねらっていきたいです。

将来は選手になりたいです。まだ何の種目の選手になりたいかは決まっていませんが

高校では思いっきり自転車にうちこんでがんばっていきたいです。

知り合いが少ない中に行きますが積極的にコミュニュケーションをとり,友達を作って

楽しんで高校生活を送りたいです。しかし,切り替えを大事にして,メリハリをつけて

すごしていきたいです。進学にあたり,たくさんの人に支えてもらっているので

成績をのこして恩返ししたいです。

 

大蔵こころ

 

 

 

新たなる挑戦へ向けて

 

 年度末に大蔵選手からコメントを頂きました。大蔵選手に関しては、所属チームであるボンシャンスから「勉強も非常に熱心にやる生徒」だったと聞いています。進路を決める際に「陸上」「自転車」「学業」と様々な選択肢があった中で、自転車を選択して親元を遠く離れるという決断は中学生としては並々ならぬ迷いや葛藤があったことは容易に想像出来ます。

時代が変わり平成から令和になりますが、おそらく来る時代は「県」や「国」と言った概念はおろか、様々な壁や枠組みが、今まで以上に無くなる「シームレスの時代」になって行くと思います。そうした中、早くから親元を離れ、住み慣れた故郷を離れて新たなる挑戦を始めることは、必ずやこの先、大きなアドバンテージとなって返ってくると思います。新生活で最初は何かと大変ですが、大蔵選手に限らず、新たなる挑戦を始める全ての選手をサイクリング長野は応援して行くつもりです。

 

シクロクロス全日本選手権で階段をのぼる大蔵選手

 

 

大蔵こころ(ボンシャンスユース)

 

大蔵こころ
ロード・MTB・シクロをこなすオールラウンダー選手として
昨年の長野県中学女子選手界を牽引した。今季は松山市へ進学
高体連登録選手として新天地愛媛でインターハイ優勝を目指す。

2018年の主な成績

全日本選手権マウンテンバイク女子ユース 3位
全国ジュニアロード中学女子 4位
全日本選手権シクロクロス女子ユース 3位
信州クロス南信州ラウンド 女子C2 優勝

 

 

中学生ながら県外の学校で

自転車と勉強を頑張る大蔵選手。

長野県の中学女子選手がまだ

誰も歩いたことの無い道を歩く。

その決断は大変なものだったと思います。

そして、大蔵選手の歩みは

後に続く、中学生選手にとっても

目指すべき道の一つになるはずです。

今後も大蔵選手の活躍を伝えることで

多くの選手の目標や希望となって

もらえればと思います。

 

 

 

関連LINK

ボンシャンス



 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ROOKiEZ is PUNK’D/リクライム 【CD】
価格:1127円(税込、送料別) (2019/4/3時点)

楽天で購入