〔頑張れ信州!〕長野県高校自転車界から大学自転車界へ!いよいよデビュー戦を迎えるルーキー達を紹介!

《速報》「第48回関東地区プロ自転車競技大会」4㎞個人追抜きで宮下一歩(地球環境高出)が4分50秒で優勝。4㎞団体追抜きでは「柿澤・小峰・宮下・堀江」の長野県競輪選手が活躍4分26秒91で優勝を果たした。(11月26日) 〔結果〕「第34回全日本自転車競技選手権MTBクロスカントリー」男子エリートで沢田時(Team ブリヂストンサイクリング/長野市)が初優勝!2位に宮津旭(PAXPROJECT/長野登録)3位竹内遼(FUKAYARACHING/飯山高出)と長野県勢が表彰台を独占!!(11月21日) 〔結果〕「第34回全日本自転車競技選手権MTBクロスカントリー」男子U-23で北林力(DreamSeekermtbracingteam/白馬高出)が優勝!二年連続のU-23全日本王者を戴冠!(11月21日) 〔ニュース〕自活研『第9代目自転車名人』に元パラリンピック金メダリストの石井雅史氏(元イナーメ信濃山形)が選出!(11月20日) 〔結果〕「JOCジュニアオリンピックMTBクロスカントリー」男子3年生の部で渡邊善大(白馬マウンテンバイククラブ)が2大会連続優勝。詳細はこちら(11月14日) 〔結果〕新競輪「PIST6 スペシャルマッチ#2」堀江省吾(119期/屋代高-信州大出)が予選から4連勝で完全優勝の快挙! 公式リザルト(11月14日) 〔結果〕「Rapha Super Cross NOBEYAMA」男子ジュニアで永野昇海(イナーメ信濃山形)とKids高学年の部で鈴木名人(ボンシャンス)がそれぞれ優勝を果たした(11月14日)

長野県高校自転車界から大学自転車界へ!いよいよデビュー戦のルーキー達を紹介!

 

 新型コロナウイルスの感染拡大により

新年度に入ってからここまで殆ど全てのレースが

キャンセルとなった今年の日本自転車界。

 

とりわけ大学自転車界では、

春先の各大学における集団感染で、長野県内開催予定だった

学連大会は全てキャンセル。その間はバーチャルレースや

リモートで各講習会などを行ったものの、大学生選手達にも

不遇なシーズンとなってしまった。

 

ようやく今週末、9月5日「全日本学生個人ロードレース選手権」が群馬県で

9月12日からは「全日本学生個人トラックレース選手権」が福島県で開催される。

 

そんな中、この週末は「昨年長野県高校自転車界を盛り上げた

新大学1年生」にとって、待ちに待った大学デビュー戦となる。

 

今回は、長野県高校自転車界から

日本の大学自転車界での活躍を目指す

長野県出身の大学ルーキー選手達をご紹介致します。

 

 

 

2020年 新学連登録選手紹介

 

       畑山 駿一(新潟食料農業大学

昨年まで古豪「上田千曲高校」で、長野県高校自転車界が誇る「ヒルクライムのスペシャリスト」として活躍。一昨年の大学生大会「菜の花飯山クリテリウム2018」で当時高校2年生ながら19位完走を果たすと、昨春の学連ロードレースシリーズ第二戦戦「菜の花飯山ヒルクライム2019」では、高校生ながら大学3部レースに出場、並みいる大学生70名を相手に3位表彰台に上がる活躍をみせた。当時は高校生のため、当然大学2部への昇格は規定により出来なかったものの、既に大学3部のヒルクライムレースであれば充分に上位で走れることを見せつけた。今後の課題は平坦でのパワーとスピードを磨くことで大学トップカテゴリーへの昇格と、インカレ入賞を目指す。

 

        古豪上田千曲の主将としてMt.乗鞍でも表彰台に上がった。

 

 

 

 

        山浦 秀明(松本大学)

 昨年、信州高校自転車界の名門「松本工業」で主将を務めた。2年生からJICF INTER NATIONAL TRACK CUP 少年の部で優勝するなど活躍をみせ、2018年全国都道府県大会では長野県高校代表に選ばれた。しかし、一昨年負ったケガ以降は不調が続き最終学年となった3年生時には春のセンバツ・インターハイに出場するものの満足な結果を残すことが出来なかった。本年からは地元「松本大学」に進学してトラック競技を中心に大学自転車界へ参戦する。

 ・2018 春のセンバツ・インターハイ代表
 ・2018 全国都道府県大会長野県高校代表
 ・2019 春のセンバツ・インターハイ代表
 ・2019 中部8県対抗選手権長野県高校代表

 

        2018年の全国都道府県大会に長野県代表として出場した。

 

 

 

       青島 冬弥(明星大学)

 1年生の秋から長野県高校自転車界の絶対王者「飯田風越高校」の主力として長野県ロードレース3季連続優勝の原動力となった。トラック競技では、2018年の4㎞速度競争で北信越高校王者。また、2018年秋季長野県大会では盤石のレースで長野県ロード王者となった。2年生から長野県代表として「国体」「都道府県大会」「中部8県対抗戦」に出場するなど長野県高校自転車界を代表する選手として活躍した。

 ・2018年 春のセンバツ・インターハイ出場
 ・2018年 全国都道府県大会・国体長野県高校代表
 ・2019年 春のセンバツ・インターハイ出場
 ・2019年 国体・中部8県対抗選手権長野県高校代表

 

         高校在学時は常に長野県高校代表としても活躍した。

 

 

 

 

       山田 拓海(早稲田大学)

 盟友の青島冬弥と共に1年生の秋から「飯田風越高校」を長野県内の絶対王者にまで押し上げた。2019年の春のセンバツでは個人追抜きで高校新記録を樹立して3位表彰台に上がると、翌月にはJr.日本代表に選出され韓国で行われたロードのステージレース「ネイションズカップ」で個人総合4位と日本代表に入賞をもたらした。6月の全日本選手権ロードではタイムトライアルで自身初となる日本王者を戴冠した。今後はU-23日本代表の主軸としても活躍が期待される。

 ・2019年 春のセンバツ3位・インターハイ準優勝
 ・2019年 全日本選手権ロードタイムトライアル優勝
 ・2019年 Jr.日本代表(アジア戦・ネイションズ・世界戦
 ・2019年 長野県国体代表

 

           昨年は念願の日本王者ジャージを獲得した。

 

 

 

 

昨年度の高校自転車関連記事

 

 

 

 

サイクリング長野より

 

 

 昨年、長野県高校自転車界を非常に盛り上げてくれた

4名の選手が、ようやく大学自転車界にデビューします。

特に、東京の大学へ進学した山田選手・青島選手に

夏前に話しを聞いた際は、4月以降も都心の大学が

閉鎖していたため、信州に留まり未だ殆ど学校へ通えていない

状況が続いていると語ってくれました。

そんな中で、今週末のデビューを迎える訳ですが…

 

 

そこで非常に気になるのは…

 

 

コロナ後の欧州のレースなどで頻発する

レース中の重大な落車事故です。

 

 

レベルが高い大会であればあるほどに

実戦から遠ざかってしまったが故に

多くの選手達が「レース感」を取り戻せて

いないように見受けられます。

特に、高いレベルの選手こそセンシティブで

感覚のズレを敏感に感じていることでしょう。

 

今週末デビュー戦を迎える「山田・青島・畑山」の

三選手にとって非常に気がかりなことは

会場である群馬サイクルスポーツセンターの特性も含めて

怖いのは落車に巻き込まれること。

 

昨年の同大会で、自分も役員として

1日このコースを車でまわり

レースのサポートをしていたのですが…

 

 

・危険な下りが連続する高速コーナー

・ブラインドになるS字コーナー

・日陰が多く苔や草など滑りやすい路面

 

 

などなど危険な個所が数多くある印象です。

奇しくも「全日本学生個人ロード選手権」と

云うタイトルマッチが、今季の実質的な

今季開幕戦と云うのが何とも皮肉めいていますが

 

とにかく、落車が多発するのが大学生の大会です。

長野県選手に関わらず、特にルーキー達は

デビュー戦と云うことで、無理の無いリスクマネージメントを

しっかりと行って欲しいと思います。

(先ずは落車をせず、しっかりと完走を目指して欲しいと思います)

 

不遇の年となったルーキー達の

週末の走りと、今後の活躍を期待しています。

 

 

 

関連LINK

新潟食料農業大学自転車競技部(Twitter)

松本大学自転車部

明星大学自転車競技部(Facebook)

早稲田大学自転車部

全国高体連自転車競技専門部

長野県高体連

長野県自転車競技連盟

 



 

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

Cambridge IELTS 15 Academic Student’s Bo…
価格:5720円(税込、送料別) (2020/9/2時点)

楽天で購入