〔速報〕「第35回全日本学生選手権個人ロードレース」で小出樹(京産大:松本工出)が3位表彰台の快挙!

〔結果〕京王閣競輪三日目「第3レースS級一般」上原龍(長野県/佐久長聖出)残り半周から前走選手を追い始めると最終コーナーで渾身のスパートが決まり見事な勝利をおさめた。ハイライト動画(10月26日)〔結果〕国内シクロクロスリーグJCX開幕戦「茨城シクロクロス取手ステージ」男子エリートで小坂光(宇都宮ブリッツェン/佐久長聖出)が3位、男子Jr.で永野昇海(イナーメ信濃山形)が1位。リザルト(10月26日)〔結果〕長野県高校自転車秋季大会トラック競技 小松篤史(松本工1年生)が「200mTT」で初優勝、中島壮琉(松商学園)が「3㎞個人追抜き」「1㎞TT」の二冠!春の選抜出場へ一歩前進!次週のロードレースに臨む…。リザルト(10月26日) 〔結果〕伊東競輪競輪二日目「第1レースA級準決勝」菊池岳仁(長野県/岡谷南出)残り1周で先頭をとると、そのまま豪快な逃げを見せ連勝!翌日の決勝へ進出を決めた。ハイライト動画(10月26日)  〔結果〕伊東競輪初日「第8レースA級特予選」菊池岳仁(長野県/岡谷南高出)は、この日も先頭誘導員が離脱と同時に先頭に立つとゴールまで追走を許さず快勝!翌日の準決勝へ進出を決めた。ハイライト動画(10月25日) 〔結果〕伊東競輪最終日「第4レースA級チャレンジ選抜」前島恭平(長野県)。最終の鐘が鳴る直前に一気に先頭へ出ると後方の追走を許さず快勝!今節最終日を勝利で締め括った。ハイライト動画(10月19日) 〔結果〕伊東競輪初日「第9レースA級予選」宮下一歩(長野県/地球環境高出)激しい競り合いから残り1周で先頭に出ると後続に追走を許さず1着。明日の準決勝へ!ハイライト動画(10月17日)〔結果〕青森競輪最終日「第3レースA級特別選抜」小峰烈(長野県/松本工出)は、残り1周で三番手につけると、最終2コーナーから一気にスパートをかけて前走2名を抜き去りそのままゴール!最終日を白星で飾った。ハイライト動画(10月14日) 〔ニュース〕女子競輪の年度最高峰タイトル「ガールズグランプリ2020」の予選A組に黒河内由実(長野清泉女学院出)がラインナップ!年末開催のグランプリへ出場権獲得を目指す!予選となるトライアルは、11月18日より小倉競輪場にて開催される。(9月24日) 《走行注意!》先般お伝えした浅間山の噴火活動警戒レベルが2に引き上げられました。軽井沢周辺をサイクリングされる方は十分にお気を付けください。詳しくは こちら(6月25日)

「第35回全日本学生選手権個人ロードレース」にて小出樹(京産大:松本工)が三位表彰台の快挙!

 

  本日6月8日(土)群馬サイクルスポーツセンターで行われた大学個人ロードレース日本一を決める大会「第35回全日本学生選手権個人ロードレース」にて、昨年の長野県ロード代表の小出樹(京都産業大学:松本工出)がおよそ170名の全国の強豪を退けて3位入賞を果たした。詳しくは以下の通り…

 

 

※尚、本日は大会の運営役員として執務させて頂いた為
 レース中の写真はございませんのでご了承下さい。

 

レポート

 

 

 

 昨日、本州の梅雨入り宣言もあり、朝方から不安定な天気の中で最初に女子レースが開催された。途中かなり激しく雨が降る時間帯もあり、男子のレースは予定より15分程遅れでスタート。開始の段階では、路面がかなり濡れており最初の数周回はお互いに手探りの状態での幕開けとなった。

レースは3周目辺りが経過して10名程度の逃げが出来る。小出はこの逃げに入り、メインの大集団とおよそ1分~1分30秒のタイム差のまま中盤を迎えて行く。信州勢も佐藤兄弟(明星大)・岩原(神戸大:長野高出)に加え、信州大学勢が集団で虎視眈々とチャンスを伺う。

レース中盤で一度、プロトンが逃げていた集団を吸収し小出も一度集団に戻る。しかし、中盤から終盤にかけ再び逃げ集団形成。ここに再度小出が入り、残り3周回辺りからは徐々にペースについて行けなくなった選手達が脱落して行く。そんなサバイバル状態に入っても小出の足色は良く、しっかりと先頭集団に残りファイナルラップを迎えると、逃げと集団のタイムギャップも最大で2分近くに広がり、いよいよ勝負は先頭集団に残った3名に絞られる。この段階で小出vs日大勢2名と数的不利な状況ながらも、尚力強く最終局面へ突入して行く。

残り1km付近でいよいよ最終スプリント態勢が始まる。小出は先頭に出て、残り500m辺りでスプリントを開始。三人一丸となると、熱狂を伝える場内アナウンスと大歓声に迎えられ、最後は僅か7秒差で数的優位を作り出した日大勢がワンツーフィニッシュを決めた…。

リザルトだけを見れば、惜しくも勝利は得られなかったが、今日の小出の走りは終始レースの局面・局面で大きな存在感を見せ敢闘賞こそ設けられていなかったものの、それに匹敵するだけの存在感を充分に見せたレースでもあった。

レース直後「最後がダメだった」と呟いた小出だったが、月末の全日本選手権や、夏のインカレ、そして国体に向けこの一年の成長を大きくアピールする大会となった。また、今大会の信州勢は最後まで非常に良くファイトしており、期待通りの健闘を見せた。

 

 

 

〔速報〕リザルト

 

第35回全日本学生選手権個人ロードレース
群馬サイクルスポーツセンター(6km×28 周=168km)

第1位 片桐 東次郎 (日本大学) 4時間48分46秒
第2位 仮屋 和駿     (日本大学) 4時間48分48秒
第3位 小出  樹  (京産大学)    4時間48分53秒

※全公式リザルトについては、学連発表まで暫くお待ちください。

 

激闘となったレースの表彰台に上がる3名
(左から:仮屋・片桐・小出)

 

 

サイクリング長野より

 

 昨年の国体ロードレース以降、秋の都道府県大会も含め小出選手の走りは「非常に自信に満ちあふれている」ように見える。沿道で見ていても「アイツは何かやってくれる!」と頼もしく、不思議と見る人を惹きつける楽しさのようなものさえ感じさせてくれる。これから大きな大会が続くが、今年の小出の活躍を心より期待したい。

 

 

 

先ずは、20年振りに大学連盟の大会が

群馬サイクルスポーツセンターで行われた

と云うことで、大会に御尽力頂いた

地元の皆様に厚く御礼を申し上げます。

さて、今日は小出選手がやってくれました。

自分も運営として執務をしていたのですが

ラジオツールから伝わってくる

小出選手の力走は、心熱くなるものが

ありました。これからいよいよ

自転車界は重要な大会を多く迎えます。

県サイクリストの皆様には

長野県勢の奮闘に温かいご声援を

引き続き宜しくお願い申し上げます。

 

 

関連LINK

日本学生自転車競技連盟

群馬サイクルスポーツセンター

京都産業大学自転車競技部



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【スズキ】 京都産業大学オフィシャル ポロシャツ SR-6560 SR-6559
価格:3693円(税込、送料別) (2019/6/8時点)

楽天で購入