《速報》「UCI Jr. NATIONS CUP 2019 Tour de DMZ」日本代表 山田拓海(飯田風越)が総合4位と活躍。

〔結果〕京王閣競輪三日目「第3レースS級一般」上原龍(長野県/佐久長聖出)残り半周から前走選手を追い始めると最終コーナーで渾身のスパートが決まり見事な勝利をおさめた。ハイライト動画(10月26日)〔結果〕国内シクロクロスリーグJCX開幕戦「茨城シクロクロス取手ステージ」男子エリートで小坂光(宇都宮ブリッツェン/佐久長聖出)が3位、男子Jr.で永野昇海(イナーメ信濃山形)が1位。リザルト(10月26日)〔結果〕長野県高校自転車秋季大会トラック競技 小松篤史(松本工1年生)が「200mTT」で初優勝、中島壮琉(松商学園)が「3㎞個人追抜き」「1㎞TT」の二冠!春の選抜出場へ一歩前進!次週のロードレースに臨む…。リザルト(10月26日) 〔結果〕伊東競輪競輪二日目「第1レースA級準決勝」菊池岳仁(長野県/岡谷南出)残り1周で先頭をとると、そのまま豪快な逃げを見せ連勝!翌日の決勝へ進出を決めた。ハイライト動画(10月26日)  〔結果〕伊東競輪初日「第8レースA級特予選」菊池岳仁(長野県/岡谷南高出)は、この日も先頭誘導員が離脱と同時に先頭に立つとゴールまで追走を許さず快勝!翌日の準決勝へ進出を決めた。ハイライト動画(10月25日) 〔結果〕伊東競輪最終日「第4レースA級チャレンジ選抜」前島恭平(長野県)。最終の鐘が鳴る直前に一気に先頭へ出ると後方の追走を許さず快勝!今節最終日を勝利で締め括った。ハイライト動画(10月19日) 〔結果〕伊東競輪初日「第9レースA級予選」宮下一歩(長野県/地球環境高出)激しい競り合いから残り1周で先頭に出ると後続に追走を許さず1着。明日の準決勝へ!ハイライト動画(10月17日)〔結果〕青森競輪最終日「第3レースA級特別選抜」小峰烈(長野県/松本工出)は、残り1周で三番手につけると、最終2コーナーから一気にスパートをかけて前走2名を抜き去りそのままゴール!最終日を白星で飾った。ハイライト動画(10月14日) 〔ニュース〕女子競輪の年度最高峰タイトル「ガールズグランプリ2020」の予選A組に黒河内由実(長野清泉女学院出)がラインナップ!年末開催のグランプリへ出場権獲得を目指す!予選となるトライアルは、11月18日より小倉競輪場にて開催される。(9月24日) 《走行注意!》先般お伝えした浅間山の噴火活動警戒レベルが2に引き上げられました。軽井沢周辺をサイクリングされる方は十分にお気を付けください。詳しくは こちら(6月25日)

「UCI Jr. NATIONS CUP 2019 Tour de DMZ」に出場の山田拓海(飯田風越)が総合4位

 

 8月30日から韓国・北朝鮮国境沿いを5つのステージに分けて戦う「UCI Jr. NATIONS CUP 2019 Tour de DMZ」。今年は米国代表・カザフ代表など21チーム120選手が出場。日本からは、高校日本代表(ジュニア代表)として山田拓海(飯田風越3年)が出場。山田は日本代表のエースとして全5ステージを走り切り、首位と僅か10秒差の総合4位と云う見事な成績でレースを終えた。詳しくは下記の通り。

 

 

各ステージでの山田選手の結果

 

第1ステージ(固城郡-仁済 79km)

1位  KOOU Olav(WILLEBRORD WIL VOORUIT) 2時間5分37秒
12位 山田拓海(日本代表/飯田風越高)同タイム

 

(参照元:Youtube/SLTV – 스포츠레저TV)

 

第1ステージレポート(JCF柿木コーチ:JCF公式HP)

 


 

第2ステージ(固城郡-華川郡 113km)

Stage2 結果
1位 BOURGOYNE Lucas  (アメリカ)        2時間36分4秒
2位 KRUNSEN Jeite  (WWV)           同タイム
3位 MCNEIL Aldan  (ARAPAHOE HINCAPIE PB BMC RACING)同タイム
4位 山田拓海(日本)同タイム

 

個人総合
1位 BOURGOYNE Lucas(アメリカ)        4時間29分16秒
2位 KRUNSEN Jeite(WWV)            4秒差
3位 MCNEIL Aldan (ARAPAHOE HINCAPIE PB BMC RACING)6秒差
4位 山田拓海(日本)10秒差

 

 

(参照元:Youtube/SLTV – 스포츠레저TV)

 

第2ステージレポート(JCF柿木コーチ:JCF公式HP)

 

 


 

第3ステージ(華川郡-漣川郡 128.7km)

Stage3 結果
1位 KOOU Olav (WILLEBRORD WIL VOORUIT)    3時間00分28秒
2位 KURITS JOONAS (フィンランド代表) 同タイム
3位 SLAMZHANOV Orken(カザフスタン) 同タイム
21位 山田拓海(日本) 同タイム

 

Stage3 個人総合
1位 BOURGOYNE Lucas(アメリカ)        7時間29分44秒
2位 KRUNSEN Jeite(WWV)            4秒差
3位 MCNEIL Aldan (ARAPAHOE HINCAPIE PB BMC RACING)6秒差
5位 山田拓海(日本) 10秒差

 

(参照元:Youtube/SLTV – 스포츠레저TV)

 

第3ステージレポート(JCF柿木コーチ:JCF公式HP)

 

 


 

第4ステージ(漣川郡-金浦 102.8km)

 

Stage4結果
1位 ZHAPARULY Bauyrzhan(カザフスタン代表) 2時間10分07秒
6位 山田拓海(日本) 2時間10分11秒

 

Stage4 個人総合
1位 VAINIO Veeti(フィンランド) 11時間36分19秒
2位 KRUNSEN Jeite(WILLEBRORD WIL VOORUIT) 4秒差
3位 MCNEIL Aldan (ARAPAHOE HINCAPIE PB BMC RACING)  6秒差
4位 山田拓海(日本) 10秒差

 

(参照元:Youtube/SLTV – 스포츠레저TV)

 

※第4ステージの結果については
 JCFのHPがクラッシュしているので
 UCI公式HPの結果を参照にしています。

 

 


 

第5ステージ(江華島1周 102.8km)

 

Stage5結果
1位 KOOU Olav(WILLEBRORD WIL VOORUIT) 1時間56分24秒
2位 REYNOLDS Tyler(ARAPAHOE HINCAPIE PB BMC RACING)同タイム
3位 KURITS Joonas(フィンランド)同タイム
64位 山田拓海(日本) 4秒差

 

(参照元:Youtube/SLTV – 스포츠레저TV)

 

第5ステージレポート(JCF柿木コーチ:JCF公式HP)

 

Tour de DMZ個人総合時間賞

 

個人総合

1位 VAINIO Veeti(フィンランド) 11時間36分19秒
2位 KRUNSEN Jeite(WILLEBRORD WIL VOORUIT) 4秒差
3位 MCNEIL Aldan (ARAPAHOE HINCAPIE PB BMC RACING)  6秒差
4位 山田拓海(日本) 10秒差

 

 

 

 

Tour de DMZで山田選手が

日本のエースとして堂々たる

走りをみせてくれました。

日本代表は団体総合でも準優勝。

今後に期待が持てる大会となりました。

山田選手は直ぐに日本へ帰国して

日曜日からは長野県代表として

山梨県民体育祭に出場します。

今期大活躍の山田選手。

県サイクリストの皆さんも

是非あたたかいご声援を

宜しくお願い致します。

 

 

関連LINK

Tour de DMZ 2019(大会公式HP)

飯田風越高校自転車同好会(Twitter)

日本自転車競技連連盟

長野県自転車競技連盟