〔共に戦え!〕週末開催「第51回中部8県対抗自転車競技選手権大会」長野県代表チーム紹介。

《速報!》長野県自転車競技連盟は、5月開催予定の「2020松本サイクルトラックレース」の中止を発表した。詳しくはこちら(3月29日) 《ニュース》四日市競輪二日目「第4レースA級チャレンジ準決勝」昨日に続き連勝を狙う 宮下一歩(長野県/地球環境高出)が登場。最終回に後続に迫られるも追走を許さず今日も見事な逃げ切り勝ち!明日の決勝は三連勝で本シリーズ完全優勝を目指す。ハイライト動画(3月28日) 《ニュース》「第14回菜の花飯山ロードレース」と「RCS開幕戦飯山ラウンド」がコロナウイルス感染拡大防止のため無期限の延期決定(3月26日) 《ニュース》桜のアルプスあづみのセンチュリーライドがコロナウイルス感染拡大のため中止と決定(3月26日) 《ニュース》第9回全日本トライアル選手権in佐久大会がコロナウィルス感染拡大の影響により中止が決定(3月26日)

「第51回中部8県対抗自転車競技選手権大会」長野県代表チーム紹介。

 

 長野県代表自転車チーム2019年最後の公式戦出場レースとなる「第51回中部8県対抗自転車競技選手権大会」が10月19日(土)・20日(日)の両日、富山市と石川県志賀町で開催される。今大会の長野県代表は成年が4名・少年が6名の10名体制で大会に臨む。特に少年チーム(高校生)は、田総・柴田・平田・加科と新チームを牽引する1・2年生の新戦力が選出された。折からの台風19号が信州北東部を直撃し未だ多くの方々が被災・避難している中で、今大会の長野県代表にはそうした方々の希望となるような走りを期待したい。

 

 

長野県代表チーム紹介

 

 

〔成年男子チーム〕

小出 樹
(松本工-京産大2年)
今や押しも押されもせぬ長野県代表チームのエース。
全日本学生選手権3位・インカレ2位・国体2位と
今年は国内の各主要大会で大活躍を見せた。
本年度最後の大会でも活躍が期待される。
【出場予定種目:ポイントレース・団体追い抜き・ロードレース】

 

渡邊 鈴
(松本工-イナーメ信濃山形)
昨年の国体での大落車による負傷からカムバック。
冬季はシクロクロス、春先からは実業団ロードレース等で活躍。
中長距離を得意としており、今大会は小出選手同様
3種目にエントリー。活躍が期待される。
【出場予定種目:ポイントレース・団体追い抜き・ロードレース】

 

中村 吉伸
(松本工-日本大2年)
一昨年の北信越高校自転車ロードチャンピョン。
長距離も短距離も得意とするオールラウンダー。

今年は国体にロード・トラック両競技で出場した。
今年最後の大会でどんな走りを見せるか期待したい。
出場予定種目:スクラッチ・団体追い抜き】

 

橋本 嶺登
(中野立志舘-長野大2年)
MTB・シクロクロス・ロードレースと全ての競技で
全日本選手権(全国大会)を走るマルチサイクリスト
今年は長野県成年強化指定選手にも初選出された。
大学ロードでは念願のインカレにも出場、今後が期待される。

出場予定種目:1㎞タイムトライアル・団体追い抜き・ポイントレース】

 

 


 

 

〔少年男子チーム〕

 

山浦 秀明
(松本工高3年)
今季の松本工業自転車競技部の主将としてチームを引っ張った。
3年生最後のシーズンは怪我もあり思うような結果を残すことが
出来なかったが、7月のインターナショナルトラックカップでは
国内外のトップ選手と戦う貴重な経験を得た。
今大会は少年としては長野県代表最後の大会となる。
【出場予定種目:ポイントレース・チームスプリント・ロードレース】

 

青島 冬弥
(飯田風越高3年)
2年生時から長野県代表として活躍。春の選抜・インターハイ・全日本と
高校生の主な大会に長野県代表として出場し続けてきた。
山浦同様に少年としては、これが最後の長野県代表出場レースとなる。
最後の大会でどれだけ上位に食い込むことが出来るか?期待したい。
【出場予定種目:ポイントレース・団体追い抜き・ロードレース】

 

田総 蓮 ※初選出
(松本工高2年)
名門マツコウを背負う新チームの最上級生。
今年は2年生ながらも春の長野県大会で入賞を果たし、
北信越大会に出場すると3㎞個人追い抜きで6位入賞と活躍した。
今大会は短距離種目を中心に出場する。
【出場予定種目:スプリント・チームスプリント・ロードレース】

 

柴田 晃宏
(飯田風越高2年)
飯田風越新チーム唯一の2年生。中長距離を得意とする
この数年来、長野県高校自転車界をリードしてきた飯田風越高校の
最後の一人として大きな期待を背負う。
【出場予定種目:スクラッチ・団体追い抜き・ロードレース】

 

平田 開人 ※初選出
(松本工高2年)
田総と共に名門マツコウを背負う新チームの最上級生。
今年3年生が多く抜けるマツコウにあって、その台頭が期待される。
【出場予定種目:1㎞タイムトライアル・ロードレース】

 

加科 爽人 ※初選出
(松本工高1年)
今年マツコウに入学した1年生、入学直後の自転車学校では
まだ技術に不安があったが、高校生活にも適応し夏頃から走りに
力強さが出てきた。「ロードよりトラックが好き!」と公言する
マツコウ期待のスプリンター。
【出場予定種目:ケイリン・チームスプリント】

 

 

 

 

大会スケジュール《予定》

 

《大会初日》10月19日(土)富山競輪場 

8:30   開会式     インフィールド内
9:00 男子 チーム・スプリント 7チーム 4組 決勝 ※長野県代表チーム出走
  女子 チーム・スプリント 4チーム 2組 決勝
9:20 男子 チーム・パーシュート 7チーム 4組 決勝※長野県代表チーム出走
10:05 少年男子 スプリント 6名 6組 予選※田総出場予定
  成年男子 スプリント 2名 2組 予選
10:30 女子 スクラッチ(6km) 4名 1組 決勝
  少年男子 スクラッチ(7km) 7名 1組 決勝※柴田出場予定
  成年男子 スクラッチ(7km) 7名 1組 決勝※中村出場予定
11:00 少年男子 1kmタイムトライアル 7名 4組 決勝※平田出場予定
  成年男子 1kmタイムトライアル 5名 3組 決勝※橋本出場予定
  休憩・昼食時間      
12:15 表彰式(TS,TP,SC,TT)      
12:30 少年男子 ポイント・レース(16km) 11名 1組 決勝※青島・山浦出場予定
  成年男子 ポイント・レース(20km) 12名 1組 決勝※小出・渡邊出場予定
13:30 少年男子 スプリント   1組 決勝1回戦
  成年男子 スプリント   1組 決勝1回戦
  少年男子 スプリント   1組 3-4位決定戦
  少年男子 スプリント   1組 決勝2回戦
  成年男子 スプリント   1組 決勝2回戦
14:00 女子 ケイリン 6名 1組 決勝
  少年男子 ケイリン 6名 1組 決勝※加科出場予定
  成年男子 ケイリン 6名 1組 決勝
14:20 少年男子 スプリント   1組 決勝3回戦
  成年男子 スプリント   1組 決勝3回戦
14:30 表彰式(PR,SP,KE)      

 

 

《大会初日》10月20日(日)志賀町特設コース 

9:30 女子個人ロードレース(スタート) ※小出・渡邊出場予定
10:30 男子個人ロードレース(スタート) ※青島・山浦・柴田・平田・田総出場予定
12:30 閉会式  

 

 

 

 

 

2019年長野県代表チームをプレイバック!

 

 

 

 

サイクリング長野より

 

 災害から4日たってようやく山間部などの

被害の状況が報告されるようになり、県全体の被害の全貌が

明らかになってきました。昨日の上山田ラウンドの惨状にしても

まだまだメディアが伝えていない被害が沢山あります。

そうした中で、こうした時期に長野県代表が大会に

出場する意味は非常に大きいと思っています。

 

平素ならとにかく、いま信州がこうした状況下で

他ならぬ長野県代表チームのジャージを着ると言うことが

どういうことなのか?

 

否が応でもそれを問われる大会となります。

こうした困難な状況の中で、長野県代表チームの活躍が

全県民の方々、信州の全てのサイクリストの希望となることを

願って止みません。

 

 

いまこの時期に長野県代表ジャージを着ると言うことがどういうことなのか?
選手たちはそれを問われる大会となる。

 

 

 

長野県代表チーム今年最後の大会が

この大変な時期に重なりました。

サイクリング長野としては

もうこれ以上、語ることはありません。

ただただ、選手達の背中を押すことだけです。

この一年、サイクリング長野が

唱え続けたこと…

We share a dream

Ride with one soul

I am You are We are team Nagano

いまこそ共に戦え!

 

 

 

 

関連LINK

富山県自転車競技連盟(トラック管轄)※富山県は連盟の公式HPがありませんのでfacebookとなります。

石川県自転車競技連盟(ロード管轄)

富山競輪場(トラック会場)

石川県志賀町(ロードレース会場)