〔レポート〕信州ロードレースシーズン開幕!2019年「菜の花飯山サイクルロードレース」。

《速報》四日市競輪初日「第4レースA級チャレンジ予選」今年既に13勝と好調の 宮下一歩(長野県/地球環境高出)が登場。最終回の鐘と共に先頭に出るとそのまま前を譲らず快勝!明日の準決勝へ進出した。ハイライト動画(3月27日) 《ニュース》「第14回菜の花飯山ロードレース」と「RCS開幕戦飯山ラウンド」がコロナウイルス感染拡大防止のため無期限の延期決定(3月26日) 《ニュース》桜のアルプスあづみのセンチュリーライドがコロナウイルス感染拡大のため中止と決定(3月26日) 《ニュース》第9回全日本トライアル選手権in佐久大会がコロナウィルス感染拡大の影響により中止が決定(3月26日) 《サイトよりお知らせ》「コロナに関する各イベントの対応状況」を7月開催の大会までに拡大しております。詳しくはこちら(3月20日)(3月26日) 《ニュース》2020年ツアーオブジャパンはコロナウイルス感染拡大防止のため中止に…(3月25日) 

2019年「菜の花飯山サイクルロードレース」レポート

 

  ようやく飯山菜の花ロードのリザルトが飯山市より発表されたので2週間以上遅れてしまい恐縮ですが、「2019菜の花飯山サイクルロードレース」のレポートを掲載したいと思います。

今大会ですがトラック競技の「松本サイクルトラックレース」と日程が完全に重複してしまい、長野県内の競技役員ライセンスを持つ人間が完全に不足してしまい、自分も初日は松本トラックで役員をして、終了後その足で飯山で役員と、自転車教室の講師をしたために写真まで手がまわらなかったことを最初にお詫び致します。

 

 

菜の花飯山サイクルロードレースレポート

 

 前日、松本トラック大会初日が終了して美鈴湖を20時に出発して一路120km離れた飯山市へ車で移動しました。驚いたのは車内で仮眠をとろうと訪れた飯山の道の駅が24時を過ぎているのにも関わらず満車で入れず10連休を思い知らされました。遠方からご参加の方は道中大変だっと思います…

 

スタートの起点となる外様地区活性化センター

 

活性化センターは廃校を利用しており今もその名残を感じる。

大会二日目はヒルクライムレースが行われる。

 

天気にも恵まれ大会二日目の開会式が始まる。

 

審判委員長の藤森信行コミッセールから諸注意が促される。

 

「菜の花ロード」・「信州クロス飯山」と言えば
お馴染みの小林輝紀オルガナイザー
この方の御尽力によって飯山での大会が円滑に行われる。

 

大会2日目は学連の3部ヒルクライムレースから開始される。
この日は市民レースを除き2本合計のタイムで順位が決まる。

 

一本目を2位でゴールした高校生の畑山(上田千曲)
強豪日大・京産大と肩を並べ最前列からスタートする。
〔画像:一番右〕

 

大学のカテゴリー3レースで高校生の畑山がしっかりと2本のタイムを揃え
出走70名の大学生の中で3位と云う素晴らしい結果を残す。

 

お昼前には一般の部もスタート!総勢57名が出走した。
今年は県外からの参加者も多く見受けられた。

 

中学生の部で初日TT・二日目ヒルクライムを制した寺島京那
今年も全日本選手権U-15タイムトライアルに出場予定。

 

飯山大会お馴染みの「枡カップ」が贈呈される。
〔二日間総合2位:丸山和徳選手(NTC.C.C)〕

 

優勝者にはこちらもお馴染み神仏の鷲森特製「漆塗りメダル」が授与される。
〔二日間総合1位:小山祐選手(岐阜日野自動車スキー部)〕

 

大学クラス1-2(1&2部)表彰式
〔左から:石井(鹿屋体大)・風間(東北学大)・仮屋(日大)〕

 

 

 

菜の花飯山ロード入賞者

 

《大会初日》

飯山市長峰スポーツ公園
4月28日(日)

 

チャレンジ200mダッシュ!

チャレンジ200mダッシュ!公式リザルト〔PDF:飯山市公式〕

小学生1~3年の部

1位 金児 倖太朗 
2位 中込 孝  
3位 清水 幸一 (平岡小学校)
4位 藤井 悠太 (三本柳小学校)

 

小学生4~6年の部

1位 中込 義明 
2位 丸山 祈莉 (牟礼小学校)
3位 丸山 万葉 (木島平村小学校)

 

中学生以上女子の部

1位 沢田 光瑠 エスキーナレーシング

 


 

個人タイムトライアル

個人タイムトライアル公式リザルト〔PDF:飯山市公式〕

 

男子中学生以上の部

1位 寺島 京那 

 

男子高校生以上の部

1位 丸山 和徳 (NTC.C.C) 
2位 小山 祐   (岐阜日野自動車スキー部)  
3位 藤井 壮太 (東洋水産ロードレース部)
4位 金児 敏之 (NTC.C.C)
5位 五十嵐 龍 ( docomo RT)
6位 松本 伸実
7位 横島 秀宣 (COGS)
8位 高見沢一彦 (INFINITY)

 


 

大学ロードレースカップシリーズ第2戦飯山

RCS第二戦飯山クリテリウムリザルト〔PDF:飯山市公式〕

3部〔クラス3 第1組〕

1位 重田 恵杜  (順天大)
2位 水谷 勇人 (京産大)
3位 尾形 昂隼 (朝日大)

 

3部〔クラス3 第2組〕

1位 山元 大夢    (朝日大)
2位 枝村 弘樹 (朝日大)
3位 園田 大智    (順天大)

 

2部〔クラス2 第1組〕

1位 徳田  匠   (鹿体大)
2位 木下 佳祐   (京産大)
3位 兒島 直樹    (日本大)
7位 佐藤 大志 (明星大:下諏訪向陽出)

 

2部〔クラス2 第2組〕

1位 仮屋 和駿  (日本大)
2位 鵜沼 利久 (日本大)
3位 松村 恭輔 (明治大)

 

1部〔クラス1 トップディビジョン〕

1位 鈴木 浩太   (明星大)
2位 渡邊 慶太 (明治大)
3位 風間 翔眞 (東北学大)

 


 

《大会二日目》

外様活性化センター – 鷹落山頂上
4月28日(日)

ヒルクライム公式リザルト〔PDF:飯山市公式〕

個人ヒルクライム
 

男子中学生以上の部

1位 寺島 京那

 

女子高校生以上の部

1位 竹内 美琴  (飯山高校)
2位 祢津 利宝  (飯山高校)  
3位 芳川 千恵  (飯山高校)
4位 六塚 望杏 (飯山高校)
5位 品田 萌衣 (飯山高校)
6位 中島 果歩 (飯山高校)
7位 髙橋 くるみ(飯山高校)
8位 児玉 真梨子

 

ヒルクライム女子高校生以上の部の表彰式
(左から:弥津・竹内・芳川〔共に飯山高〕)

 

男子高校生以上の部

1位 小山 祐   (岐阜日野自動車スキー部) 
2位 小林 皓生  (飯山高校)  
3位 丸山 和徳 (NTC.C.C)
4位 小島 宙輝 (飯山高校)
5位 小笠原 舜 (飯山高校)
6位 村田  隆 (カンクリサイクリングチーム)
7位 笹井 誉之 (COGS)
8位 清水 直也 (飯山高校)

 


 

大学RCS 第2戦飯山ヒルクライム

 

3部〔クラス3〕

1位 神原昂 太  (北海道大)
2位 菊地 優吾  (東北学大)
3位 畑山 駿一  (上田千曲)

 

女子の部

1位 吉田 鈴  (同志大)

 

1部・2部〔クラス1&2〕

1位 小島 快斗 (大産大)
2位 和田  樹 (朝日大)
3位 谷   彰太   (日本大)
5位 大森 竣介 (信州大)

 

二日間総合順位

 

ヒルクライム公式リザルト〔PDF:飯山市公式〕

《初日TT+二日目ヒルクライム合計》

男子中学生以上の部

1位 寺島 京那

 

男子高校生以上の部

1位 小山 祐   (岐阜日野自動車スキー部) 
2位 丸山 和徳 (NTC.C.C)  
3位 笹井 誉之 (COGS)
4位 五十嵐 龍 (docomo RT)
5位 金児 敏之 (NTC.C.C)
6位 清水 一則 
7位 藤井 荘太 (東洋水産ロードレース部 )
8位 桑野 誉之 
9位 松本 伸実
10位 宮寺  健 (NTC.C.C)
11位 高見沢一彦 (INFINITY)
12位 横島 秀宣 (COGS)
13位 丸山 一樹 (TEAM親輪車)
14位 櫻井 靖弘  (長野工業高等専門学校)
15位 小室 博之 (TokyoDAX)
16位 山本 洋義 (長野日大)

 

 

一般選手有志による記念撮影。
今年は県内外から多くの選手が参加した。

 

 

大会終了から2週間後と

だいぶレポートが遅くなってしまいました。

また、当日は競技役員に加えて

自転車安全教室も行った影響で

写真が殆ど撮影出来ませんでした。

楽しみにされていた方には

本当に申し訳ありません。

この大会は、長野県ロードレースの

開幕戦であり、二日間で

タイムトライアルとヒルクライムを

楽しめる珍しい大会です。

初心者の方から上中級者の方まで

来年も是非飯山でお会いしましょう!!

 

 

 

 

関連LINK

飯山市大会公式ホームページ(飯山市)

日本学生自転車競技連盟