《速報》「第33回全日本選手権MTBクロスカントリー」白馬高出の平林ほか2名が全日本チャンピオンに!

【速報】「第49回関東地区プロ自転車競技大会」4㎞団体追抜き - 優勝:新潟支部長野県チーム(小峰・柿澤・宮下・堀江)4分24秒448(11月30) 【速報】「第49回関東地区プロ自転車競技大会」1㎞タイムトライアル - 優勝:菊池岳仁〔岡谷南出〕1分02秒720 3位:堀江省吾〔屋代高‐信州大出〕1分03秒511 (11月30日) 〔告知〕JCF公認3級自転車公認審判員講習会長野会場の応募受付は11月30日まで…(11月28日) 【PIST6長野県出場選手情報】12月3日㈯-4日㈰:前島恭平(松川高出)/12月12日㈪-13日㈫:等々力久就(岡谷工高出)&小峰烈(松本高出)以上の出場が決定!〔11月23日〕 【冬季道路交通規制情報】上田市の各エリア〔美ヶ原公園沖線・松本和田線・ビーナスライン一部・鹿教湯別所線ほか〕が11月24日・25日から冬季閉鎖・規制となります。 詳しくはこちら。(11月22日) 〔結果〕「第33回全日本選手権MTBクロスカントリー」女子U-23で小林あか里(弱虫ペダルサイクリングチーム/信州大)が、男子エリートで平林安里(TEAM SCOTT TERRA SYSTEM/白馬高出)が共に優勝し2022年の全日本王者を戴冠(11月21日)〔結果〕「第33回全日本選手権MTBクロスカントリー」女子マスターズで小林真清〔Team Soleil悠/長野県登録〕が優勝!全日本女子マスターズ王者を戴冠。(11月19日)【冬季道路閉鎖情報】国道299号線「麦草峠と八千穂高原」2022年11月17日㈭午前11時~2023年4月20日午前11時まで… 詳しくはこちら。(11月16日) 〔結果〕「UCI世界選手権トライアル 男子エリート20」で岩村田高出身の土屋凌我(無所属)は10位となった。(11月12日) 〔募集中〕「JCF公認3級公認自転車審判員講習会長野会場」2022年12月11日㈰に松本工業高校OB会館にて詳しくは長野県車連HPにて(11月10日)

《速報》「第33回全日本選手権MTBクロスカントリー」男子エリートで平林・女子U23で小林が優勝。

 

 

 

今回の表紙の画像は2019年の全日本選手権で
平林選手が当時U-23 日本チャンピオンになった時のものです。

 

 

 

 本年の日本チャンピオンを決める

第33回全日本選手権マウンテンバイクの

クロスカントリーオリンピック(五輪ディスタンスXCO)が

本日11月20日㈯に、伊豆サイクルスポーツセンターで開催され

昨日の女子マスターズの小林真清〔Team Soleil悠/長野県登録〕に続き

女子U23で信州大学在の小林あか里(弱虫ペダルサイクリング)

男子エリートで白馬高校出身の平林安里(TEAM SCOTT TERRA SYSTEM)

共に優勝を果たし、2022年の全日本王者を戴冠した。

 

残す全日本ナショナルタイトルは、12月に開催が予定されている

全日本選手権室内競技(サイクルサッカー&フィギュア)のみとなり

長野県関連選手の出場は無いため、2022年の

長野県関連の自転車競技日本チャンピオンは8名となった。

 

 

長野県出場選手

 

 

 

女子マスターズリザルト

 

順位 氏名 登録 チーム リレイション
優勝 小林 真清 長野県 Team Soleil悠 長野県登録
2位 綾野 桂子 埼玉県 cycleclub 3UP.  

大会公式リザルト〔PDF/JCF公式HP〕

 

 

 

 

 

女子U-23リザルト

 

順位 氏名 登録 チーム リレイション
優勝 小林 あか里 長野県 弱虫ペダルサイクリング 信州大学
2位 松本 璃奈 長野県 RIDE MASHUN SPECIALIZED 茅野高校出
3位 浜下 玲音 北海道 TEAM BG8  

大会公式リザルト〔PDF/JCF公式HP〕

 

JCFツイッターに画像が無いため後日

 

 

 

男子エリートリザルト

 

順位 氏名 登録 チーム リレイション
優勝 平林 安里 長野県 TEAM SCOTT TERRA SYSTEM 白馬高出
2位 北林 力 長野県 Athlete Farm SPECIALIZED 白馬高出
3位 山本 幸平 北海道 Athlete Farm SPECIALIZED  
4位 宮津 旭 長野県 PAXPROJECT 長野県登録
7位 戸谷 亮司 長野県 岩井商会レーシング 長野県登録
17位 松本 駿 長野県 RIDE MASHUN SPECIALIZED 長野県登録

大会公式リザルト〔PDF/JCF公式HP〕

 

 

 

 

2022年長野県関連の全日本王者

 

種目 カテゴリー 氏名 チーム リレイション
トライアル競技 男子エリート
20インチ
土屋 凌我 無所属 岩村田高出
トラック競技 男子マスターズ
(40歳以上)
小峰 烈 Logisty Jack 松本工高出
男子マスターズ
(50歳以上)
羽田野隆彦 ルクトスキップ 諏訪市出身
MTBダウンヒル 女子エリート 松本 璃奈 Ride Mashiun Specialized 茅野高出
女子ユース 原 つばさ 白馬MTBクラブ 白馬高在
ロードレース 女子U-23 小林あか里 弱虫ペダルサイクリング 信州大在
MTBクロスカントリー 女子マスターズ 小林 真清 Team Soleil悠 長野県登録
女子U-23 小林あか里 弱虫ペダルサイクリング 信州大在
男子エリート 平林 安里 TEAM SCOTT TERRA SYSTEM 白馬高出

 

 

 

 

という訳でMTBの結果でした。

さて、この結果を見て

他のカテゴリーなどの結果を見て

長野県内のMTBの関係者の方々

如何でしょうか?

どんな感想をお持ちですかね?

 

 

先ずは、平林選手が

初の全日本王者を戴冠したことは、

大きなトピックスだと思います。

 

 

自分は、あまり勝敗には拘りが無いのですが

あえて信州勢という面から勝敗面で口を開くならば

「ちょっと待てよ!」ですかね?

 

 

それと、日本MTB界は若手(中高生)に

人材がいるって話しですが…

 

 

自分もシクロから離れて、信州でもMTB公式戦がゼロになり

久々に先日の千葉で、期待の子たちの

レース場での声を聞き、立ち振る舞いを

「生」で見てあらためてこのリザルトを見て思うことは

率直に「う~ん、これは…」と思わされます。

 

 

それと、MTBの根本的な問題。

 

 

先日のショートトラック・エリミネーターの

全日本選手権でも思ったのですが! 

 

 

まぁ…もうそれは、止めておきましょう。 

 

 

今となっては、すったもんだがあって

直前に日程が変更になった本大会が

無事に開催出来たこと。

そこへ向けて奔走した現場の人達のことを

慮ろうと思います。

 

これにてMTBも全ての

競技で全日本選手権が終わり

これにてほぼ全ての主要大会が終了しました。

 

今年の長野県MTB界の最大のトピックスとしては

国内のMTBシリーズCoupe du Japonの

長野県公式戦がついにゼロになったこと

だったと思います。

 

来年、県内での公式戦が復活するか?は、

この先10年… いやもう3年先の未来へ

対する影響が非常に大きなものとなると思います。

※この3年先って時間で何が起こるかわかりますか?2025年問題じゃないですよ(笑)

 

そうした中で、信州MTBがどう舵をとるのか?

長野県内のMTBコミュニティの一人ひとりが

この先の未来をどう考えるのか?

それを、そろそろいい加減に!

真剣に考える年になると思います。

 

「JCFがやってくれない」とか

「ならサイクリング長野(誰か)やってよ!」

一人一人が、今まで通りのこんな考え方をしていては

この先の未来は全く変わらない!と

 

おそらく本年最後になるであろう

MTBの記事に書き残して終わりたいと思います。

 

関連LINK

大会特設サイト〔JCF〕

MTBリーグ