〔結果〕「第10回全日本トライアル選手権」で土屋凌我(岩村田高出)が男子エリート二連覇を達成!

《結果》「PIST6 EX.ラウンド第6戦」年末から三場所連続の完全優勝がかかる堀江省吾(屋代高-信州大出)は、今節も負けなしで決勝へ進出すると、その決勝戦では残り1.5周からのロングスパートを鮮やかに決め快勝!これでPIST6通算5回目のシリーズ優勝を飾った。決勝戦ハイライト動画〔3月20日〕 [エントリー情報]2023年6月24日・25日開催の「白馬八方黒菱ヒルクライム2023」本日3月15日よりエントリー開始!〔3月15〕 《結果》「平塚競輪A級決勝」堀江省吾(屋代高‐信大出)が最終第3コーナーで先行選手を捉えると後続を一気に引き離して快勝!初日から三日間負けなしの完全優勝を果たした。ハイライト動画(3月14日) 《結果》『春のセンバツ高校自転車最終日』◇男子ロードレース:横林海斗(松本工)途中棄権(3月13日) [PIST6情報] 3月18日より開催「EX.ラウンド第6戦」に堀江省吾(屋代高‐信州大出)の出場が決定!自身3場所連続の優勝に挑む!〔3月13日〕  

全日本トライアルで土屋凌我(岩村田高出)が二連覇達成!

 

 新型コロナの影響で二年ぶりに開催された

自転車トライアル競技の日本一を決める

第10回全日本トライアル選手権大会が

2021年6月27日(日)に、佐久市ミレニアムパークで開催された。

一昨年に続き、男子エリートで全日本選手権二連覇を狙う

地元岩村田高校出身の土屋凌我(無所属)は

安定した試技を見せ2位に100ポイントの差をつけて

全日本王者を戴冠した。

またU-15ミニメクラスで出場した

仲俣漱韻(SCORPIO Japan/長野県)は

300点を獲得し5位入賞を果たした。

 

※なお、昨年来JCFとの関係により
 取材申請をしなかったため画像が無いことを
 お詫び申し上げます。

 

 

男子エリート20リザルト

 

 

優勝 土屋 凌我(無所属/岩村田高出)540点
2位 増田 誠政( TEAM MITANI)   440点
3位 亀井 駿佑( TEAM MITANI)      290点

公式リザルト(PDF/JBTA公式HPより)

 

 

 

 

長野県自転車競技強化合宿を

抜出して、初めてトライアルを

観に行って来ました。今年から

長野車連の審判の方も参加した影響で

審判員の方にも注目してみてましたが

とても声をかけられる雰囲気では

ありませんでした。それでも、

なかなかアットホームな雰囲気で…

また何時か機会があれば

観に行ってみたいと思います。

大人の事情で画像をアップロードできないのが

残念ですが、こういう世界もあると

知ってもらえればと思います。

 

関連LINK

土屋凌我チャンネル(Youtubeチャンネル)

日本自転車トライアル協会

長野県自転車競技連盟