《重要なお知らせ》当サイトでは、今回の「全日本選手権マウンテンバイク」を扱いません。

《お知らせ》現在多忙につき、HPの更新が出来ません。大変申し訳ありませんが暫くお待ちください。(11月26日) 〔結果〕前橋競輪最終日「第9レースA級決勝」初日・二日目と連勝で最終日を迎えた菊池岳仁(長野県/岡谷南高出)残り2周の第一コーナーで一気に仕掛けると、後続との差を一気に広げての圧勝!今節三連勝で見事完全優勝を果たした!ハイライト動画(11月23日)〔結果〕前橋競輪最終日「第2レースA級一般」荒井春樹(長野県)先頭誘導員が退避と同時に先頭に出るとそのまま2周を逃切り快勝!初日に続いて最終日も白星を挙げて今節を締めくくった。ハイライト動画(11月23日) 〔結果〕前橋競輪二日目「第5レースA級準決勝」前日快勝の菊池岳仁(長野県/岡谷南高出)は残り2周回で先頭に立つと最後の半周から一気の独走に持ち込みに連勝!今節決勝戦に完全優勝がかかる。ハイライト動画(11月22日)〔結果〕川崎競輪最終日「第4レースA級特別一般戦」宮下一歩(長野県/地球環境高出)残り1周からスパートをかけると2番車松根選手との一騎打ち。ゴール前の接戦を制して今節最終日を1着で締め括った。ハイライト動画(11月21日) 〔結果〕前橋競輪初日「第4レースA級予選」2週間前の全日本選手権以来の前橋グリーンドームに登場となった菊池岳仁(長野県/岡谷南出)は、残り2周で先頭に立つとこの日も得意の「逃げ」で後続の追走を許さず初日快勝!準決勝へ進出した。ハイライト動画(11月22日) 〔結果〕前橋競輪初日「第2レースA級予選」荒井春樹(長野県)残り半周からスパートをかけると前走二名をゴール前で捉え快勝!翌日の準決勝へ駒を進めた。ハイライト動画(11月22日)

《重要なお知らせ》全日本選手権MTBについて。

 

 こんばんは、今夜は

「全日本選手権トラック競技」の為に

前橋に来ています。

 

さて、今しがたJCF(MTB広報)より

MTB全日本選手権関して

今回は、テレビ・新聞報道を優先させるために

通常の取材者に対しては、取材申請を

却下するとの通知がまいりました。

 

また、もう一つの理由として…

 

コロナのためということですので

サイクリング長野としては、

JCFの決定を尊重すると共に

今後しばらくの間、一切のマウンテンバイクの取材を

見合わせたいと思います。

 

悪しからずご了承ください。

 

 

同じような境遇の方がいるかと思います。

もう自分も茅野市に二泊分のホテルを抑えてしまったのですが

前日まで音信不通で、突然と云うのは誰しも納得しがたいものだと思います。

自分は自転車外から来て驚いたのですが、

夏の暑い日も、朝早くから一生懸命に自腹を切って自転車競技の普及をして

下さっている一般の方々のことを本当に良く知っています。本当凄い人達です!

大切なことはそうした取材者に対してきちんとした誠意ある対応をすること!JCFには伝えました。

 

それともう一つ…

 

去年の全日本ロードで優勝した長野県の選手がこう言いました。

「日本一になったけど長野県の報道陣は新聞もテレビも誰も来なかった…」と。

あの時は、富士スピードウェイだったのでネットが使えたので

藤森コミッセールと話して勝手にプレスリリースを発行して

何とか信毎の朝刊にはねじ込ませてもらったけど…

 

全日本MTB田沢湖では、ご存知の通り長野車連と話して

長野県の選手が優勝した直後に、自分が長野連盟の許可を得て

公式なプレスリリースを長野県内の各メディアに送りました。

しかし、翌朝の長野県の新聞でMTB全日本選手権を扱った報道はゼロでした

(ほんとこんな騒ぎをおこしてまでリリースだしたのに…) 

 

先月の「インカレ」「JOCジュニア五輪」も… 

扱ってくれたメディアはありましたか?

これが、長野県メディアの自転車に対する意識であり

「我々自転車界」の現実です! 

普段から普通のメディアが大々的に報道してくれるならば

このサイトはいらないし、存在しないんです!

 

もう一度、自分も含めて謙虚に「自分達の立ち位置」を見直したいと思います。

でないと五輪の度に同じ失敗を繰り返す!!

今日のトラック全日本囲み取材の顔ぶれをみても思ったのですが

五輪が終われば残酷なまでに元に戻る…

 

もうその場だけの打ち上げ花火なんていらないんだよ!

普段一生懸命やってる人達の心が離れて行くようなことは厳に止めてくれ!

そして、いかげんにしっかり地に足をつけた普及を考えてくれ!マジで!!

 

 

 

 

と、云う訳で

JCFのやり方に同意は断固しませんが

こうした、コロナの状況です!

尊重はします。

 

サイクリング長野の今後ですが

このまま日曜日まで延泊して

全日本トラック競技をお伝えします。

悪しからずご了承下さい。

 

サイクリング長野