〔結果〕2020年MTBアジア選手権男女混合リレーで日本代表が優勝!北林・松本・山本の信州勢が活躍!

〔結果〕伊東競輪2日目「第2レースS級特別一般」柿澤大貴(長野県/岡谷工高出)が競輪G2史上初となる100万車券の高配当となる大波乱のレースを制した。レースは最終3コーナーで前走3名が激しい攻防を繰り広げ落車すると、前走1名の選手を最終ストレートで交わして1着でゴール!歴史に残るビックサプライズのレースとなった。ハイライト動画(9月19日) 〔結果〕大垣競輪二日目「第9レースA級チャレンジ選抜」前島恭平(長野県)は最終回を告げる鐘と共に切れ味鋭く前へ出るとそのまま約1周を逃切り快勝!今節初勝利を挙げた。ハイライト動画(9月18日) 《新型コロナ情報》長野県は直近1週間の人口10万人当たりの新規感染者数は0.29人とレベル2の基準(0.4 人)を下回っていることなどから、県内全域の感染警戒レベルを2から1に引き下げました。引き続きサイクリングの際は感染対策をお願い致します。詳しくはこちら(9月17日) 〔お知らせ〕今週末行われるJOCジュニアオリンピックのテクニカルガイドの改訂版が発行されています。選手・関係者はご確認下さい。詳しくはこちら(9月16日) 〔結果〕小田原競輪初日「第3レースA級予選」菊池岳仁(長野県/岡谷南出)が登場。この日も得意の「逃げ」を見せると後続を寄せ付けず快勝!準決勝へ進出を決めた。ハイライト動画(9月15日) 〔結果〕前橋競輪最終日「第3レースA特チャレンジ選抜」前島恭平(長野県)残り1周から前走5名を抜き去る強烈な「捲り」を見せての快勝で今節最終日を勝利で締め括った。ハイライト動画(9月13日) 〔結果〕松戸競輪二日目「5レースA級準決勝」連勝を狙う宮下一歩(長野県/地球環境高出)は残り2周から先頭へ出るとそのまま先頭を守り切って快勝!明日の決勝へ進出を決めた。ハイライト動画(9月12日)  〔結果〕前橋競輪二日目「第2レースA級チャレンジ一般」前島恭平(長野県)は、最終の鐘と共に出足鋭く先頭に立つとそのまま後続の追走を許さずの快勝!明日の今節最終日にも期待ハイライト動画(9月12日) 《お知らせ》先週行われた全日本学生個人ロードレース大会のリザルトが一部変更になっております。詳しくは こちら(9月10日) 《走行注意!》先般お伝えした浅間山の噴火活動警戒レベルが2に引き上げられました。軽井沢周辺をサイクリングされる方は十分にお気を付けください。詳しくは こちら(6月25日)

〔結果〕2020年MTBアジア選手権男女混合リレーで日本代表が優勝!山本・北林・松本の信州勢が活躍!

 

 本日2月1日に大会初日を迎えた今年のアジアNo1を決める

2020アジアMTB選手権」(タイ・チェンライ開催)

各国5名で編成されて行われる団体種目

《MTBクロスカントリー男女混合リレー》において

日本代表が優勝を果たした。長野県からは

 

・北林力 (Dream seeker MTB/白馬高出)

・松本一成(Team SCOTT JAPAN/諏訪実業)

・山本幸平(Dream seeker MTB/松本市)

 

が出場した。詳しくは下記の通り…

 

 

 

 

男女混合リレーリザルト

 

1位 日本代表     1時間29分05秒
2位 タイ代表     1時間33分37秒
3位 カザフスタン代表 1時間34分31秒
4位 イラン代表    1時間35分52秒
5位 マレーシア代表  -2LAP
6位 チャイニーズ台北 DNS

※日本代表(北林・今井・川口・松本一・山本 組)

 

 

《男女混合リレーの模様》

(参照元:Youtube/ThaiPBS)

 

 

 

男女混合リレーに出場した県関連選手達。

 

 

北林力(Dream seeker MTB/白馬高出)
1月の雪の日にたまたま会う機会があり、黙々とスキークロスカントリーで
練習をおこなっていた姿が印象的だった。「アジア戦、頑張ってきます!」と

力強く語ってくれた通り、第1走として活躍を見せてくれた。

 

松本一成(Team SCOTT JAPAN/諏訪実)
今年も長野県の高校MTBライダーの第一人者として
活躍が期待される松本。

 

今井美穂(CO2bicycle/群馬県前橋市立新田小教諭)
信州クロスや2 days 等の長野県大会ではお馴染みの女性ライダー。
今年はMTBでの東京五輪出場を目指す。

 

山本幸平(Dream seeker MTB/松本市)
日本MTBの絶対的エース、今年の東京五輪で
いよいよ自身のキャリアの集大成をみせる。

 

 

 

MTBについてですが

あいかわらずオープンにされている情報が

国内外問わず少なく

情報取得が困難な状況です。

とにかく、こうした状況の中で

今年も長野県のMTBライダーの活躍を

伝えて行ければと思います。

先ずはアジア戦…

頑張れニッポン!

 

 

 

関連LINK

大会公式ホームページ(英語)

アジア自転車競技連盟

日本自転車競技連盟

MTBリーグ

長野県自転車競技連盟