〔レポート〕「第32回全日本マウンテンバイク選手権大会 大会3日目」信州勢《女子》の結果と報告

《速報!》四日市競輪二日目「第4レースA級チャレンジ準決勝」昨日に続き連勝を狙う 宮下一歩(長野県/地球環境高出)が登場。最終回に後続に迫られるも追走を許さず今日も見事な逃げ切り勝ち!明日の決勝は三連勝で本シリーズ完全優勝を目指す。ハイライト動画(3月28日) 《ニュース》「第14回菜の花飯山ロードレース」と「RCS開幕戦飯山ラウンド」がコロナウイルス感染拡大防止のため無期限の延期決定(3月26日) 《ニュース》桜のアルプスあづみのセンチュリーライドがコロナウイルス感染拡大のため中止と決定(3月26日) 《ニュース》第9回全日本トライアル選手権in佐久大会がコロナウィルス感染拡大の影響により中止が決定(3月26日) 《サイトよりお知らせ》「コロナに関する各イベントの対応状況」を7月開催の大会までに拡大しております。詳しくはこちら(3月20日)(3月26日) 《ニュース》2020年ツアーオブジャパンはコロナウイルス感染拡大防止のため中止に…(3月25日) 

「第32回全日本MTB選手権大会 大会3日目」信州勢女子の結果と報告

 

 2019年のマウンテンバイクの日本王者を決める大会「第32回全日本マウンテンバイク選手権大会」は7月21日(日)、秋田県たざわ湖スキー場で大会最終日が行われた。午前のアドバンス・チャレンジの下部レースの後、午後は《クロスカントリーオリンピック》の男女各年代の決勝が行われ、長野県勢が日本王者ジャージを数多く奪還。今回は女子の各年代の結果とレポートをお知らせします。今大会での女子レースは《ユース》《ジュニア》《U-23》《エリート》《マスターズ》が同時発走の混走で行われました。詳しくは下記の通り…

 

 

 

大会三日目《女子》レポート

 

 

スタート前に首元を冷やすアトランタ五輪日本代表大ベテランの小林可奈子(MTBクラブ安曇野)

 

スタート前にゼッケンを付け直してもらう昨年のU-23女王の山田夕貴(松本大学)

 

昨年のシクロ全日本女王の松本璃奈(TEAM SCOTT/茅野高出)がU-23レース初挑戦

 

スタート後に高校生の小林あか里(MTBクラブ安曇野/松本蟻ケ崎高)が
エリートを含めて全体のトップを走り会場を驚かせる。

 

先行する小林あか里を捉える松本璃奈(TEAM SCOTT/茅野高出)二人の鍔迫り合いが始まる。

 

U-23日本女王の山田夕貴(松本大)は序盤から我慢のレースとなる。

 

田沢湖の壁を自転車を押してこなす6番加納(京都岩井商会レーシング)と
9番の早瀬(日本ろう自転車競技協会)の両選手。

 

レース中盤にかけて日本女王の今井美穂(CO2 bicycle)が一気に全体のトップにジャンプアップする。

 

周回数の少ないジュニアの部トップで小林あか里(MTBクラブ安曇野)がゴール
二年連続優勝を果たし2019年のジュニア日本女王を戴冠した。

 

小林はゴール後、暫く自力で立てずレースの過酷さを物語っていた。

 

娘のゴール後も淡々と自分のペースを刻みながら力走を続ける“母”小林可奈子(MTBクラブ安曇野)

 

レースは信州クロスでもお馴染みの今井美穂(CO2bicycle)が貫禄の全日本二連覇を達成した。

 

ゴール後に取材陣に囲まれながらも笑顔を見せる今井美穂(CO2bicycle

 

勝者の一方で連覇を果たせず無念の途中棄権となった山田夕貴(松本大)
誰の目にも触れることが無かったその涙が、必ず自身を強くし
来年また一回り強くなって帰って来てくれるものと信じたい。

 

U-23トップでゴールを迎えた松本璃奈(TEAM SCOTT/茅野高出)は
観客や迎えに出た家族とハイタッチでゴール!新U-23日本女王となった。

 

優勝の松本璃奈だったがゴール後に自身の走りに満足出来ず涙が止まらなかった
「練習して来たことが出せなかった」「応援してくれた皆に申し訳無い」と語った姿が印象的だった。

 

昨年は終始固い表情だった小林可奈子(MTBクラブ安曇野)だったが
今年はどこかやりきったような爽やかな表情でゴールとなった。

 

ゴール後に末政実緒(ヨツバサイクル)と涙・涙の抱擁となった。
ママさんアスリート同士の「背負って来たもの」や「想い」が溢れ出た。

 

全ては日本王者の証「日の丸ジャージ」の為に…
女子Jr.女王の小林あか里を待つ2019ナショナルチャンピョンジャージ。

 

全日本選手権Jrを連覇、2019年全日本ジュニアチャンピョンとなった
小林あか里(MTBクラブ安曇野/松本蟻ケ崎高)

 

昨年のシクロ日本女王に続き、今年のU-23マウンテンバイク日本女王を初戴冠の
松本璃奈(TEAM SCOTT/茅野高出)

 

今年は笑顔での3位表彰台となった小林可奈子(MTBクラブ安曇野:画像右)

 

 

 

 

大会三日目《女子》長野県勢の結果

決勝公式リザルト(PDF:大会公式HP)

 

クロスカントリー 女子ジュニア

1位 小林 あか里(MTBクラブ安曇野/松本蟻ケ崎高)

 

一時は全体のトップを力走した小林あか里(MTBクラブ安曇野)

 

 


 

 

クロスカントリー 女子U-23

1位 松本 璃奈(TEAM SCOTT/茅野高出)
2位 矢吹 優夏(B・B・Q)
3位 佐藤 寿美(drawer THE RACING)
5位 山田 夕貴(松本大学)

 

ゴール前でパフォーマンスを見せた松本璃奈(TEAM SCOTT/茅野高出)

 

 


 

 

クロスカントリー 女子エリート

1位 今井 美穂(CO2bicycle)
2位 末政 実緒(ヨツバサイクル)
3位 小林可奈子(MTBクラブ安曇野)

 

今年も大ベテランの小林可奈子(MTBクラブ安曇野)はその走りで圧倒的な存在感を示した。

 

 

 

以上が2019年の全日本選手権

女子のレポートでした。

全日本選手権にかける各選手の

直向な想いを強く感じる大会となりました。

今年の全日本で熱い戦いを見せてくれた

選手達はこれからアジア選手権を迎えます。

そして、来月8月10日・11日に

白馬国際大会で信州に凱旋します。

信州サイクリストの皆様には是非

来月の白馬で健闘をみせてくれた

選手達を会場で労ってあげて下さい。

長野県の女子MTB選手達は

本当に良く戦いました。

それを最後に書き残して

今年の女子レポートを終わります。

 

 

 

 

関連LINK

MTB全日本選手権公式HP

MTBリーグ

田沢湖スキー場(会場)

TEAM SCOTT JAPAN

MTBクラブ安曇野

長野県自転車競技連盟