〔レポート〕「第32回全日本マウンテンバイク選手権大会 大会3日目」信州勢の結果と報告《午前の部》

〔告知〕6月30日より【改正道路交通法】が施行され「自転車によるあおり運転」が処罰の対象となります!詳しくは こちら(6月29日)〔お知らせ〕松本市美鈴湖自転車競技場のナイター照明の補修・点検が終わり6月29日より通常営業再開。(6月29日) 《走行注意!》先般お伝えした浅間山の噴火活動警戒レベルが2に引き上げられました。軽井沢周辺をサイクリングされる方は十分にお気を付けください。詳しくは こちら(6月25日) 《結果》立川競輪最終日「第1レースA級一般」荒井春樹(長野県)は残り1周を告げる鐘と同時に先頭に立つと粘りの走りで逃切り今節最終戦を勝利で締めくくった。ハイライト動画(6月25日)  《結果》松阪競輪2日目「第2レースA級一般」等々力久就(長野県/岡谷工高出)は残り1周から各選手の駆け引きの中から一早く先頭に出るとそのまま力走をみせの粘り勝ち!今年4勝目を挙げた。ハイライト動画(6月25日) 《結果》西武園競輪最終日「第6レースA級チャレンジ選抜」前島恭平(長野県)は最終第2コーナーから一気に前走4名を抜き快勝!今節最終戦を白星で飾った。ハイライト動画(6月22日)《結果》西武園競輪初日「1レースA級チャレンジ予選」前島恭平(長野県)が登場。5月第4週目から毎週休み無く出走の厳しいスケージュールながらも、最終周回にスパートするとそのまま逃げ切り!明日の準決勝へ駒を進めた。ハイライト動画(6月20日) 《結果》いわき平競輪初日「4レースA級チャレンジ準決勝」前日快勝の宮下一歩(長野県/地球環境高出)は最終回の鐘と共に先頭に出ると今日も後続の追走を許さずおよそ2周を独走!二日間無傷で明日の決勝へ!ハイライト動画(6月5日)   

「第32回全日本MTB選手権大会 大会3日目」信州勢の結果と報告《午前の部》

 

 2019年のマウンテンバイクの日本王者を決める大会「第32回全日本マウンテンバイク選手権大会」は7月21日、秋田県たざわ湖スキー場で大会最終日が行われた。この日は《クロスカントリーオリンピック》の各年代決勝が行われ、長野県勢が活躍をみせた。詳しくは下記の通り…

 

 

 

大会三日目レポート

 

 

三日目は8時30分より下部の「アドバンスクラス」「チャレンジクラス」のレースから開始された。

 

アドバンスクラスで出走の橋本青空(MTBクラブ安曇野)が序盤から表彰台争いを繰り広げる。

 

登坂を軽快にこなす藤井芳範(Milepost BMC Racing :長野県)

 

男子アドバンスで3位表彰台に上がった橋本青空(MTBクラブ安曇野)

 

男子ジュニアは10時レース開始。スタートを待つ北林仁(Pro Ride:白馬村)

 

スタート同時に先頭に立つのは優勝を狙う松本一成(TEAM SCOTT/諏訪実業)

 

「田沢湖の壁」と銘打たれた急こう配を登る北林仁(Pro Ride:白馬村)

 

混走となったマスターズの沢田雄一(チームサイクルマインド:長野県)は敢えて下車で「壁」をこなす。

 

ジュニアの部で出走の杉山南(Pro Ride/長野県)も力走を見せる。

 

苦しみながらもゴールを目指すマスターズの藤本信和(チームサイクルマインド)

 

気温が上がりまさに熱闘となった男子ジュニアを松本一成(TEAM SCOTT/諏訪実)が制した。

 

男子マスターズ50歳以上の部で2位でフィニッシュの沢田雄一(チームサイクルマインド:長野県)

 

表彰式前に準備される男子ジュニアの日本チャンピョンジャージ

 

 

マスターズ50歳以上の部で2位表彰台に上がった沢田雄一(画像左:チームサイクルマインド/長野県)

 

2019年も松本一成(TEAM SCOTT/諏訪実)が長野県に1枚目の日本王者ジャージをもたらした。

 

 

 

大会三日目《午前の部》長野県勢の結果

決勝公式リザルト(PDF:大会公式HP)

 

クロスカントリー 男子アドバンス

1位 信田 淳一(ロードキッズTBR)
2位 太田 真 (Cyclone)
3位 橋本 青空(MTBクラブ安曇野)
26位 藤井 芳範(Milepost BMC Racing :長野県)

 

今大会初の表彰台を長野県にもたらした橋本青空(MTBクラブ安曇野)

 

 


 

 

クロスカントリー 男子マスターズ50歳以上の部

1位 塩見 学 (B・B・Q)
2位 澤田 雄一(チームサイクルマインド:長野県)
3位 澤田 泰征(VOLCAオードビーBOMA)
14位 藤井 芳範(チームサイクルマインド:長野県)

 

今大会初の銀メダルを長野県にもたらした澤田雄一(チームサイクルマインド:長野県)

 

 


 

クロスカントリー 男子ジュニア

1位 松本 一成(TEAM SCOTT/諏訪実業)
2位 山口 創平(ProRide)
3位 野澤 蓮 (TEAM BG8)
4位 北林 仁 (ProRide:白馬村)
8位 杉山 南 (ProRide:長野県登録)

 

昨年はユース、今年はジュニアと二年連続の日本王者となった松本一成(TEAM SCOTT/諏訪実)

 

 

 

アドバンスで橋本青空選手

マスターズで沢田選手が表彰台に上がり

ジュニアでは松本選手が優勝。

長野県にとってはこれ以上無い

三日目のスタートとなりました。

午後の部でも長野県勢の活躍を

お伝えします。

 

 

 

 

関連LINK

MTB全日本選手権公式HP

MTBリーグ

田沢湖スキー場(会場)

長野県自転車競技連盟