〔レポート〕「第32回全日本マウンテンバイク選手権大会 大会2日目」信州勢の結果と報告。

《速報》弥彦競輪最終日「第4レースA級チャレンジ選抜」に前島恭平(長野県)が登場。この日は残り1周回から単独で先行するとそのままゴールまで粘り切り、一昨日に続き今節2度目の1着となった。ハイライト動画(5月27日)《結果》弥彦競輪初日「第5レースA級チャレンジ予選」に前島恭平(長野県)が登場。前節同様に残り半周で2番手に付くと最終コーナーで後続の攻撃を見事に捌きつつ先頭の選手をゴール前で差し切って快勝!今節も活躍が期待される。ハイライト動画(5月25日)《結果》佐世保競輪2日目「第7レースA級チャレンジ準決勝」に前島恭平(長野県)が登場。残り半周で2番手に付くと後方の攻めをかわしながら最終ストレートで先頭の選手を捉え見事な勝利をおさめた。ハイライト動画(5月18日) 

「第32回全日本MTB選手権大会 大会2日目」信州勢の結果と報告。

 

 2019年のマウンテンバイクの日本王者を決める大会「第32回全日本マウンテンバイク選手権大会」が本日7月20日、秋田県たざわ湖スキー場で大会2日目が行われた。この日は《ダウンヒル競技》と《エリミネーター競技》の決勝が行われ、昨日とは対照的な晴天に恵まれ各年代の2019年日本チャンピョンが決定した詳しくは下記の通り。

 

 

 

大会二日目レポート

 

 

早朝から天気に恵まれた田沢湖と田沢湖のシンボル「辰子像」

 

上原元樹(BIKERANCH/takebow-tune Bikeworks:長野県)がバイクをスタッフに預け山頂へ向かう。

 

昨日は霧で文字通り「五里霧中」だったダウンヒルのスタート視点から田沢湖を望む。

 

この日、一本目の試走を開始する上原元樹(BIKERANCH/takebow-tune Bikeworks:長野県)

 

ゴール前で華麗にジャンプを決める丸山弘起(HM2 Racing / hubge Japan:長野県登録)

 

水しぶきを上げながら力走する上原元樹(BIKERANCH/takebow-tune Bikeworks:長野県)

 

いよいよ予選が開始され各世代で上位10名~30名程度が決勝に進出する
上原元樹選手(長野県)が試走サポート・サスペンションセッティングを行う

女子ユース優勝の中島 瞳(Limited Team 846)が予選に臨む。

 

病気で出場出来ないチームメイトの想いも背負って…
女子エリートで見事優勝を果たした岩崎美智恵(TRIPCYCLE GLOBAL RACING)

 

予選で県勢最初に出走した丸山弘起(HM2 Racing / hubge Japan:長野県登録)8位で決勝進出。

 

県勢二番手で出走した小山航(PEAK/TIOGA:長野県)は予選13位で決勝進出。

 

上原元樹(BIKERANCH/takebow-tune Bikeworks:長野県)は
力走を見せるも予選41位で上位30名には残れず予選敗退。

 

決勝では昨年王者の井本はじめ(SRAM/Santacruz)が豪快なジャンプを見せる。

 

信州勢でも丸山弘起(HM2 Racing / hubge Japan:長野県登録)が豪快なジャンプを見せ9位と大健闘。

 

決勝でも集中力の高い走りをみせた小山航(PEAK/TIOGA:長野県)は15位でフィニッシュ。

 

僅差で今年の男子エリート優勝を果たした清水 一輝(DELIGHTED JAPAN)

 

マスターズ40歳以上の部で優勝の望月克彦(MARSH/BodyArchitect)

 

50歳以上の部で優勝の若林正幸(風魔吉祥寺)

 

60歳以上の部優勝の山元春雄(FRS)

 

女子ユース優勝の中島瞳(Limited Team 846)は
全日本ロード・富士見国際と連戦の疲れを見せず優勝。

 

女子エリート優勝の岩崎美智恵(TRIPCYCLE GLOBAL RACING)の
病気で長期戦線離脱しているチームメイトに対するスピーチは
その場にいた多くの観衆の心をつかんだ。

 

最後に2019年各年代のダウンヒル日本王者が記者団のリクエストに応えフォトセッションを行った。

 

 

午後は昨年からの新種目「MTBエリミネーター」が行われた。
長野県からは戸谷選手(京都岩井商会レーシング)が
エントリーしていたが急遽出場を取りやめたため
長野県勢は不参加となった。

 

男女共に激戦となったエリミネーターの男子優勝は
昨日のEバイクに続いて竹ノ内悠(TOYO FRAME)
女子の優勝は川崎路子(PAXPROJECT)が優勝した。

 

 

大会二日目長野県勢の結果

 

ダウンヒル男子エリート

1位 清水 一輝(DELIGHTED JAPAN)
2位 秋元 拓海(KONA RACING TEAM)
3位 井出川直樹(KONA RACING TEAM)
9位 丸山 弘起(HM2 Racing / hubge Japan:長野県登録)
15位 小山 航 (PEAK/TIOGA:長野県)
41位 上原 元樹(BIKERANCH/takebow-tune Bikeworks/長野県)

決勝公式リザルト(PDF:大会公式HP)

 

二日間、豪快な走りをみせ9位という好成績で大会を終えた丸山弘起(HM2 Racing / hubge Japan:長野県登録)

 

 

 

大会3日目の予定

 

 

7 月 21 日(日)
07:00−7:30 ライセンス・コントロール 、ナンバー配布
07:30−8:15  クロスカントリ・オフィシャルトレーニング
08:30−   クロスカントリー・ファイナル
08:30−    チャレンジ、アドバンス
10:00−   ユース、ジュニア、マスターズ
12:00−   女子エリート、男子エリート、U23、マスターズ、ジュニア、ユース
14:00-    キッズレース(エキシビジョン)
14:30-    男子エリート、男子エリート、U23
表彰式は統合等を行う。各競技終了後実施(天候などにより変更されますなどに従い下記のカテゴリで実施する。より変更されます変更されますされます)

 

 

 

 

明日のHP更新について

 

 明日のHP更新についてですが、今大会のプレスセンターは

Wi-fiのシステムがありません。その上で…

現在どうやって信州に帰るか決めかねている状況です。

仮に秋田から新潟までフェリーを使って帰る場合は

日曜日の結果をそのままお伝えすることが出来ますが

明日そのまま車で信州に帰る場合、クロスカントリーの

結果を更新するのが月曜日もしくは火曜日になることを

ご了承下さい。楽しみにして頂いている皆様には

大変申し訳ありませんがどうぞ宜しくお願い申し上げます。

 

 

泣いても笑っても明日が最終日。

長野県勢注目の

《クロスカントリーオリンピック》

行われます。

来年の東京五輪を見据えても

非常に重要なレースとなります。

県サイクリストの皆様には

信州の選手達に大きなご声援を

お願い申し上げます。

 

 

 

関連LINK

MTB全日本選手権公式HP

MTBリーグ

田沢湖スキー場(会場)

長野県自転車競技連盟