〔告知〕日本学生自転車競技連盟主催「2021年長野県内開催レース」スケジュール暫定発表。

《速報》「JCL第6戦山口ながとクリテリウム」2017年シクロクロス全日本王者の小坂光(宇都宮ブリッツェン‐佐久長聖高出)が国内ロードレース主要大会で初優勝!(9月11日) 〔結果〕トライアル世界一を決める「世界選手権トライアル」で土屋凌我(岩村田高出)が自身最高となる8位入賞の快挙!(9月5日) 〔結果〕弥彦競輪A級チャレンジ戦でルーキーの堀江省吾(屋代高‐信大出)が三連勝を果たしA級チャレンジ完全優勝を果たした。(8月31日) 〔結果〕2021年のMTB世界一を決める「世界選手権MTB」男子U-23クロスカントリーで北林力(白馬高出)が71位、女子U-23クロスカントリーで小林あか里(信州大)が40位完走を果たした(8月28日) 〔結果〕若手ロードレーサーの登竜門「Tour de L'Avenir」U-23日本代表として出場した小出樹(松本工高出)は総合73位で日本人唯一の完走を果たした(8月22日)

〔告知〕日本学生自転車競技連盟主催「2021年の長野県内開催レース」。

 

 大学自転車競技を主催する日本学生自転車競技連盟(学連)が、2021年長野県内で開催予定のレースカレンダーを暫定発表した。1月現在のところ、県内で開催予定のレースはロードレース・トラックレースを合わせて6大会がラインナップ。恒例の「菜の花飯山ロードレース」や「JICFインターナショナルトラックカップ」もラインナップされた。インカレに関しては後日発表となるが、今年もトラック競技に関しては長野県で開催される可能性も高い。

詳しくは以下の通り…

※なお、一般参加可能なオープンレース・イベントに関しましては
 発表があり次第お知らせいたします。

 

 

 

2021年学連レースカレンダー《暫定》

 

 

 

日時 大会名 開催地
4月17日㈯・18日㈰ RCS開幕戦 第14回菜の花飯山ロード 飯山市
5月3日(祝)・4日(祝) TRS開幕戦 松本ラウンド 松本市
6月12日㈯・13日㈰ 全日本学生選手権個人ロード 開催地の希望により非公開
7月3日㈯・4日㈰ JICF INTERNATIONAL TRACK CUP 松本市
7月17日㈯・18日㈰ 第15回白馬クリテリウムラウンド 白馬村
8月中旬《予定》 第76回インカレ ロード/トラック《調整中》 松本市ほか
10月30日㈯・31日㈰ RCS第4戦 霊峰おんたけロード 王滝村

RCS(ロードレースカップシリーズ)TRC(トラックレースカップシリーズ)

 

 

 

2021年注目長野県選手

 

2021年度の学年(予定)で掲載いたします。
各選手の単位履修状況により学年が変わる場合がございます。

 

小出樹(京都産業大4年:松本工高出)
長野県中長距離のエースとして、2019年のインカレ・国体で準優勝
昨年はU-23の日本代表としても活躍した、いよいよ最終学年となる今年
インカレ優勝が大きな目標となる。

 

佐藤大志(明星大学4年:下諏訪向陽高出)
弟の宇志と共に明星大学をけん引する。2019年は日本大学選抜としてプレ五輪に出場
2020年からは那須ブラーゼンに入団して実業団レースでも安定した成績を残した。
今年のインカレロードでは明星大学悲願の初優勝の鍵を握る。

 

佐藤宇志(明星大学4年:下諏訪向陽高出)
兄の大志と共に昨年は那須ブラーゼンに入団し実業団でも存在感を示した。
今年のインカレロードでは明星大学の主軸として表彰台が期待される。

 

橋本嶺登(長野大学4年:中野立志舘出)
ロード・MTB・シクロ・トラック競技の各種目で活躍するマルチサイクリスト
最終学年を迎え、高校での指導者を目指し教員免許取得を目指す。
大学で最後のシーズン更なる活躍が期待がかかる。

 

阿部祐介(信州大学4年:三重県出身)
信州大学のエーススプリンター、信大のムードメーカーとして
大学最後のシーズンに臨む、信大トラック班の復活をアピールしたい。

 

中村吉伸(日本大学4年:松本工高出)
トラック・ロード両種目をこなすオールラウンダー
2019年は長野県代表として中部8県対抗選手権スクラッチで優勝。
最終学年となる今年もその活躍が期待される。

 

大日方将人(大阪大学3年:県長野高出)
一昨年の秋に大学2部へ昇格、昨年はインカレ代替大会(ロード)にも出場
今年は1部進出と、二年連続のインカレ出場が期待される。

 

寺澤アンドリュウ(八戸学院大3年:上田西高出)
2020年はベルギー籍の「ユーラシアIRC」へ新加入。コロナの影響で
海外での活動は制限されたものの、その間に参戦したEレースでブレイク!
2020年の全日本学生選手権E-レース自身初の大学日本一のタイトルを手にした。

 

山田拓海(早稲田大2年:飯田風越高出)
2019年の全日本ロードTTジュニア王者として、U-23日本代表として
期待された大学1年目、コロナで不遇のシーズンとなった。
それでも初出場となったインカレ代替大会等では確かな存在感をみせた。

 

青島冬弥(明星大学2年:飯田風越高出)
大学デビュー戦となる2020年全日本学生選手権個人ロード予選で
いきなり入賞を果たし2部昇格を果たすと、インカレ代替大会にも初出場
佐藤兄弟と共に2021年明星大学躍進の鍵を握る。

 

畑山駿一(新潟食農大学2年:上田千曲高出)
自転車競技強化を目指す新潟食糧農業大学の新戦力として期待されたが
コロナの影響でなかなか自力をアピールすることが出来ないルーキーイヤーとなった。
今年は先ずは2部へ昇格してインカレロード初出場を狙う。

 

小林あか里(信州大学2年:松本蟻ケ崎高出)
2019年・2020年とMTBで全日本タイトルを獲得。
引き続きMTBを主戦場として行く中で
どこまでロード・トラック競技を行うか?にもよるが
21年シーズンは信大唯一の女性選手として活躍が期待される。

 

今年は、長野県内での学連主催レースが

6戦ラインナップされました。

2021年は小出選手・佐藤兄弟などが

4年生になりいよいよインカレ優勝を狙います。

特にロードレースは過去数年の中では

非常に強力なタレントを抱える長野県。

ぜひお近くで開催の際は、現地で

選手に大きなご声援をお願い致します。

 

関連LINK

日本学生自転車競技連盟

長野県自転車競技連盟