〔頑張れ信州!〕「2020全日本学生トラック自転車競技大会」長野県関連出場選手紹介。

〔ニュース〕女子競輪の年度最高峰タイトル「ガールズグランプリ2020」の予選A組に黒河内由実(長野清泉女学院出)がラインナップ!年末開催のグランプリへ出場権獲得を目指す!予選となるトライアルは、11月18日より小倉競輪場にて開催される。(9月24日) 〔結果〕西武園競輪二日目「第5レースA級特別一般」荒井春樹(長野県)は、最終の鐘と同時に先頭に出るとそのまま独走で快勝!ハイライト動画(9月21日)〔結果〕伊東競輪2日目「第2レースS級特別一般」柿澤大貴(長野県/岡谷工高出)が競輪G2史上初となる100万車券の高配当となる大波乱のレースを制した。レースは最終3コーナーで前走3名が激しい攻防を繰り広げ落車すると、前走1名の選手を最終ストレートで交わして1着でゴール!歴史に残るビックサプライズのレースとなった。ハイライト動画(9月19日) 〔結果〕大垣競輪二日目「第9レースA級チャレンジ選抜」前島恭平(長野県)は最終回を告げる鐘と共に切れ味鋭く前へ出るとそのまま約1周を逃切り快勝!今節初勝利を挙げた。ハイライト動画(9月18日) 《新型コロナ情報》長野県は直近1週間の人口10万人当たりの新規感染者数は0.29人とレベル2の基準(0.4 人)を下回っていることなどから、県内全域の感染警戒レベルを2から1に引き下げました。引き続きサイクリングの際は感染対策をお願い致します。詳しくはこちら(9月17日) 〔お知らせ〕今週末行われるJOCジュニアオリンピックのテクニカルガイドの改訂版が発行されています。選手・関係者はご確認下さい。詳しくはこちら(9月16日) 〔結果〕小田原競輪初日「第3レースA級予選」菊池岳仁(長野県/岡谷南出)が登場。この日も得意の「逃げ」を見せると後続を寄せ付けず快勝!準決勝へ進出を決めた。ハイライト動画(9月15日) 〔結果〕前橋競輪最終日「第3レースA特チャレンジ選抜」前島恭平(長野県)残り1周から前走5名を抜き去る強烈な「捲り」を見せての快勝で今節最終日を勝利で締め括った。ハイライト動画(9月13日) 〔結果〕松戸競輪二日目「5レースA級準決勝」連勝を狙う宮下一歩(長野県/地球環境高出)は残り2周から先頭へ出るとそのまま先頭を守り切って快勝!明日の決勝へ進出を決めた。ハイライト動画(9月12日)   《お知らせ》先週行われた全日本学生個人ロードレース大会のリザルトが一部変更になっております。詳しくは こちら(9月10日) 《走行注意!》先般お伝えした浅間山の噴火活動警戒レベルが2に引き上げられました。軽井沢周辺をサイクリングされる方は十分にお気を付けください。詳しくは こちら(6月25日)

「2020全日本学生トラック自転車競技大会」長野県関連出場選手紹介。

 

 本年、突如として勃発したコロナ禍の中で

ようやく先週、全日本学生個人ロードレースを行い

開幕した今年の大学自転車界は、今週福島県で

トラック競技「2020全日本学生トラック自転車競技大会」を開幕させる。

長野県関連選手は7名がエントリーをした。

詳しくは以下の通り…

 

※信州大学につきましては、既に県内の報道でもあるとおり
 先々週に起こった県内各キャンパスでの集団感染もあり
 現在、課外活動に制限が出ている状況です。

※また国内各大学につきましても、同様に各校により
 状況が異なりますので、出場選手に関しましては
 一部変更になる可能性もございますのでご了承下さい。

 

 

長野県関連出場選手

 

クリックすると大きくなります。

 

 

長野県関連出場選手

氏名 大学名 学年 出身校
中村 吉伸 日本大学 3年 松本工業高校
佐藤宇志 明星大学 3年 下諏訪向陽高校
青島冬弥 明星大学 1年 飯田風越高校
山田拓海 早稲田大学 1年 飯田風越高校
阿部祐介 信州大学 3年  
秋山智弘 信州大学 3年  
小出樹 京都産業大学 3年 松本工業高校

全出場予定選手エントリーリスト(PDF:学連公式)

 

 

〔注目選手〕

中村 吉伸
(日本大学/松本工業出)

2017年松本工業北信越準優勝時のメンバーで、同年の北信越高校ロードチャンピョン。
昨年の国体は長野県代表としてロードでも活躍した他、
中部8県対抗戦ではトラック競技のスクラッチ種目でも優勝した。
短・長距離どちらもこなすオールラウンダー。
〔出場予定種目:スクラッチレース〕

 

 

 


 

 

 

佐藤 宇志
(明星大学/下諏訪向陽出)

今や大学自転車界で確かな強豪として存在感を見せる明星大学の主力として活躍中。
昨年の白馬クリテリウムで優勝して大学1部に昇格すると、インカレロードでも5位。
今年は大学生ながら、実業団「那須ブラーゼン」に入団して活躍中
ロードでは長野県のトップ選手でありながら、今回はトラックのポイントレースに出場
どんな走りを見せるか期待がもたれる。
〔出場予定種目:ポイントレース〕

 

 

 


 

 

 

青島 冬弥
(明星大学/飯田風越高校出)

昨年まで、飯田風越高校で山田拓海と共に長野県高校自転車界の顔として活躍
先週の個人ロード予選でいきなり2部昇格を果たした。今後も明星大と
長野県代表の主力としての活躍が期待される。
〔出場予定種目:スクラッチ〕

 

 

 


 

 

山田 拓海
(早稲田大学/飯田風越高校出)

昨年の長野県高校自転車界のエースとして、春の選抜・インカレで表彰台
全日本選手権ジュニアタイムトライアルでは念願の日本ジュニア王者に。
高校日本代表としてアジア戦・世界戦にも出場した。
先週の個人ロードで大学デビュー、要所で存在感をみせた。
〔出場予定種目:ポイントレース・マディソン〕

 

 

 


 

 

小出 樹
(京都産業大学/松本工業出)

昨年はこの大会3位・インカレ準優勝・国体準優勝と名実共に長野県中長距離のエース。
秋にはU-23日本代表としてジャパンカップに出場すると、今年は初頭から欧州遠征にも選ばれた。
今大会ももちろん目指すは表彰台の真ん中へ…
〔出場予定種目:ポイントレース・マディソン〕

 

 

 

 

レース展望

 

 先週同様、今年のコロナ禍において初のトラック競技の開催となるため、実践から離れてしまった選手達の「レース勘」が勝敗だけでなく、レースの安全運営においても一つの大きな鍵となる。特に競争系のバンチレース(複数人で競争する今大会はポイントレース・マディソン・スクラッチ)においては選手同士の距離が近いために接触や落車に留意したい。

その、ポイントレースでは、昨年開催された国体のこの種目で準優勝を果たした小出樹(京産大/松本工)が表彰台を狙う他、注目は今年から那須ブラーゼンで活躍する佐藤宇志(明星大/下諏訪向陽)、大学トラックデビュー戦となる昨年の高校日本代表の山田拓海(早大/飯田風越出)と云った注目のメンバーが出場。高い能力を持つ3選手が全国の強豪に対して現状でどの程度戦えるのか?注目が集まる。

「トラック競技のロードレース」スクラッチには、昨年の中部8県対抗戦で優勝した中村吉伸(日大/松本工)が出場する。中部8県では圧勝だった中村選手が現状でどの程度走れるのか?そして、先週の学生個人ロードでデビュー戦いきなり2部へ昇格した青島冬弥(明星大/飯田風越)もエントリー。両選手がどんなレースを見せるか注目が集まる。

また、今大会ではマディソンも行われる。1チーム2名で出場しリレー形式で行わるレースに、小出樹(京産大Bチーム/松本工)山田拓海(早大Bチーム/飯田風越)がエントリーしている。小出・山田共にマディソンの選手では無いが、このレースは非常に接触や落車が多いためにこの初戦では先ずは怪我無くこのレースを終えることを期待したい。

 

昨年のいばらき国体ポイントレースで準優勝の小出樹(京産大/松本工業)

 

 

 

 

今週はいよいよ大学自転車

トラック競技が開幕します。

県勢では、トラック専門選手として

中村吉伸に期待がかかります。

また、昨年国体で準優勝の

小出選手も出場しますが

とにかく、今年最初のレースと云うことで

各選手ケガ無く開幕戦を終えることを

先ずは何よりも望むところです。

県サイクリストの皆様にも

是非、県大学選手に温かいご声援の程

宜しくお願い致します。

 

 

 

関連LINK

日本学生自転車競技連盟

泉崎国際サイクルスタジアム



 

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ツウになる! トラックの教本【電子書籍】[ 広田民郎 ]
価格:1881円 (2020/9/9時点)

楽天で購入