《重要なお知らせ》「第9回全日本トライアル選手権大会 in 佐久大会」の中止が決定。

《速報》「JCL第6戦山口ながとクリテリウム」2017年シクロクロス全日本王者の小坂光(宇都宮ブリッツェン‐佐久長聖高出)が国内ロードレース主要大会で初優勝!(9月11日) 〔結果〕トライアル世界一を決める「世界選手権トライアル」で土屋凌我(岩村田高出)が自身最高となる8位入賞の快挙!(9月5日) 〔結果〕弥彦競輪A級チャレンジ戦でルーキーの堀江省吾(屋代高‐信大出)が三連勝を果たしA級チャレンジ完全優勝を果たした。(8月31日) 〔結果〕2021年のMTB世界一を決める「世界選手権MTB」男子U-23クロスカントリーで北林力(白馬高出)が71位、女子U-23クロスカントリーで小林あか里(信州大)が40位完走を果たした(8月28日) 〔結果〕若手ロードレーサーの登竜門「Tour de L'Avenir」U-23日本代表として出場した小出樹(松本工高出)は総合73位で日本人唯一の完走を果たした(8月22日)

第9回全日本トライアル選手権大会in佐久大会の中止が決定。

 

 非常に残念なニュースが入ってきました。

2020年5月2日・3日の両日、佐久ミレニアムパークで

開催予定だったトライアル競技の全日本選手権

「2020年 第9回全日本トライアル選手権」が

新型コロナウイルスの流行に伴う情勢を鑑み中止となりました。

詳しくは下記の通り…

 

 

 

第9回全日本トライアル選手権大会中止のお知らせ

 

 2020年5月2日・3日の開催を予定しておりました「第9回全日本トライアル選手権大会」につきまして、新型コロナウイルス感染症の流行に伴う情勢を鑑み、中止させていただくことを決定しました。 参加人数が比較的少ない屋外の競技大会であること等から、感染予防策の検討も含め開催に向けた事前準備も行って参りましたが、国内選手権大会という競技クラスに位置づけられているため、選手やスタッフに参加検討を強いることになりかねないことも懸念され、誠に残念ながら今回の決定となりました。 大会に向けて準備をされてきた選手や関係者の皆様には、ご迷惑をお掛けすることになりますが、感染の収束を最優先に考え、このような判断とさせていただくことにしました。何卒、ご理解いただけますよう、どうぞよろしくお願いいたします。

≪参考≫
新型コロナウイルス感染症対策専門家会議
「新型コロナウイルス感染症対策の状況分析・提言」(2020年3月19日)
https://www.mhlw.go.jp/content/10900000/000610566.pdf

スポーツ庁政策課 事務連絡
「各種スポーツイベントの開催に関する考え方について」(2020年3月20日)
https://www.mext.go.jp/content/20200320-mxt_kouhou01-000004520_2.pdf

 

 

JCF公式ホームページより引用

 

 

 

五輪・TOJに続いて

サイクルトライアルの全日本選手権も

中止となってしまいました。

昨年、地元の土屋選手が全日本王者となり

今年も全日本連覇が期待されていただけに

とても残念な発表となってしまいました。

信州サイクリストの皆様には

引き続き、トライアル競技へも

温かいご支援のほどよろしくお願い申し上げます。

 

 

 

関連LINK

日本自転車競技連盟

日本自転車トライアル協会