〔お知らせ〕春のセンバツ「第43回 春の全国高等学校選抜自転車競技大会」の中止が決定。

《速報!》弥彦競輪初日「第5レースA級チャレンジ予選」に前島恭平(長野県)が登場。前節同様に残り半周で2番手に付くと最終コーナーで後続の攻撃を見事に捌きつつ先頭の選手をゴール前で差し切って快勝!今節も活躍が期待される。ハイライト動画(5月25日)《結果》佐世保競輪2日目「第7レースA級チャレンジ準決勝」に前島恭平(長野県)が登場。残り半周で2番手に付くと後方の攻めをかわしながら最終ストレートで先頭の選手を捉え見事な勝利をおさめた。ハイライト動画(5月18日) 《結果》川崎競輪初日「第10レースS級予選」に柿澤大貴(長野県/岡谷工高出)が登場。残り半周で後方から一気に前方へ出るとゴール前で先頭を差し切って見事な勝利!3連単は108番人気の44,590円の高配当となった。ハイライト動画(5月18日)

〔お知らせ〕春のセンバツ「第43回 春の全国高等学校選抜自転車競技大会」の中止が決定。

 

 既に、トップページの速報でお伝えしているとおり

3月16日に九州(福岡・熊本)で開催予定だった

高校自転車の春のセンバツ大会である

第43回 全国高等学校選抜自転車競技大会」が

折からのコロナウィルス感染拡大の影響で中止となった。

春の選抜全競技中止に関するお知らせ(PDF:全国高体連自転車専門部)

 

 

長野県高校自転車界への影響

 

長野県からは、先に発表された女子の部で

表彰台が期待される

大蔵こころ(松山城南高1年/赤穂中学出)の他

公式発表はされなかったものの、

例年通りの規定で行けば

ロードレース・トラック競技の各種目で

 

 ・松本深志高校

 ・松本工業高校

 ・松商学園

 

の三校が選抜される予定だった。

 

春の選抜予選・長野大会

 

 

高校生にとって、センバツ出場のチャンスは

1年・2年終了時の2回しか無く、

今回の中止は非常に残念ではあるが

世界的な流行を見せるコロナウイルスの蔓延を考慮すると

残念ながら中止は止むを得ない。

その上で、高校生達には既に発表されている

インターハイ長野予選に向けて

困難な状況の中でも、体調に留意しながら

気持ちを切り替えて引き続き研鑽に努めて欲しい。

 

県サイクリストの皆様にも、引き続き

信州高校生の活躍に温かいご支援と

ご声援のほどを宜しくお願い申し上げます。

 

 

 

今後の長野県高校自転車日程

 

 

2020年長野県高校自転車大会日程

5月17日 長野県高校総体 ロードレース 木島平村
5月30日-31日 長野県高校総体 トラック競技 松本市美鈴湖自転車競技場
10月25日(予定) 長野県高校総体新人戦 トラック競技 松本市美鈴湖自転車競技場
11月1日 (予定) 長野県高校総体新人戦 ロードレース 生坂村(予定)

 

主要県外大会

6月12日~14日 北信越高校総体《インターハイ最終予選》  
8月月21日-24日 全国高等学校総合体育大会2020 富山県・福井県

 

 

 

中止の決定と云うことで

非常に残念な気持ちです。

しかしながら、ここ数日

このサイトで報じているとおり

こうした前例の無い

新型ウイルスの世界的な広がりを

見ている限り、この決定は

止む無しと感じています。

高校生選手の気持ちを考えると

本当に辛いものがありますが

夏へ向けて!気持ちを切り替えて

頑張って欲しいと思います。

 

 

 

関連LINK

全国高体連自転車競技専門部

長野県高体連

長野県自転車競技連盟