〔頑張れ信州!〕春のセンバツに挑む! 長野県代表校紹介 その3「飯田風越高校」

《速報》立川競輪は、本日がシリーズ最終日『第5レースL級ガールズ競輪一般』長野清泉女学院出身の黒河内由実(110期/長野県)が、残り半周からのロングスパート!粘りの走りで今年初勝利!!ハイライト動画(2月19日) 《お知らせ》昨日お伝えした『JOCジュニアオリンピック・トラック競技』の日程ですが、変更になる可能性がございますので再度の発表をお待ちください。(2月18日)  《ニュース》ギリシャで行われたMTBの4日間レース『Salamina Epic MTB Cup』が終了。Dream seeker MTB Racing Team の山本幸平(松本市)は総合8位、北林力(白馬高出)は総合10位で全日程を終える。〔2月15日〕  《お知らせ》中高生の選手・保護者の皆さんにお知らせです。今年のロードレースの全日本選手権予選に当たる「第45回チャレンジサイクルロードレース」のエントリーが開始されています!希望者はお早めに!!詳しくはこちら

春のセンバツに挑む! 長野県代表「飯田風越高校」

 

3月21日(木)から24日(日)まで北九州市(トラック競技)と熊本県五木村(ロードレース)で第42回全国高等学校選抜自転車競技大会が行われる。この大会は高校野球同様、昨秋各地域で行われた新人戦での成績を参考に全国から選手の選抜が行われ、長野県からは「松本工業」「飯田風越」「伊那北」の3校6名の選手が選抜された。

全国高体連自転車専門部は2月18日に全種目の出場校と登録選手を発表。サイクリング長野ドットコムでは、今年もセンバツに出場する県代表校並び登録選手を特集。第三回目は昨秋の長野県王者「飯田風越高校」を紹介する。

 

 

飯田風越高校自転車同好会

 

 現在の長野県高校自転車界最強の飯田風越高校。

男子ロードでは、風越2年生トリオを擁して

一昨年の秋から長野県大会3季連続優勝中。

現在部員は5名で、意外なことに学校の規定で同好会の扱いだが

今年も長野県内では最も全国に近いチームの呼び声高い。

 

メンバーも、日本代表ジュニア強化選手の山田拓海

長野県代表の青島冬弥、昨年のインハイ・選抜代表の木下峻

高校女子長野県代表の榊山来実と、2年生全員が

昨年の長野県代表として県高校自転車界を牽引した。

 

今年は新加入の1年生柴田も加え、団体戦でも

インターハイ出場を狙う。

 

 

昨年の福井国体で長野県女子高校代表として活躍した榊山来実(2年生)
センバツは不出場ながらも今年も活躍が期待される。

 

 

出場予定・予備登録選手紹介

 

 今年のセンバツは2年連続出場となる

青島冬弥(2年)山田拓海(2年)がエントリー。

木下峻(2年)がバックアップメンバーとして予備登録された。

 

先ず注目は、3km個人追抜きとロードレース出場予定の山田拓海

JCFジュニアの強化選手であり、出場する3km個人追抜きは

2018年に行われた全ての高校自転車競技大会の中で6位となる

3 分33秒 148を(美鈴湖自転車競技場)記録した。

最上級生となる今年は、全国での入賞が期待される。

 

昨秋の「ロードレース長野県高校チャンピョン」の

青島冬弥は、トラックの1kmタイムトライアルでも

県準優勝を果たし、この冬を越えてどれだけ成長したか?

アピールする舞台となる。

 

バックアップメンバーは木下峻(2年生)

昨年のセンバツ・インターハイに長野県代表として

出場しており経験は充分。夏を見据えて期待される選手の一人。

 

今年も飯田風越2年生トリオの活躍が注目される
〔昨年のインターハイ長野予選より〕

 

春のセンバツ大会メンバー(PDF:高体連自転車公式HP)

 

 

飯田風越 出場予定スケジュール

 

大会初日 3月21日(木)

会場:北九州メディアドーム

 

男子3km個人追抜き《予選》 14:45~
山田 拓海 出場予定

全30名〔15組〕出場
上位4名が順位決定戦へ

 

【レース展望】

 予選のタイム上位4名のみが順位決定戦へ進むことが出来るという

非常に厳しい戦いとなる。しかしながら、山田は昨年の2018年の

全国ランキングで6位。これは2年生の中では全国トップの順位となる。

昨年の予選通過タイム3分39秒747。

 

33秒台を記録した山田には充分に予選通過のチャンスはある。

予選では、いかに自信を持って淡々と自分の設定した

ラップを刻めるか?自分自身との戦いとなる。

苦しい時に「もう一歩踏み出す」そんな気力と勇気ある走りを期待したい。

 


 

大会二日目 3月22日(金)

会場:北九州メディアドーム

 

男子1kmタイムトライアル決勝 11:10~
青島 冬弥 出場予定


全16組〔31名〕

 

【レース展望】

 1kmタイムトライアルは、昨夏のインターハイと国体と

岡谷南の菊池岳仁が連続入賞を果たし、青島もこれに続きたい。

青島の昨秋のタイムは「1分08秒697」

会場・条件は異なるが昨年のセンバツの決勝タイム

入賞ラインが1分10秒0803位表彰台が1分08秒017となる

このタイムを見る限り、青島も入賞・表彰台が見えて来る。

恐らく青島もこの数字を意識していると思うが、その上で

大会までにどういう準備ををして、どう戦術をたてるか?

非常にクレバーな走りをする青島だけに、事前での取り組みと

アプローチにも注目したい。

 


 

大会四日目 3月24日(日)

会場:熊本県 「道の駅 子守唄の里五木」周辺

 

男子ロードレース79.6km 11:30~
青島 冬弥/山田 拓海 出場予定


全156名出走

 

【レース展望】

 長野県からは、他に鈴木来人(伊那北)も出場する。

その鈴木選手の紹介の際に少し触れたが

コースは川沿いのコースを走る79.6kmのコースで

前半と後半でコースプロファイルが変わる。

山田選手は昨年の春のセンバツでは1年生の中では

最上位でゴール。国体・都道府県でも全国レベルで

通用することは既に証明済みだ。

 

今大会も恐らく、中盤から終盤にかけて勝負どころが

やってくるものと思われる。風越の2人の特徴として

地足が強いこともあるが、レースマネージメントが

非常に上手く、状況に適応する力もある。

いかに勝負所を見逃さず、迷わず動けるか?

その判断力と決断力に注目したい。

 

春のセンバツ大会スケジュール(PDF:高体連自転車公式HP)

春のセンバツロードレースMap(PDF:高体連自転車公式HP)

 

 

センバツ予選〔秋季長野県新人戦〕

 

《秋の新人戦の関連記事》

 

 

サイクリング長野より

 

 飯田風越の皆さん、春の選抜大会出場おめでとうございます。今年は主力が最上級生となり、いよいよ結果を残して行く時期となります。昨年は「勝っても・負けても通過点、失うものは無い」と声をかけましたが、今年は全てが高校生活最後の大会となります。ここ数年の風越を見て来て今が充実の時を迎えています。全てのレースで悔いなく、自信を持って今シーズンを過ごして下さい。そのジャージは現長野県王者の証です。誇りを持ってセンバツで戦って来て下さい。県のサイクリストは皆さんの活躍を期待しています!

 

昨秋の県高校新人戦で2年連続ワンツーフィニッシュの飯田風越
〔左から:山田拓海・青島冬弥・鈴木来人(伊那北)〕

 

一昨年の県新人戦で

鮮烈なデビューを果たした

飯田風越1年生トリオが

最後のセンバツに望みます。

青島・山田共に入賞に手が届く

位置までやってきました。

県サイクリストの皆さんには

大きな声援で選手の背中を後押し

して欲しいと思います。

熱いご声援を宜しくお願い致します。

 

 

関連LINK

飯田風越高校自転車競技同好会(twitter)

全国高体連自転車専門部

長野県自転車競技連盟

松本工業高校自転車競技部(twitter)

伊那北高校自転車競技同好会(twitter)