〔お知らせ〕コロナウイルスに関する長野県内各開催予定イベントの対応状況。

《速報!》長野県自転車競技連盟は、5月開催予定の「2020松本サイクルトラックレース」の中止を発表した。詳しくはこちら(3月29日) 《ニュース》四日市競輪二日目「第4レースA級チャレンジ準決勝」昨日に続き連勝を狙う 宮下一歩(長野県/地球環境高出)が登場。最終回に後続に迫られるも追走を許さず今日も見事な逃げ切り勝ち!明日の決勝は三連勝で本シリーズ完全優勝を目指す。ハイライト動画(3月28日) 《ニュース》「第14回菜の花飯山ロードレース」と「RCS開幕戦飯山ラウンド」がコロナウイルス感染拡大防止のため無期限の延期決定(3月26日) 《ニュース》桜のアルプスあづみのセンチュリーライドがコロナウイルス感染拡大のため中止と決定(3月26日) 《ニュース》第9回全日本トライアル選手権in佐久大会がコロナウィルス感染拡大の影響により中止が決定(3月26日)

〔お知らせ〕コロナウイルスに関する長野県内各開催予定イベントの対応状況。

 

 昨日、記載した「コロナウイルス感染拡大」に関する

コラムが非常に好評でした。同時に様々なご意見も頂き

皆様のご意見、興味深く拝見いたしました。

その中で、本年の長野県内開催予定各種大会・サイクリングイベントの

コロナウイルスに関する対応を一覧出来るものが欲しい。

と云うリクエストがあったのでそれにお応え致します。。

 

2月27日現在の、上半期6月までの開催予定の各大会の

コロナウイルスに関する声明は下記の通りです。

 

※今後、改めて各大会主催者からアナウンスがあるかと思います。
 特に、既にエントリーを終えた大会については逐次、最新の
 情報を必ず公式HPにてご確認下さい。

 

 

 

2020年上半期長野県内開催イベントの対応状況

 

〔2020年2月27日現在〕

開催日 イベント名 コロナウイルス対応状況
3月21日 サイクルロゲイニングin諏訪湖八ヶ岳 Vol.2 延期決定(開催未定)
4月18日‐19日 第14回菜の花飯山サイクルロードレース エントリー開始前(未発表)
4月19日 第34回ツールド八ヶ岳 公式アナウンス無し
4月25日・26日 アルプスあづみのセンチュリーライド 通常開催で調整中
5月2日・3日 2002年松本サイクルトラックレース 大会開催可否を検討中
第9回全日本トライアル選手権in信州佐久 公式アナウンス無し
5月4日 学連トラックレース開幕戦 松本ラウンド エントリー開始前(未発表)
5月16日 2 Days Race in木島平村 エントリー開始前(未発表)
5月17日 第16回車坂峠ヒルクライム 公式アナウンス無し
5月17日 高山ヒルクライム2020 公式アナウンス無し
5月21日 ツアーオブジャパン飯田ステージ 公式アナウンス無し
5月23日―24日 SDAクロスマウンテンバイク【5月】 公式アナウンス無し
アルプスあづみのセンチュリーーライド〔緑〕 通常開催で調整中。  
グランフォンドKOMORO 公式アナウンス無し
グランフォンド軽井沢 公式アナウンス無し
5月23日 グラインデューロ信越 延期決定(開催未定)
第12回別所線と走ろう、塩田サイクリング エントリー開始前(未発表)
5月30日・31日 国体・インターハイ長野県トラック予選 エントリー開始前(未発表)
6月7日 しらびそチャレンジ2020《春》 公式アナウンス無し
栂池サイクルクラシック2020 エントリー開始前(未発表)
6月13日・14日 霊峰おんたけTT&ヒルクライム エントリー開始前(未発表)
6月28日 ツールド美ヶ原2020 公式アナウンス無し
6月27日・28日 JOCジュニアオリンピックカップトラック競技 日程が変更になります。

 

※美鈴湖自転車学校に関しましては、状況を見ながら
 改めて開催についてお知らせを致します。

※JOCジュニア五輪トラック競技に関しましては
 現在、開催日が変更となっていますので
 JOC、JCFの公式発表をお待ちください。

 

現状では、各主催者ともステートメントを出すことが

難しい時期であると思います一方で既に開催が延期になっている

イベントもございますので、必ず各イベントの公式HPにて

最新の状況をご確認下さい。

 

 

 

 

サイクリング長野より。

 

 

 今回、こうした未曽有の感染拡大で国内に留まらず

全世界で感染拡大の防止に取り組んでおります。

昨日のコラムでも述べましたが、イベントを中止する場合

主催者も、スタッフも、参加者も、断腸の思いでの決断となります。

どうか、お互いに「いま何が一番大切なのか?」を考えながら

他者を思いやり行動して頂ければと思います。

 

今回の肺炎の傾向として、高齢者に対しての重症率が非常に高い。

誰かが持ち込んだウイルスが、もしかしたら

イベント会場を快く用意してくれた、田舎のお爺ちゃん

お婆ちゃんに感染して生命の危機を招いてしまうかも知れない…

 

重ねてのお願いになりますが、どうか、お互いと

その立場を思いやりながら、主催者も参加者も

冷静な対応をして頂ければと思います。

 

これ以上、感染が広がらないこと。そして、

早くこの事態が収束し、再び楽しく自転車を楽しめる日が

来ることを切に願います。

 

沿道で沢山の地元の人が応援してくれる2 Days木島平

 

沢山の子供達が授業を中断して応援に駆けつけてくれるTOJ飯田

 

 

どのイベントも

沢山の地元の人が沿道で応援してくれます。

沢山の人がボランティアやスタッフで

レースを支えてくれます。

それを踏まえて、今一番大切なことは何か?

それを皆さんに改めて問いたいと思います。

重ね重ねになりますが

早く事態が収束しますように…

 

 

 

 

関連LINK

新型コロナウイルス感染症について(厚生労働省)

日本自転車競技連盟

野県自転車競技連盟