《重要なお知らせ》「2020年ツアーオブジャパン」ならびに「飯田ステージ」中止のお知らせ。

《お知らせ》6月2日より国営アルプスあづみの公園が再開致します。MTBパークのご利用についてはこちら(6月2日)  《お知らせ》6月1日より松本市美鈴湖自転車競技場が通常営業を開始!県内外全ての皆様の御利用が可能です。また、富士見パノラマMTBパークもオープンとなります。(6月1日) 《結果》弥彦競輪最終日「第4レースA級チャレンジ選抜」に前島恭平(長野県)が登場。この日は残り1周回から単独で先行するとそのままゴールまで粘り切り、一昨日に続き今節2度目の1着となった。ハイライト動画(5月27日) 

 

「2020年ツアーオブジャパン」ならびに「飯田ステージ」中止のお知らせ。

 

 既に報じられておりますが、本年の五月開催予定だった

「2020年ツアーオブジャパン」が、コロナウイルス感染拡大のため

その全日程が中止となりました。従いまして第5ステージにあたる

「南信州ステージ」(2020年5月21日開催予定)も中止となりました。

詳しくは下記の通りです…

 

 

TOJ中止決定について

 

 中止に関しては以下の通りです。(公式HPより)

 

 
謹啓 時下ますますご健勝のこととお慶び申し上げます。
 
 平素よりツアー・オブ・ジャパンの開催につきまして、多大なるご理解・ご協力を賜りまして、厚く御礼申し上げます。
 
 ツアー・オブ・ジャパン組織委員会(事務局:一般財団法人日本自転車普及協会)は、新型コロナウイルス感染症が拡大している状況を受け、WHO(世界保健機関)や日本政府をはじめとする関係機関の対応や他の国際的なスポーツイベント等の動向を注視し、大会の開催可否について検討を重ねてまいりました。
 
 そんな中、3月18日付でUCI(国際自転車競技連合)より「新型コロナウイルスの影響により4月30日までに開催予定のUCI公認レースは、関係者の安全確保のために中止とする」との決定がなされました。
 
 また、3月21日から欧州各国を含む計38カ国からの入国制限が開始され、日本人を含めた対象地域からの到着者すべてに2週間の待機が義務付けられました。
 
 感染拡大防止策として無観客レースも検討いたしましたが、各開催地自治体と共に『日本の地域を元気にする社会貢献型の国際スポーツイベント』をテーマに掲げて開催する、本大会が目指す本質的な意義を実現することが困難であるとの判断に至りました。
 
 同様に、出場選手、観戦者、関係者の皆さまの健康と安全を最優先に考慮した結果、3月24日に2020ツアー・オブ・ジャパンの開催中止を正式決定いたしました。
 
 2020年大会は残念ながら開催中止となりますが、2021年に向け、これまで以上に皆さまに楽しんでいただける大会を開催するべく尽力してまいります。2021年は、新たに相模原ステージ(神奈川県相模原市)開催も予定しておりますので、引き続きツアー・オブ・ジャパンを何卒よろしくお願いいたします。
 

 

2020年3月25日
自転車月間推進協議会
ツアー・オブ・ジャパン組織委員会
(事務局:一般財団法人日本自転車普及協会)
http://www.toj.co.jp/
 

 

 
 

公式記者会見の模様

 

参照元:Youtube/ BPAJ ch

 

 

会見で発表された中止に至るまでの経緯

 

 上記のTOJ中止記者会見の際に、大会ディレクター栗村氏が提示した
「新型コロナウイルスの影響によるここまでの流れ」を記したレポートです。
今後、世界的に急速に広まるコロナクライシスへの自転車界の状況を知る意味でも
素晴らしい資料だと思いますので是非ご覧ください。

多くのサイクリストの皆様、大会・イベントを運営する方々に
ご覧いただければと思います。

 

 

新型コロナウイルスの影響によるここまでの流れ

 2⽉25⽇  ⽇本政府が新型コロナウイルス感染症対策の基本⽅針発表
 2⽉27⽇  全国の⼩中⾼・特別⽀援学校に3⽉2⽇から春休みまでの休校を要請
 2⽉28⽇  2/23-29UAEツアー2020が途中で終了
 3⽉4⽇  UAEツアーで6⼈の感染確認
 3⽉4⽇  TOJの開催可否決定を4⽉中旬頃に⾏う旨を関係者へ通知
 3⽉5⽇  3/7ストラーデ・ビアンケ(イタリア)は開催延期
 3⽉5⽇  3⽉のレース参加⾃粛を表明するUCIワールドチームが続出
 3⽉6⽇  3/11-17ティレーノ〜アドリアーティコ(イタリア)は開催延期
 3⽉6⽇  3/22ミラノ〜サンレモ(イタリア)は開催延期
 3⽉12⽇  3/23-29ボルタ・ア・カタルーニャ(スペイン)は開催延期
 3⽉13⽇  5/9-31ジロ・デ・イタリアは開催延期
 3⽉13⽇  3⽉開催のベルギークラシック4レースは開催中⽌
 3⽉14⽇  3/8-15パリ〜ニース(フランス)が途中で終了
 3⽉15⽇  UCIが新型コロナウイルス感染拡⼤地域でのレース中⽌を要求(4⽉3⽇まで)
 3⽉16⽇  上記UCIの勧告を受けTOJの開催可否決定を4⽉3⽇前後に前倒し
 3⽉16⽇  4/28-5/3ツール・ド・ロマンディ(スイス)は開催中⽌
 3⽉16⽇  4/6-11イツリア・バスク・カントリー(スペイン)は開催延期
 3⽉16⽇  3/20-22ツール・ド・とちぎは開催中⽌
 3⽉17⽇  3/25開催予定だったTOJ公式記者発表は開催中⽌
 3⽉17⽇  4/12パリ〜ルーベ(フランス)は開催延期
 3⽉17⽇  4/22フレッシュ・ワロンヌ(ベルギー)は開催延期
 3⽉17⽇  4/26リエージュ〜バストーニュ〜リエージュ(ベルギー)は開催延期
 3⽉17⽇  4/5ロンド・ファン・フラーンデレン(ベルギー)は開催延期
 3⽉17⽇  UCIが感染拡⼤地域でのレース中⽌要請を延⻑(4⽉いっぱい)
 3⽉18⽇  4/19アムステルゴールドレース(オランダ)は開催中⽌
 3⽉18⽇  ⽇本政府が欧州など38か国からの⼊国者に14⽇間の待機要請
 3⽉20⽇  ⽇本政府が⼤規模イベントの開催や学校再開に向けて協議を開始
 3⽉22⽇  6/10-16ツアー・オブ・スロベニアは開催中⽌
 3⽉23⽇  東京五輪の開催について各⽅⾯から延期の要請が増え延期観測が強まる
 3⽉24⽇  2020TOJの開催中⽌を正式決定

※補⾜:UCIアジアツアー1クラスの「ツアー・オブ・ジャパン」は、ルール上、海外チー ムを5チーム以上招待しなければならない

 

 

 

サイクリング長野より

 

 サイクリング長野では、既に三回に渡って

コロナウイルスについて記事を挙げてまいりましたが

ここ数日の世界的なコロナウイルスの感染拡大は

多くの人の想像を越えた非常に厳しい状況に

なっていると思います。

そうした中で、今回の決定は運営側にとっても

各地域の実行委員の方にとっても

断腸の極みの末だったと容易に推察出来ます。

 

そして、毎年楽しみにして下さっているファンの方、

沿道の皆さんのことを思うと胸が詰まる思いです。

この決断… 高校野球もそうでしたが

これを「英断」と言うのはいささか違和感を感じます。

とても痛みを伴う決定だけに、ただただ大変な決断を

された方々のここまでの「労」を慮るばかりです。

 

ここ5年程、自分も様々なかたちで携わってきたTOJ。

今はただ、また来年、大会の会場で皆さんと

お目にかかれればと切に願います。

 

最後に、この状況下で病床におられる方々

そのご家族の方に謹んでお見舞いを申し上げると共に

コロナウイルスと戦っておられる医療関係の方々や

その他、感染拡大防止に尽力されておられる全ての皆様に

僭越ながら心よりの激励と感謝を申し上げます。

 

 

 

関連LINK

ツアーオブジャパン公式サイト

TOJ南信州ステージ観戦応援隊

新型コロナウイルス感染症対策について(長野県)

新型コロナウイルス感染症について(厚生労働省)

長野県自転車競技連盟公式HP

 



 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

BICYCLE21 (バイシクル21) Vol.191 2020年 03月号 [雑誌]
価格:730円(税込、送料無料) (2020/3/25時点)

楽天で購入