〔告知〕国内最大のステージレース「2020 Tour of Japan 飯田ステージ」5月21日(木)に開催。

《お知らせ》6月2日より国営アルプスあづみの公園が再開致します。MTBパークのご利用についてはこちら(6月2日)  《お知らせ》6月1日より松本市美鈴湖自転車競技場が通常営業を開始!県内外全ての皆様の御利用が可能です。また、富士見パノラマMTBパークもオープンとなります。(6月1日) 《結果》弥彦競輪最終日「第4レースA級チャレンジ選抜」に前島恭平(長野県)が登場。この日は残り1周回から単独で先行するとそのままゴールまで粘り切り、一昨日に続き今節2度目の1着となった。ハイライト動画(5月27日) 

〔告知〕国内最大のステージレース「2020 Tour of Japan 飯田ステージ」5月21日(木)に開催。

 

 

日本国内最大の自転車ロードレース・ステージレースとなる

2020年のツアーオブジャパンの日程が発表され

今年も飯田市で行われる「南信州ステージ」は

第5ステージとなり、5月21日(木)開催となる。

 

 

 

2020年TOJ暫定スケジュール

 

2020/05/17(日) 1ステージ 堺
2020/05/18(月) 2ステージ 京都 
2020/05/19(火) 3ステージ いなべ
2020/05/20(水) 4ステージ 美濃
2020/05/21(木) 5ステージ 南信州
2020/05/22(金) 6ステージ 富士スピードウェイ(仮称)
2020/05/23(土) 7ステージ 富士山
2020/05/24(日) 8ステージ 東京 
※日程・内容は変更になる可能性があります。

 

今年も第5ステージにラインナップされた「南信州ステージ」

 

 

 

長野県内の一般サイクリストの中でも

なかなかに知名度の低いTOJ。

飯田では自転車に乗らない人でも知ってるが

東北信では、サイクリストの中でも

「そんなの何時どこでやってるの?」程度の

恐ろしく低い知名度…

 

自転車界の内輪だけで盛り上がっている

感じの典型的な例がまさにこの大会ですが

そんな自分もまた、ここ5年程は

審判や競技役員等、その内輪の人間として

携わってみて、とりわけ飯田ステージの

観客数の低下が非常に気になります。

 

マンネリ化したコースレイアウト

毎年変わらないレース展開…

♪観客300人 公式入場3万人~!(有名な初芝選手のパロ曲)

身内である筈の地域や役員に対する運営側のあまりの配慮の無さ。

危険な個所も一向に改善される気配すらない。

 

果たして観客の方はこれを見て面白いか?

自転車を知らない人が見てまた観に来ようと思うか?

また転戦してみると、各地域の温度差も気になります。

そんな大会ではありますが、それでも

県サイクリストの皆さんにご観戦頂き

国内外含め「ロードレース」と云うスポーツが

他のスポーツと比べてどこに問題があるのか?

忌憚なきご意見を頂ければと思います。

 

 

 

関連LINK

ツアーオブジャパン公式サイト

TOJ南信州ステージ観戦応援隊