〔結果〕インターハイ・とちぎ国体長野県予選「令和四年長野県高校総体トラック競技」全レースの結果。

〔告知〕本日10月第2回の「美鈴湖VELOクラブ」を13時より開催致します。(10月8日) 〔告知〕長野県高体連所属選手の皆さんへお知らせです... 秋の新人戦の出場予定メンバー&出場予定種目のリストが長野車連のHPに掲載されていますのでご確認下さい。(10月9日) 〔重要なお知らせ〕本日10月4日㈫~6日㈭まで美鈴湖自転車競技場が走路補修工事となり終日使用出来ません。(10月4日) 〔結果〕「おおいたアーバンクラシック」(UCI2クラス)でキナンレーシングの小出樹(松本工出)が3位表彰台!UCI国際ポイントを獲得した。(10月3日) 〔告知〕「長野県美鈴湖自転車学校10月の部」の募集が開始されました!(10月2日)

「令和4年長野県高校総体トラック競技」全レースの結果。

 

 2022年の長野県インターハイ・国体予選となる

長野県高等学校総合体育大会自転車トラック競技大会が

2022年5月21日㈯・22日㈰の両日、松本市美鈴湖自転車競技場で

開催された。既にロードレースの予選会は先週の

2 days race in 木祖村で終了しており、今回は

トラック競技の長野県予選となり、北信越大会を目指して

県内7校・19名の生徒達が出場した。

結果は下記の通り…

※リザルトはクリックすると全て大きくなります。

 

 

 

 

200mフライングタイムトライアル

 

クリックすると大きくなります。

 

200mフライングタイムトライアル優勝の小松篤史(松本工3年)
1年の秋からこの種目4期連続の優勝を果たした。
ここのところ少し調子を落としている感じがあったが
雨と風の悪天候の中で11秒646とまずまずのタイムを残し
本人も「この条件であれば…」と納得の内容となった。
また準優勝の片田啓太に関しては11秒981と少しずつ力をつけて来ているのを感じる。

 

 

 

1㎞タイムトライアル

 

クリックすると大きくなります。

 

1㎞タイムトライアル優勝の小松篤史(松本工3年)
この種目でも3期連続優勝を飾った。今回の悪天候の中でも1分8秒台と
1か月後の北信越に向け調子を上げて行って欲しい。
その一方で2位以下が優勝の小松よりも5秒以上遅いというのが
長野県高校自転車の大きな課題で、2~3秒ならば技術の差もあるかも知れないが
流石に5秒以上遅いとなるとそれは単純に
小松と比べて基礎体力が低いように思える。

 

 

 

3㎞個人追抜き

 

 

個人追抜きも昨年秋に続いての連覇を果たした小松篤史(松本工)
この上記3種目を含め今大会もタイム計測系種目3冠を果たした。
この種目でも山口太門(松本工)が準優勝するなど力をつけているものの
この種目でも優勝の小松に比べて7秒近く遅い。
下級生は更なる基礎体力の底上げに徹底的に取り組んで欲しい。

 

 

ケイリン

 

ケイリン1回戦結果

 

〔1回戦第1組〕

ケイリン1回戦に注目の2019マウンテンバイクユース日本代表強化選手の
山田愛太(白馬高)が初登場。今年は春先からロード等に出場し
これが今年のトラック競技初戦となった。
レースは先頭誘導員が退避後に優勝候補の小松(松本工)が飛び出すと
そのまま2週近くを逃切り1着で決勝進出。山田も3位で決勝進出を果たした。

 

〔1回戦第2組〕

ケイリン1回戦2組目は4名全員が松本工業という
マツコウ対決となったが、上里翔瑛が力走を見せ
上里・山口・片田が決勝へ進出した。

 


 

ケイリン決勝戦

 

 

ケイリン決勝は翌日の大会二日目に行われた
決勝はこの種目を得意とする小松篤史(松本工)が
この種目も下級生の先行を後方から一気に捲っての貫禄勝ち
これで計測系3冠とケイリンで今大会四冠となった。

 

注目の山田愛太(白馬高)は決勝で小松に先着されたものの
残り半周から粘りの走りで2位を死守し1年生のデビュー戦ながら準優勝を果たした。

 

 

 

スプリント

 

〔男子スプリント準々決勝〕

 

〔男子スプリント準々決勝第1組〕

第1組は優勝候補筆頭の小松(松本工)と中長距離を得意とする黒澤(飯田OIDE長姫)
小松の貫禄勝ちではあったが、欲を言えばもう一本黒澤がどんな走りをして
どんな戦い方をするのか?を見たかった。

〔男子スプリント準々決勝第2組〕

第3組も予選となったフライング200mの結果による組み合わせで
短距離を得意とする片田(松本工)と長距離を得意とする塩澤(飯田風越)となった。
塩澤は序盤から果敢に仕掛けるものの最終で交わされ敗退となった。

 

〔男子スプリント準々決勝第3組〕

マツコウ対決となった第3組。スプリントで
やや有利と思われた上里(松本工)を長距離を
得意とする酒井(松本工)が制して準決勝進出を果たした。

 

〔男子スプリント準々決勝第4組〕

今大会デビュー戦で全てが初めての体験となる山田(白馬高)だが
横林(松本工)を序盤から抑えて初のスプリント種目出場で初勝利を挙げた。

 

 


 

〔男子スプリント準決勝〕

 

〔男子スプリント準決勝1組〕

スプリント準決勝第1組は長野県自転車関係者注目の一戦となった。
長野県高校自転車のエース小松篤史(松本工)とルーキーの山田愛太(白馬高)
美鈴湖自転車学校や長野県中高生合同練習会でもお馴染みの二人が
高校自転車の舞台で直接対決。
抽選で山田愛太がアウト(後方)スタートとなるも
小松が先行から一度も山田の先行を許さず貫禄勝ち。
このレースの小松のタイムは予選の200mより早い今大会最速のタイム。
レース後、山田は「小松選手の大きな圧力を感じた」と語ったが
小松もまた新世代の挑戦を堂々と受けて立った印象に残るレースだった。

 

〔男子スプリント準決勝2組〕

スプリント準決勝第2組もマツコウ対決となった。
当初は片田(松本工)がスプリント力で有利と思われたが
最終コーナーまでに逃切り体制に持ち込んだ酒井(松本工)が
決勝進出を決めた。
〔後方から片田の動きを見る酒井〕

 


 

〔男子スプリント決勝・3位決定戦〕

 

 

〔男子スプリント3位決定戦〕

先行する片田(松本工)に対し、残り1周の鐘と共に自ら仕掛け
3位決定戦で勝利をおさめた山田愛太(白馬高)積極的な展開に
レースの内容も評価されるスプリント種目となった。

 

〔男子スプリント決勝戦〕

最終コーナーまで相手選手の動きを見て最後の直線で
一気に勝利を決めた小松(松本工:後方)
今大会は逃げても受けても堂々たる横綱相撲を見せた。

 

4㎞速度競走

 

 

中盤にホーム・バック合計で13本を荒稼ぎする逃げをみせた横林海斗(松本工)
最終順位は4位(最終着5位)非常に勇敢な走りをしていただけに
今後はこの種目の戦術理解に期待したい。

熱い走りを見せた横林とは対照的に序盤でライバル小松(松本工)に3本を獲らせ
その直後に直ぐに自ら3本を獲り先頭責任を完了するクレバーなレース展開を見せた
黒沢響冴(飯田OIDE長姫)このレースに一つ自身の大きな適正を見せた。

 

スタート同時に3本の先頭責任を一気に完了すると中盤はライバル選手達に
レースをさせて自らはレースをコントロール。最後の1周で
貯めていた力を爆発させて完勝。この今大会五冠となった。

 

 

 

ポイントレース〔成年・少年混走〕

 

 

今大会唯一の成年との混走となったポイントレース
長野県代表主将の北澤竜太郎(MISUZUKO TEST TEAM)
2019年マスターズ個人追抜き全日本王者の岩佐信吾(イナーメ信濃山形)が
ハイペースでレースを進め、高校生が軒並み付いて行けずに
途中棄権となる中で唯一、同一周回での完走の3位(高校生1位)で
上里翔瑛(松本工)が今大会の小松篤史の完全制覇を阻止した。

 

 

 

少年・女子500mタイムトライアル

 

 

昨年の秋にJCF3級審判員資格を取得して引退。
高校3年生の長野県最年少女性自転車審判員として活動していた
平山なつみ(松本工)が最後の夏に現役復帰を果たした。

 

 

少年・女子2㎞個人追抜き

 

 

久しぶりの出走を果たした平山なつみ(松本工)は力走を見せ
レース後に足が痙攣し動けなくなるまで走り込んだ。
北信越大会へ向けて復帰した平山の活躍が期待される。

 

 

チームスプリント

 

1位 松本工業高校(小松・上里・山口) 1分08秒078

 

団体種目でインターハイ出場を目指す松本工業高校
小松・上里・山口で出走し1分08秒078というタイム
インハイ本戦出場へ北信越でこのタイムを上回ることが求められる。
あと1が月でどこまでチームの練度を高められるかがカギとなる。

 

 

チームパシュート

 

1位 松本工業高校(上里・酒井・片田・山口) 4分50秒453

 

今大会終盤で各選手が複数種目に出場している中での
チームパシュートとなった。
課題は明確で終盤でのスタミナとお互いの意思疎通。
そして、チームスプリント同様に更なるチームの練度が必要となる。

 

 

個人ロードレース

 

 インターハイ長野予選個人ロードレースは

先週開催された 2 days race in 木祖村と併催で行われました。

詳しい順位は下記のLinkをご覧ください。

 

 

 

長野県高校総体個人ロードレースで優勝の酒井優太郎(松本工)がゴールを迎えた。

 

 

 

今後の高校自転車日程

 

 

2022年高体連主要大会スケジュール

日程 大会名 開催地
6月17日㈮・18日㈯ 北信越高校総体トラック競技大会 インターハイ最終予選 石川県立自転車競技場
6月19日㈰ 北信越高校総体ロードレース   インターハイ最終予選 能登島周辺特設コース
8月4日㈭~6日㈯ 2022インターハイトラック競技 高松競輪場
8月7日㈰ 2022インターハイロードレース 綾川町特設ロードレースコース

 

 

 

 

青壮年の部・中学生の部結果

 

 

 

 

インターハイ長野予選が終了しました。

何だか色々と忙しくて

細かいところを伝えられないのですが

とりあえず、今大会のほぼ全ての選手が

北信越大会に出場します。

既に当サイトにもお問合せをもらったのですが

県高体連に問合せたところ

未だに大会要項が出ていないようです。

しかしながら、開催日は決定しています!

あと一か月でいよいよ

インターハイ最終予選となります。

今大会、全ての選手が自身の課題を

見つけたことと思います。

あとは各自がどこまで自己を高められるか…

引き続き長野県の高校自転車選手に

どうか温かい御声援のほど

宜しくお願い致します。

 

関連LINK

令和4年インターハイ公式HP(高体連)

全高体連自転車専門部

長野県高体連

長野県自転車競技連盟