〔頑張れ信州〕実業団日本一へ!「第53回全日本トラックチャンピオンシップ」長野県関連選手紹介。

【速報】「第49回関東地区プロ自転車競技大会」4㎞団体追抜き - 優勝:新潟支部長野県チーム(小峰・柿澤・宮下・堀江)4分24秒448(11月30) 【速報】「第49回関東地区プロ自転車競技大会」1㎞タイムトライアル - 優勝:菊池岳仁〔岡谷南出〕1分02秒720 3位:堀江省吾〔屋代高‐信州大出〕1分03秒511 (11月30日) 〔告知〕JCF公認3級自転車公認審判員講習会長野会場の応募受付は11月30日まで…(11月28日) 【PIST6長野県出場選手情報】12月3日㈯-4日㈰:前島恭平(松川高出)/12月12日㈪-13日㈫:等々力久就(岡谷工高出)&小峰烈(松本高出)以上の出場が決定!〔11月23日〕 【冬季道路交通規制情報】上田市の各エリア〔美ヶ原公園沖線・松本和田線・ビーナスライン一部・鹿教湯別所線ほか〕が11月24日・25日から冬季閉鎖・規制となります。 詳しくはこちら。(11月22日) 〔結果〕「第33回全日本選手権MTBクロスカントリー」女子U-23で小林あか里(弱虫ペダルサイクリングチーム/信州大)が、男子エリートで平林安里(TEAM SCOTT TERRA SYSTEM/白馬高出)が共に優勝し2022年の全日本王者を戴冠(11月21日)〔結果〕「第33回全日本選手権MTBクロスカントリー」女子マスターズで小林真清〔Team Soleil悠/長野県登録〕が優勝!全日本女子マスターズ王者を戴冠。(11月19日)【冬季道路閉鎖情報】国道299号線「麦草峠と八千穂高原」2022年11月17日㈭午前11時~2023年4月20日午前11時まで… 詳しくはこちら。(11月16日) 〔結果〕「UCI世界選手権トライアル 男子エリート20」で岩村田高出身の土屋凌我(無所属)は10位となった。(11月12日) 〔募集中〕「JCF公認3級公認自転車審判員講習会長野会場」2022年12月11日㈰に松本工業高校OB会館にて詳しくは長野県車連HPにて(11月10日)

〔頑張れ信州〕実業団日本一へ!「第53回全日本トラックチャンピオンシップ」長野県関連選手紹介。

 

 今年の実業団トラック競技日本一を決める

第53回全日本トラックチャンピオンシップ

2022年12月3日㈯・4日㈰の両日

埼玉県の西武園競輪場にて開催される。

大会には、長野県内のクラブチームである

「イナーメ信濃山形」と、本年から美鈴湖を

本拠地に結成された「MISUZUKO TEST TEAM」が出場する。

2022年のトラック競技公式戦

最後の戦いに挑む長野県関連選手は以下の通り。

 

 

 

長野県関連出場予定選手

 

No. 氏名 登録 チーム 出場種目
11 平林 武流 長野県 イナーメ信濃山形 スクラッチ・オムニアム
30 篠原 徹 茨城県 MISUZUKO TEST TEAM スクラッチ・個人追抜き
31 北澤竜太郎 長野県 MISUZUKO TEST TEAM 個人追抜き
33 岩佐 信吾 長野県 イナーメ信濃山形 スクラッチ・個人追抜き
34 石井 雅史 東京都 イナーメ信濃山形 タイムトライアル・個人追抜き
35 山岡 翔平 千葉県 イナーメ信濃山形 スプリント・ケイリン

全出場者エントリーリスト〔PDF/JBCF公式〕

 

〔注目選手〕

平林武流
〔イナーメ信濃山形〕
2017年には松本工業高校の北信越準優勝に貢献
高校長野県代表選手としてインターハイ・国体でも活躍。

大学進学後は、学連登録では無く実業団登録をして
実業団選手として走り続けてきた。また今年
大学を前期で卒業し、夏以降は美鈴湖VELOクラブの講師として
行進の指導も行っている。指導者としても今後が期待される選手
〔出場予定種目:スクラッチ・オムニアム〕

 


 

北澤竜太郎
〔MISUZUKO TEST TEAM〕
長野県代表チームのキャプテンとして、今年の栃木国体出場で
10回目の国体出場を果した。今年は春から美鈴湖を本拠地とした
MISUZUKO TEST TEAMを立ち上げ、夏の東日本実業団では
団体追抜きでチーム初優勝となり表彰台にも上がった。
〔出場予定種目:個人追抜き〕

 


 

岩佐信吾
〔イナーメ信濃山形〕
長野県マスターズ中距離のエースとして2019年の全日本マスターズ個人追抜きで
全日本チャンピオンを戴冠。今年はコロナの影響もあり3年ぶりに
マスターズの大会が開催された中でも、春先の松本トラックから
常に存在感を見せる走りを続けてきた。
〔出場予定種目:個人追抜き・スクラッチ〕

 


 

石井雅史
〔イナーメ信濃山形〕
パラサイクリストとして2008年の北京パラリンピックでは金銀銅メダルを獲得
2007年の世界選手権では1㎞とロードレースで世界チャンピオンとなった。
一度は引退し競技を離れ、昨年は自転車活用推進県協会主催の
九代目自転車名人になった。久しぶりの競技会出場で
どんな走りをするか?注目したい。
〔出場予定種目:タイムトライアル・個人追抜き〕

 

 

 

 

大会スケジュール

 

クリックすると大きくなります。

 

【大会公式サイト】

 

 

ということで、今年の全日本実業団が

12月の第一週に西武園競輪場にて

開催されます。

 

流石に東京と云えども

寒さが気になるところですが

公営競輪は除いて

今年最後のトラック競技全国大会となります。

 

県サイクリストの皆様には

どうか、最後まで長野県選手達に

暖かいご声援のほど宜しくお願い申し上げます。

 

関連LINK

大会公式インフォメーション

全日本実業団自転車競技連盟

長野県自転車競技連盟