〔結果〕学連RCS第5戦「第16回白馬クリテリウムラウンド」長野県勢の全競技結果。

【速報】「第49回関東地区プロ自転車競技大会」4㎞団体追抜き - 優勝:新潟支部長野県チーム(小峰・柿澤・宮下・堀江)4分24秒448(11月30) 【速報】「第49回関東地区プロ自転車競技大会」1㎞タイムトライアル - 優勝:菊池岳仁〔岡谷南出〕1分02秒720 3位:堀江省吾〔屋代高‐信州大出〕1分03秒511 (11月30日) 〔告知〕JCF公認3級自転車公認審判員講習会長野会場の応募受付は11月30日まで…(11月28日) 【PIST6長野県出場選手情報】12月3日㈯-4日㈰:前島恭平(松川高出)/12月12日㈪-13日㈫:等々力久就(岡谷工高出)&小峰烈(松本高出)以上の出場が決定!〔11月23日〕 【冬季道路交通規制情報】上田市の各エリア〔美ヶ原公園沖線・松本和田線・ビーナスライン一部・鹿教湯別所線ほか〕が11月24日・25日から冬季閉鎖・規制となります。 詳しくはこちら。(11月22日) 〔結果〕「第33回全日本選手権MTBクロスカントリー」女子U-23で小林あか里(弱虫ペダルサイクリングチーム/信州大)が、男子エリートで平林安里(TEAM SCOTT TERRA SYSTEM/白馬高出)が共に優勝し2022年の全日本王者を戴冠(11月21日)〔結果〕「第33回全日本選手権MTBクロスカントリー」女子マスターズで小林真清〔Team Soleil悠/長野県登録〕が優勝!全日本女子マスターズ王者を戴冠。(11月19日)【冬季道路閉鎖情報】国道299号線「麦草峠と八千穂高原」2022年11月17日㈭午前11時~2023年4月20日午前11時まで… 詳しくはこちら。(11月16日) 〔結果〕「UCI世界選手権トライアル 男子エリート20」で岩村田高出身の土屋凌我(無所属)は10位となった。(11月12日) 〔募集中〕「JCF公認3級公認自転車審判員講習会長野会場」2022年12月11日㈰に松本工業高校OB会館にて詳しくは長野県車連HPにて(11月10日)

「第16回白馬クリテリウムラウンド」長野県勢の全競技結果。

 

大学自転車を統括する日本学生自転車競技連盟主催の

年間ロードレースシリーズ

RCS(日本学生ロードレースカップシリーズ)の

第5戦「第15回白馬クリテリウム」ラウンド

7月30日㈯・31日㈰に白馬村いいもり特設コースで開催された。

 

今大会は例年、インカレ前の最後の本戦出場予選という

意味合いもあり全国から多くの大学自転車選手が集まった。

 

通常、インカレ本戦に出場するには2部昇格が最低条件であり

その中から学連大会のポイントランキング順に選抜される。

長野県からは信州大学・松本大学が出場

大会両日で4名の長野県大学選手が表彰台にあがる

活躍を見せた。県勢の結果は以下の通り…

 

 

 

大会初日 3部第1組(3A)

 

順位 氏名 チーム ポイント 昇格
1位 左田  龍脩 作新学院大学 17
2位 山内  渉 信州大学 17
3位 井上  智巴 信州大学 16  
途中棄権 田総  蓮 新潟食農大(松本工高出)  
途中棄権 LI  RUIZI 信州大学  

エントリー36名 完走14名
※1位左田と2位山内は同ポイントのため最終ゴール時の着順により左田が優勝

 

大会初日ファーストレースで信大勢2名が表彰台。
山内渉(信州大)は最終ゴールで左田より下位ながらも
獲得ポイントでは17点と同率で2位。2部昇格を果たした。

 

 

大会初日 3部第2組(3B)

 

順位 氏名 チーム ポイント 昇格
1位 菅原  聡 順天堂大学 15
2位 反保  亮太 明星大学 12
3位 山口  健士郎 関西大学 11  
15位 新村  大起 信州大学  
16位 川田  澄人 信州大学  

エントリー37名 完走23名

 

 

大会初日 3部第3組(3C)

 

順位 氏名 チーム ポイント 昇格
1位 大前  翔 慶應義塾大学 25
2位 中島  壮琉 順天堂大学(松商学園出) 14
3位 副島  達海 大阪産業大学 11  
18位 佐藤  正基 信州大学  
途中棄権 川元  天照 信州大学  

エントリー36名 完走20名

 

ルーキーの中島壮琉(順天堂大/松商学園出)が2部昇格。
中島は2022年の長野県強化指定選手

 

 

 

大会初日 3部第4組(4C)

 

順位 氏名 チーム ポイント 昇格
1位 外園  晋之介 立教大学 15
2位 二森  息吹 新潟食農大学 12
3位 西村  虎太郎 龍谷大学 10  
9位 水野  躍人 信州大学  
20位 滝沢  佳大 信州大学  

エントリー35名 完走20名

 

 

大会初日 2部第1組(2A)

 

順位 氏名 チーム ポイント 昇格
1位 辻本 青矢 信州大学 25
2位 山岸 正汰 関西大学 20  
3位 吉田 壮良 大阪産業大学 20  

エントリー22名 完走11名

 

「2 days 木祖村 長野県選抜チーム」「とちぎ国体長野県予選」で優勝の
辻本青矢(信州大学)が優勝で1部昇格を果たした。

 

 

 

 

大会初日 2部第2組(2C)

 

順位 氏名 チーム ポイント 昇格
1位 齋藤  祥樹 東海大学 20
2位  坊   紳 近畿大学 20
3位 小西  優太郎 大阪産業大学 10  
7位 山浦 秀明 松本大学  
8位 青島 冬弥 明星大学(飯田風越高出)  

エントリー21名 完走10名

 

 

 

 

大会2日目 3部第1組(3A)

 

順位 氏名 チーム タイム 昇格
1位 井上  智巴 信州大学 0:27’24
2位 小森  継心 明星大学 +0:00’07”
3位 村田  麻弦 大阪産業大学 +0:00’08”  
15位 滝沢  佳大 信州大学 +0:01’30’  
16位 田総  蓮 新潟食農大(松本工高出) +0:01’31’  

エントリー27名 完走16名

 

大会初日に3位表彰台ながらも僅か1ポイントで昇格を逃した
井上智巴(信州大学2年)が2日目は優勝、文句なしの2部昇格を決めた。

 

 

 

大会2日目 3部第2組(3B)

 

順位 氏名 チーム タイム 昇格
1位 高橋  まりお 日本大学 0:27’23”
2位 山口  健士郎 関西大学 +0:00’03”
3位 楠本  善次 大阪産業大学 +0:00’05”  
7位 新村  大起 信州大学 +0:00’08’  
14位 水野  躍人 信州大学 +0:01’19”  
16位 佐藤  正基 信州大学 +0:28’46”  

エントリー28名 完走21名

 

 

大会2日目 3部第3組(3C)

 

順位 氏名 チーム タイム 昇格
1位 副島  達海 大阪産業大学 0:26’36”
2位 檜村  奏太 新潟食料農業大学 +0:00’06”
3位 阿部  賢明 新潟食料農業大学 +0:00’36”  
棄権 川田  澄人 信州大学    

エントリー27名 完走14名

 

 

大会2日目 3部第4組(3D)

 

順位 氏名 チーム タイム 昇格
1位 岡山  優太 福岡大学 0:27’21’
2位 石丸  幸士郎 福岡大学 +0:00’03”
3位 小林  大悟 慶應義塾大学 +0:00’04’  
棄権 LI  RUIZI 信州大学    

エントリー27名 完走14名

 

 

大会2日目 2部第1組(2A)

 

順位 氏名 チーム タイム 昇格
1位 佐藤  岳 慶應義塾大学 0:40’49’
2位 大前  翔 慶應義塾大学 +0:00’08”  
3位 矢萩  悠也 京都産業大学 +0:00’09’  
6位 山浦  秀明 松本大学 +0:00’11”  

エントリー25名 完走9名

 

 

 

大会2日目 2部第2組(2B)

 

順位 氏名 チーム タイム 昇格
1位 甲斐  隼人 日本大学 0:39’45
2位 稲延  夢元 日本大学 +0:00’01”  
3位 至田  恵人 関西大学 +0:00’01”  
6位 青島  冬弥 明星大学(飯田風越高出) +0:00’03”  
7位 山内  渉 信州大学 +0:00’03”  
13位 中島  壮琉 順天堂大学(松商学園出) +0:00’14”   

エントリー23名 完走16名

 

 

大会2日目 1部(クラス1)

 

順位 氏名 チーム タイム 昇格
1位 中島  渉 立教大学 0:57’29”
2位 宮本  秋哉 駒澤大学 +0:00’00’  
3位 篠﨑  蒼平 東京大学 +’0:00’02’  
9位  辻本  青矢 信州大学 +’0:00’09’  

エントリー14名 完走12名

 

 

 

〔大会全公式結果〕

大会初日全レース公式リザルト〔PDF/学連公式HPより〕
大会二日目全レース公式リザルト〔PDF/学連公式HPより〕
※大会初日は「ポイントレース方式」二日目は「ロードレース方式」で開催された

 

 

 

以上が今年の白馬クリテの結果でした。

本来はメディアで現地入りする予定でしたが

スタッフが足りないということで

急遽、立哨員&落車対応員として

大会に参加して来ました。

 

20年はコロナで中止

21年はオリンピックに派遣されて…

実に3年ぶりに白馬クリテに参加しましたが

一時は本当に選手の技術も低い

選手のマナーも悪い…

様々な問題を抱えていましたが

非常に良い大会になったと思います。

 

運営側も学生委員会を中心に

OB・各当番校の学生さんたちが

一生懸命大会を運営していたと思います。

 

ただ、落車対応をしていて思ったのですが

それでも今回落車の分析・報告書を

改めて書いていて思ったこと。

 

やはり落車の内容のほぼ全てのケースが

基礎技術の面で「至っていない」

その結果、他の選手を巻き込んでしまったり

怪我をさせてしまったり…という事が上げられます。

 

スタート前の選手には

今日の落車の傾向なども少し話しましたが

改めて、基礎技術の底上げと

レース当日の気象条件・レース傾向などを

逐次分析して、安全かつ

ハイレベルなレースを期待したいと思います。

最後に何時も開催に多大な御理解を頂いている

地元白馬いいもり地区の皆さんに

心より御礼を申し上げます。

 

引き続き、大学自転車ならびに

長野県大学自転車選手に

あたたかい御声援のほど宜しくお願い申し上げます。

 

 

関連LINK

全日本学生RCS第5戦・白馬クリテリウムラウンド(学連公式)

JICFチャンネル(学連Youtube公式)

白馬五竜観光協会(公式HP)

白馬かたくり温泉「十郎の湯」(公式HP)

長野県自転車競技連盟(公式HP)