《速報》「第11回全日本トライアル選手権」で土屋凌我(岩村田高)が日本王者を戴冠!三連覇を達成!

【PIST6情報】2月13日開幕「PIST6エクストララウンド2」に小峰烈〔松本工高出〕の出場が決定!(2月1日) 【イベント情報】9月開催「THE PEAKS TATESHINA WEST/EAST」のエントリーが2月1日より開始!詳しくはイベント公式HPへ…(2月1日) 〔お知らせ〕MTB LEAGUE が「Coupe du Japon 2023」チーム登録を開始!詳しくは こちら (2月1日) 【結果】静岡で開催中の「Jr.トラック大会初日」男子Jrケイリン1回戦で山田愛太(白馬高)が1着で決勝進出、また初日1km TTでは1分08秒386で4位。(1月29日) 【PIST6情報】2月3日開幕「PIST6エクストララウンド#1」に等々力久就(岡谷工高出)の出場が決定!(1月27日) 

《速報》「第11回全日本トライアル選手権」で土屋凌我(岩村田高)が三連覇を達成!

 

本年度の自転車トライアル競技の

「日本ナショナルチャンピオン」を決める

第11回全日本トライアル選手権が、本日2022年6月26日㈰に

小諸市南城公園で開催され、先月のW杯で7位入賞を果たした

岩村田高校出身の土屋凌我(無所属)が

男子エリート20(20インチタイヤの部)で

三連覇を達成した。また、30歳以上の男子マスターズでは

長野県の山田喜靖(無所属)が4位入賞を果たした

詳しくは下記の通り。

 

 

 

 

男子エリート20結果

 

クリックすると大きくなります。

 

最終試技となったセクション4でビックジャンプを見せ
優勝を引き寄せる会心のジャンプに思わず障害に上がり
観客の大声援にこたえる土屋凌我(無所属)

 

エリート26(26インチタイヤの部)で優勝した塩崎太夢(無所属/山梨県)と
フォトセッションでメディアのリクエストに応える土屋選手(画像右側)

 

全世代のメダリストたちがフォトセッションにのぞむ。

 

 

 

 

 

 

 

ということで、土屋選手が

エリートカテゴリーになって

三度目の日本王者を戴冠しました!

 

最後の試技、最後のビックジャンプは

本当に素晴らしく、まさに日本王者に相応しい

圧巻のパフォーマンスで観客を魅了しました。

 

今年ここまで様々な長野県選手の活躍を見て来たのですが

最も圧倒的なパフォーマンスを見せてもらったと思います。

 

前も少し書いたと思うのですが

いま長野県で一番世界に近い自転車選手は誰ですか?と

問われれば、間違いなく当サイトは

土屋選手の名前を挙げます。

 

おそらく次戦は8月のデンマークで

開催されるW杯第2戦。そして、

11月の世界選手権に向けて

今後の活躍が期待されます。

 

※ご存じの方も多いかと思いますが昨日の自転車学校で不覚にも倒れてしまい
 なぜか、自分のカメラまで故障してしまいました…
 午後からの観戦となってしまったし、写真がスマホになってしまい申し訳ありません。
 カメラですが明日修理に出します…

 

関連LINK

第11回全日本トライアル選手権公式HP

日本自転車トライアル協会

こもろ観光局