《速報》2022全日本マスターズ1㎞TT(40歳以上の部)で小峰烈が大会新記録で全日本王者を戴冠!!

【PIST6情報】2月13日開幕「PIST6エクストララウンド2」に小峰烈〔松本工高出〕の出場が決定!(2月1日) 【イベント情報】9月開催「THE PEAKS TATESHINA WEST/EAST」のエントリーが2月1日より開始!詳しくはイベント公式HPへ…(2月1日) 〔お知らせ〕MTB LEAGUE が「Coupe du Japon 2023」チーム登録を開始!詳しくは こちら (2月1日) 【結果】静岡で開催中の「Jr.トラック大会初日」男子Jrケイリン1回戦で山田愛太(白馬高)が1着で決勝進出、また初日1km TTでは1分08秒386で4位。(1月29日) 【PIST6情報】2月3日開幕「PIST6エクストララウンド#1」に等々力久就(岡谷工高出)の出場が決定!(1月27日) 

2022全日本マスターズ1㎞TT(40歳以上の部)で小峰烈が大会新記録で全日本王者を戴冠!!

 

 今年の自転車トラック競技マスターズ(壮年選手)

全日本チャンピオンを決める

2022全日本選手権自転車競技大会トラックレースマスターズは

本日7月18日(祝)松本市美鈴湖自転車競技場で

大会2日目・最終日が行われた。

 

午前中に開催された男子1㎞タイムトライアル(40歳から44歳の部)で

日本競輪選手会長野支部長であり、美鈴湖自転車学校の講師でも

お馴染みの峰烈(Logisty Jack/松本工高出)が登場。

1分06秒016(平均時速54,53㎞)の大会新記録で

2022年の全日本マスターズ王者を戴冠した。

 

 

最終組のバックストレートからスタートとなった小峰選手は
スタート同時にペダルを豪快に踏み込みながら加速して行く。

 

美鈴湖自転車競技場を3周するタイムトライアル。
豪快なスタートを切ると、そのまま一気にスピードに乗って行く。
2周が終わり、残り1周のラップタイムが大会新記録のペースとなり
会場が大会新記録を期待する声援に変わって行く。

 

ゴールと同時に電光掲示板を確認する小峰選手。

 

1分06秒016の大会新記録で優勝が決まり両手を挙げてウイニングラン!

 

2018年大会以来の全日本マスターズ王者となった小峰烈選手が
日本チャンピオンの証である「日の丸ジャージ」に袖を通す。

 

《速報リザルト》

 

 

《長野県出場選手》

 

 

《マスターズ1㎞タイムトライアル決勝》

(参照元:Youtube/bikintv)
※クリックすると小峰選手のレースが始まります。
バックスタンド側スタート

 

 

以上、小峰選手の

全日本王者戴冠の速報でした。

このレース、自転車学校の子供達と

観戦していたのですが

普段、先生である小峰さんを

競輪場で見ることは、信州の子供達にとって

少しハードルの高いところなのですが

こうして地元の美鈴湖競技場で

力走し、優勝する姿をみて

「小峰さん、やっぱりスゲー!」と

皆が口々に言っていたのが印象的でした。

やはり、美鈴湖自転車学校の子供達にとって

小峰さんはヒーローなんだなと

改めて思わされた一戦でもありました。

長野勢では、昨日の羽田野選手に続いて

今大会二人目の全日本王者誕生!

引き続き、小峰選手ならびに

長野県の競輪選手たちにも

温かい御声援のほど宜しくお願い致します。

※個人的にも小峰選手の熱走に感動しました…

 

 

関連LINK

日本オリンピック委員会

日本自転車競技連盟

長野県自転車競技連盟



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

競輪という世界 (文春新書) [ 轡田 隆史 ]
価格:990円(税込、送料無料) (2022/7/18時点)

楽天で購入