《速報》「令和3年長野県高校新人戦トラック競技」小松篤史(松本工)全種目制覇でトラック完全優勝。

《速報》「第48回関東地区プロ自転車競技大会」4㎞個人追抜きで宮下一歩(地球環境高出)が4分50秒で優勝。4㎞団体追抜きでは「柿澤・小峰・宮下・堀江」の長野県競輪選手が活躍4分26秒91で優勝を果たした。(11月26日) 〔結果〕「第34回全日本自転車競技選手権MTBクロスカントリー」男子エリートで沢田時(Team ブリヂストンサイクリング/長野市)が初優勝!2位に宮津旭(PAXPROJECT/長野登録)3位竹内遼(FUKAYARACHING/飯山高出)と長野県勢が表彰台を独占!!(11月21日) 〔結果〕「第34回全日本自転車競技選手権MTBクロスカントリー」男子U-23で北林力(DreamSeekermtbracingteam/白馬高出)が優勝!二年連続のU-23全日本王者を戴冠!(11月21日) 〔ニュース〕自活研『第9代目自転車名人』に元パラリンピック金メダリストの石井雅史氏(元イナーメ信濃山形)が選出!(11月20日) 〔結果〕「JOCジュニアオリンピックMTBクロスカントリー」男子3年生の部で渡邊善大(白馬マウンテンバイククラブ)が2大会連続優勝。詳細はこちら(11月14日) 〔結果〕新競輪「PIST6 スペシャルマッチ#2」堀江省吾(119期/屋代高-信州大出)が予選から4連勝で完全優勝の快挙! 公式リザルト(11月14日) 〔結果〕「Rapha Super Cross NOBEYAMA」男子ジュニアで永野昇海(イナーメ信濃山形)とKids高学年の部で鈴木名人(ボンシャンス)がそれぞれ優勝を果たした(11月14日)

《速報》県新人戦トラック競技で小松篤史(松本工)が全種目制覇でトラック競技完全優勝。

 

 来年の春の選抜高校自転車競技大会の長野県予選を兼ねる

令和3年長野県高等学校新人体育大会自転車競技トラック種目で

松本工業高校2年の小松篤史が、出場した3種目に加え

エキシビジョンのスクラッチレースも加えた4種目全てで優勝

トラック競技三冠で完全優勝を果たした。

 

今後は、11月3日に生坂村で行われるロードレースも含め

秋の新人戦全競技制覇が期待される。

トラック競技の結果は以下の通り…

 

 

 

 

長野県高校自転車新人戦トラック競技結果

 

 

男子200mタイムトライアル
優勝 小松篤史(松本工業) 11秒577
2位 上里翔瑛(松本工業) 11秒964
3位 片田啓太(松本工業) 12秒342

 

男子1㎞タイムトライアル
優勝 小松篤史(松本工業)  1分9秒745
2位 上里翔瑛(松本工業)  1分12秒842
3位 黒澤響冴(飯田OIDE長姫)1分15秒998

 

男子3㎞個人追抜き
優勝 小松篤史(松本工業) 3分53秒009
2位 山口太聞(松本工業) 3分57秒925
3位 上里翔瑛(松本工業) 3分59秒285

 

令和3年長野県高校新人戦トラック競技公式リザルト(PDF/長野県自転車競技連盟)

 

 

名門マツコウの新キャプテンとなった小松篤史(松本工2年)
今大会は朝の気温が氷点下近くまで冷え込み
記録が出にくい条件ではあったものの、現在の県高校自転車界では
抜きに出た力を見せつけての三冠となった。

 

 

春のセンバツ長野予選となる

高校新人戦は御覧のように

小松篤史選手の圧勝でした。

 

現在の長野県高校自転車界で

小松選手の力は圧倒的で

抜きに出ていることは

多くの皆さんの知るところですが

 

美鈴湖自転車学校などを通じて

中学生の頃から小松選手を見てきて

思うことは、小松選手の探求心や

向上心の他に、様々な人の意見を聞き

それを実際に試してみる行動力が

とにかく高校選手の中で抜きに出ています。

(おそらく誰よりも自転車が好きだとも思います)

 

少し厳しい話しをしますが

小松選手の他に、長野県には1年生も

沢山入ってきましたが、圧倒的に違うことは

1年生のほぼ全員が全く何も考えないで

ただ練習を消化しているだけ… 

 

この現在の状況では、差が広がるばかりで

おそらく小松選手を脅かす選手は

この先、向こう一年間、長野県内に

現れることは無い!と断言できます。

 

身体も本格的な成長期に入った感じのある

小松選手がどこまで選手として成長して行くのか?

今や名実ともに長野県高校自転車界の新エースとなった

小松篤史選手に、引き続き温かい御声援のほど

宜しくお願い致します。

 

関連LINK

長野県高校体育連盟

全国高体連自転車専門部

長野県自転車競技連盟

生坂村観光情報