〔結果〕「2021松本サイクルトラックレース 大会」長野県関連選手の全レース結果 《中編》

【PIST6情報】2月13日開幕「PIST6エクストララウンド2」に小峰烈〔松本工高出〕の出場が決定!(2月1日) 【イベント情報】9月開催「THE PEAKS TATESHINA WEST/EAST」のエントリーが2月1日より開始!詳しくはイベント公式HPへ…(2月1日) 〔お知らせ〕MTB LEAGUE が「Coupe du Japon 2023」チーム登録を開始!詳しくは こちら (2月1日) 【結果】静岡で開催中の「Jr.トラック大会初日」男子Jrケイリン1回戦で山田愛太(白馬高)が1着で決勝進出、また初日1km TTでは1分08秒386で4位。(1月29日) 【PIST6情報】2月3日開幕「PIST6エクストララウンド#1」に等々力久就(岡谷工高出)の出場が決定!(1月27日) 

「2021松本サイクルトラックレース」長野県関連選手の全レース結果

 

5月1日・2日の二日間、松本市美鈴湖自転車競技場にて

今年の長野県自転車トラック競技のオープニングレースとなる

2021松本サイクルトラックレースが開催されました。

長野県関連選手の全レースリザルト《中編》は以下の通りです。

 

 

 

女子500mタイムトライアル

 

1位 宇野紅音  岐阜第一高校     38秒342(J)
2位 石中 葵  富山県自転車競技連盟 38秒540(J)
3位 中村文香  富山県自転車競技連盟 39秒887(E)
——————————————————————–
9位 平山なつみ 松本工業高校     46秒040(Y)
10位 平林和美  イナーメ信濃山形   46秒910(M)

(J)U-19ジュニア(Y)U-17 (U)U-23(E)エリート(M)35歳以上
※ジュニア・ユースは、各年代ギア比制限下でレースを行っています。

 

 

今大会がデビュー戦となる平山なつみ(松本工高2年)
発走機からのスタートをスムーズにこなした。

 

 

 

男子壮年500mタイムトライアル

 

1位 奥津 憲  シクロネロ        36秒008
2位 羽田野隆彦 Luchtschip         36秒059
3位 古本清文  富山県自転車競技連盟   36秒776
——————————————————————————
5位 小林英樹  GOGS NAGANO     40秒480
6位 土屋雅英  無所属(長野県登録)    47秒160 

 

マスターズ1組目に登場した土屋雅秀(無所属/長野県登録)

 

長野県トラック競技選手最年長の小林英樹(COGS NAGANO)は
この日、2種目目の500mタイムトライアルに出場。

 

 

男子ジュニア1kmタイムトライアル

 

1位 岩井 芯  岐阜第一高校   1分06秒682(Y)
2位 小松篤史  松本工業高校   1分07秒597(J)
3位 尾方祐仁  岐南工業高校   1分08秒405(J)
——————————————————————–
4位 中島壮琉  松商学園高校   1分08秒509(J)
7位 加科爽人  松本工業高校   1分09秒743(J)
13位 山田愛太  ProRide(白馬中) 1分14秒085(Y)
15位 小山大登  エクセラン高校  1分16秒375(J)
17位 児玉空広  美鈴湖ベロクラブ 1分20秒378(Y)

(J)U-19ジュニア(Y)U-17 (U)U-23(E)エリート(M)35歳以上
※ジュニア・ユースは、各年代ギア比制限下でレースを行っています。

 

 

 

 

午前中の200mで準優勝、波に乗る小松篤史(松本工2年)は
1㎞でも自己ベストを更新する1分07秒台の好タイムで準優勝。
これにより見据えるのは6月に地元松本で開催されるインターハイ最終予選
北信越高校総体での表彰台とインターハイ入賞。

 

 

春のセンバツ1㎞に出場も1分12秒、雪辱戦となった中島壮琉(松商学園3年)も
1分8秒509と今年のインターハイを見据え上々のタイムで4位入賞を果たした。

 

春のセンバツスクラッチで決勝進出の加科爽人(松本工3年)も
1分9秒台とこの時期としてはまずまずのタイム7位入賞を果たした。
夏のインターハイへ向けてここからどの程度タイムを上げられるか期待。

 

昨年のジュニアオリンピックU-15で4位の山田愛太(ProRide/白馬中3年)は
今年からU-17となりギアが1枚重くなっての影響もあり昨年より3秒近く
自己ベストを更新しての13位。唯一の中学生選手として存在感を見せた

 

この大会がトラック競技デビュー戦となった小山大登(エクセラン高3年)
初出場で1分16秒ということで、このタイムを今後行われる
インターハイ長野予選・北信越予選の両大会でどの程度縮められるか?期待が集まる。

 

昨秋にトラック競技を始め初出場の児玉空広(美鈴湖ベロクラブ/上田千曲高1年)
今年の長野県には10名程度の高校新1年生が加入したが
そんな1年生の中での唯一の出場者となった。まだU-17ということで
先輩たちの胸を借りる大会となったが、この初出場が今後への大きな財産となる。

 

 

 

男子1kmタイムトライアル

 

1位 伊藤京介  日本大学     1分04秒480(J)
2位 佐藤 健  日本大学     1分05秒918(U)
3位 立花昌也  日本大学     1分06秒029(U)
—————————————————————————–
20位 山浦秀明  松本大学     1分08秒314(U)
30位 北澤竜太郎 イナーメ信濃山形 1分10秒342(E)
36位 武井秀周  イナーメ信濃山形 1分11秒637(M)
40位 萩原隆祐  TEAM HIRAYAMA 1分14秒502(U)
31位 岩下直貴  イナーメ信濃山形 1分15秒385(E)
36位 田中裕一郎 TEAM HIRAYAMA 1分17秒804(U)
45位 大林康之  イナーメ信濃山形 1分19秒539(E)
46位 平林武流  イナーメ信濃山形 1分19秒578(U)

(J)U-19ジュニア(Y)U-17 (U)U-23(E)エリート(M)35歳以上
※ジュニア・ユースは、各年代ギア比制限下でレースを行っています。

 

2019年の松本工高主将の山浦秀明(松本大1年)が
地元美鈴湖競技場で松本大のユニフォームを着て
大学デビューを果たした。

 

一時期、コンディション不良の時期もあり体調が心配されたが
ここのところ完全復活へ向けて好調を感じさせる北澤竜太郎(イナーメ信濃山形)

 

午前中のマスターズ200mスプリントで3位、この日2種目目は
1㎞タイムトライアルに出場した武井秀周
(イナーメ信濃山形)

 

 

2019年の長野県高校代表の萩原隆祐(TEAM HIRAYAMA)
同組で、松本工業高で活躍した田中裕一郎と同組で出走した。

 

ベテランの岩下直貴(イナーメ信濃山形)も、この大会2種目目は
1㎞タイムトライアルを選択、1分15秒で31位となった。

 

松工の同期生萩原選手と同組で出走の田中裕一郎(TEAM HIRAYAMA)
2019年長野県高校代表として活躍した二人が松本トラックに戻って来たことは
県自転車関係者にとっても感慨深い光景だった。

 

この種目の2組目に出走し力走を見せる大林康之(イナーメ信濃山形)
1分19秒539で45位となった。

 

この大会2種目目は1㎞を選択、あまり練習が出来ない中で
力走を見せる平林武流(イナーメ信濃山形)

 

 

長野県出場選手

 

 

 

 

大会公式リザルト

 

 

 

 

大会後のコロナに関するお願い

 

 

大会後のコロナウイルス感染に関する対応依頼

 

  2021松本サイクルトラックレースに参加されて選手及び会場来場者の皆様へ
 大会は無事に終了することが出来ました。皆様有難う御座いました。

 さて、新型コロナウイルス感染防止対策を会場で
 全ての皆様にご協力頂きましたが

 万が一本日(5/2)以降、一週間以内(5/9までの期間)に
 新型コロナウイルスの陽性反応があった際は
 お手数ですが、大会参加申込先アドレスへ
 ご連絡して頂く様にお願い致します。

 ご連絡先:snb11916@nifty.com 

 陽性者が出た場合には、地元保健所と相談の上
 皆様に改めてご連絡させて頂く場合がありますので
 予めご了承下さい。 

 以上、宜しくお願い致します 

 

長野県自転車競技連盟 競技委員会

 

 

 

以上が、大会初日午後の

長野県勢の結果でした。

現在、多忙でなかなか

結果をお伝え出来ず申し訳ありません。

出来るだけ早めに

松本トラックの結果を

お届け致しますので

暫くお待ちください。

 

 

 

関連LINK

新型コロナウイルス感染症について(長野県)

長野県自転車競技連盟公式HP

松本市美鈴湖自転車競技場HP