《速報》「第44回春の全国高校選抜自転車大会」男子スクラッチで加科爽人(松本工)が決勝進出!

《「第44回春のセンバツ」加科爽人(松本工)が男子スクラッチで決勝進出!

 

 昨日3月19日に開幕した

第44回全国高等学校選抜自転車競技大会で

長野県代表の加科爽人(松本工高2年)が

男子スクラッチ予選で4位となり

明日21日㈰に行われる決勝戦へ進出した。

また、赤穂中学出身の大蔵こころ(愛媛松山城南2年)も

女子スクラッチで決勝へ進出を決めた。

 

 

 

男子スクラッチ(6㎞)予選1組

 

男子スクラッチ予選 第1組結果

1位 北村青空(前橋工/群馬)※予選通過
2位 酒井 秀(叡名高/埼玉)※予選通過
3位 藤本 天(興国高/大阪)※予選通過
4位 加科爽人(松本工/長野)※予選通過
———————————————————————————
5位 港 恵果(榛生昇陽/奈良)
6位 塚迫 光(崇徳高/広島)
7位 藤岡真也(防府商工/山口)
8位 江尻敬介(総合工科/東京)

※上位4名が決勝進出(出走15名)公式リザルト

 

 

《男子スクラッチ第1組レースの模様》

(参照元:Youtube/日本写真判定株式会社) 
クリックすると予選の模様が流れます

 

【レースレビュー】

 男子スクラッチ予選は「全5組」で行われ、各組の上位4名が翌日の決勝へ進出する非常に狭き門となった。その第1組に長野県のエーススプリンターでもある加科爽人(松本工2年)が出場。この直前の女子スクラッチで大きな集団落車が発生、またこのレースの時間帯が大雨の時間帯に重なり、選手達にとっては条件的・心理的に非常に難しいコンディションでのレースとなった。

レースはスタート後、落ち着いた展開になるかと思われたが、2周目の第4コーナーで加科が少しスピードを上げると集団がややお見合い。結果として加科がオープニングアタックを決め、最大で50m近いリードを奪う。しかし、大雨のなか加科は無理をせず、集団もまた自然なかたちで加科を吸収するが、この最初のアタックがこのあとのレースの展開を占う非常に有効なアタックとなった。

集団に吸収されてレースは中盤戦。このレース加科は終始「メイン集団前方のポジション」で冷静にレースを展開。同時に、レースを通じて落車などのアクシデント・リスクが低い位置に自らをポジショニングしながら、「前へ出るところは出て・下がるところは下がる」というメリハリあるレースマネージメントをみせた。レースが一気に活性化する残り1周では、果敢に前へ出て3番手の位置で後方から来る選手の追走を凌ぎきって堂々の4位で明日の決勝戦へ進出を決めた。

 

 

【戦評】

 加科選手は本来、短距離スプリンターの選手で、どちらかというと「直観」と「本能」に秀でたファイター型の選手という印象が強い。しかし、レースは開始直後にファーストアタックが決まり、直後に集団吸収されてからのレースマネージメントが素晴らしく、映像を見ても終始まわりの選手の動きを確認してレースを展開した。おそらく加科選手より「地足の強い選手」「スタミナのある選手」は多くいたと思うが、そうした中でいかに自分自身に有利な展開に持ち込むか?それを常に考えながらレースをしていることが良くうかがえた。

中盤以降もメイン集団の中で、加科選手にフォーカスして見ると、非常にクレバーで繊細かつ積極的な動きをしており、最終回は、加科選手お得意の「精神力勝負」での逃切りパターンに持ち込んで、後はひたすら我慢のし合いを制して堂々の4位。昨年までは殆ど見られなかった新たな加科選手のレーススタイルに、この冬の大きな成長を感じさせるレースとなった。

明日の決勝では「全国のTOP20の選手達」と対戦するが、今日のこのスタイルがどこまで通じるのか?決勝でも加科選手らしく積極的にレースを展開してもらいたい。

 

【明日の予定】

 明日は午前10時ころより「男子スクラッチ決勝8㎞」が行われます。
 加科選手のヘルメットキャップは「緑」となります。

 男子スクラッチ決勝戦スタートリストはこちら

 

 

 

 

大会二日目長野県勢の結果

 

女子500mタイムトライアル決勝

1位 大田風貴芽(岐阜一/岐阜)
2位 岩元 美佳(都城工/宮崎)
3位 宇野 紅音(岐阜一/岐阜)
——————————————————–
14位 大蔵こころ(松山城南/愛媛)赤穂中出

大会公式リザルト

 


 

女子スクラッチ4㎞予選 第1組

1位 岩元 美佳(都城工/宮崎)※予選通過
2位 石田 明莉(京都精華/京都)※予選通過
3位 大蔵こころ(松山城南/愛媛)赤穂中出 ※予選通過
4位 北林 蛍樺(氷見高/富山)※予選通過
5位 是永ゆうき(日出総合/大分)※予選通過
6位 高橋 美有(栄北高/埼玉)※予選通過
7位 前川 愛莉(高松工芸/香川)※予選通過
※出走13名 上位7名決勝進出

大会公式リザルト

 

【明日の予定】
 大蔵選手は予選3位で危なげなく決勝へ、決勝戦は10時ころより
 ヘルメットキャップは「黄色」となります。スタートリストはこちら。

 

 


 

男子1kmタイムトライアル決勝

1位 佐藤 壮志(松山城南/愛媛)  1分06秒319
2位 中石  湊(函館大谷/北海道) 1分07秒482
3位 宇野 紅音(岐阜一/岐阜)   1分07秒595
——————————————————–
26位 中島 壮琉(松商学園/長野)  1分12秒166

大会公式リザルト

 

 

 

選抜2日目、今日から

長野県選手が各種目に登場しました。

大蔵選手は、女子スクラッチで

安定の結果で予選を通過。

男子スクラッチでは加科選手が

見事なレースマネージメントを見せ

強豪が集まる全国の舞台で

見事予選を突破してくれました。

明日の決勝、是非長野県の

高校選手に大きなご声援をお願い致します。

※21日~23日まで信州を離れるため更新が遅くなりますのでご了承下さい。

 

 

関連LINK

大会公式ホームページ

全高体連自転車専門部

長野県高体連

松本工業高校

松商学園高校

長野県自転車競技連盟