〔告知〕「第43回全国高等学校選抜自転車競技大会」長野県出場校・出場選手の紹介。

〔告知〕高校生の自転車教養・知識を争う「第3回自転車甲子園」に長野県の高校として初めて白馬高校の出場が決定、大会は12月3日愛媛県で行われる〔12月1日〕《速報》「第50回関東地区プロ自転車競技大会-1㎞タイムトライアル」本年の全プロ優勝の菊池岳仁(岡谷南高出)が1分4秒06のタイムで優勝!連覇がかかる来年の全プロ出場権へ大きく前進!〔11月29日〕 《速報》「第50回関東地区プロ自転車競技大会-4㎞団体追抜き」長野県の柿澤・堀江を含む新潟支部チームは4分23秒881の関プロ新記録で連覇を達成。来年の全プロへの出場権を獲得〔11月29日〕【結果】初開催のガールズGⅠ「競輪祭女子王座戦」で富士見町出身の梅川風子(東京登録)が三連勝で完全優勝!初代王座を獲得!!長野県出身者の競輪重賞獲得は昨年末のヤンググランプリ(SG/特別)での菊池岳仁以来長野県史上2人目の快挙。【告知】本年最後の「長野県美鈴湖自転車学校11月の部」エントリーは本日11月20日まで…〔11月20日〕 【結果】トライアル競技の国内シリーズ「2023 Jトライアルシリーズ最終戦岡山大会」男子Jエリートで土屋凌我(無所属/岩村田高出)が優勝!二連勝で今シーズンを締めくくった〔11月19日〕 《告知》「Supercross NOBEYAMA 2023」のエントリーリストが発表!詳しくは大会公式HPをご覧ください〔11月16日〕 《結果》学連主催「RCS第5戦 群馬クリテリウムラウンド」3部A組で信州大学の松崎一勢が準優勝で2部昇格を決めた〔11月13日〕 《告知》来春の「春のセンバツ高校自転車」の日程が正式決定。トラック競技:2023年3月26日㈫~28日㈭ 北九州メディアドーム。 ロードレース:3月29日㈮ 大分県オートポリスの両日程にて開催決定。〔11月11日〕 

「第43回全国高等学校選抜自転車競技大会」長野県出場校・出場選手の紹介。

 

 先般2020年2月28日、「春のセンバツ高校自転車競技大会」の

中止が決定されて以降、4月26日には今年の「インターハイ」が中止。

6月に入っても「鹿児島国体」「全日本選手権ロード」

「全国Jrロード」が相次いで中止となりました。

 

そうした中、長野県高校スポーツ界では

様々な競技で代替大会開催をすべく

多くの関係者が様々な取り組みをしています。

 

長野県自転車界でも、7月19日に代替大会を発表したところ

県自転車界から数多くの反響があり、当サイトにも

沢山の「激励」や「支援のお申し出」の他

非常に多くの「大会ボランティア」に関する

お問合せを頂きました。

 

また、少し前に「春のセンバツ大会」の大会誌を

送って下さった方がいて、中止となった大会に

本来長野県代表として出場する予定だった選手を

紹介して欲しいとメッセージを頂きました。

 

当サイトとしても、少し迷うところはあったのですが

春のセンバツに出場予定だった選手達は

秋の長野県大会を堂々と勝ち抜き「代表の座」を手にしました。

今後、彼等も歴代の代表と同様に名を連ねてあげたく

長野県代表として今回紹介致します。

 

 

 

 

出場校・出場選手の紹介

 

《松本工業高校》

 

田総 連(3年生)

 中学時代は野球で活躍、自転車競技を本格的に始めたのは高校から。2年生ながらインターハイ最終予選となる北信越に出場し、4㎞速度競争で6位入賞。3㎞個人追抜きでも6位入賞を果たした。秋には富山で行われた「中部8県対抗自転車競技大会」に長野県代表として初招集され、少年男子スプリントで4位。『秋の長野県高校自転車新人戦』では200mタイムトライアル準優勝・1㎞タイムトライアル優勝と、中長距離・短距離の双方をこなすオールラウンダー。

〔選抜出場種目〕

ケイリン

 

 

平田 開人 (3年生)

 昨年の「Mt.乗鞍」一般男子Aで7位入賞など、適正としてはロードレース・クライマーながらトラック競技も行う。チームメイトの田総同様、昨年の「中部8県対抗自転車競技大会」で長野県代表に初招集され、少年男子1㎞タイムトライアルでは7位入賞を果たした。今年の春のセンバツではリザーブとして登録された。

〔選抜出場種目〕

補欠登録選手

 

 

 

加科 爽人 (2年生)

 「ロードよりもトラックが好き!」と公言するマツコウのスプリンター。昨年の「中部8県対抗自転車競技大会」で長野県代表に初招集。男子少年ケイリンでは4位入賞を果たす。『秋の長野県高校自転車新人戦』では200mタイムトライアルで優勝、3㎞個人追抜きでも準優勝を果たすなど長野県高校代表短距離のエースとしての活躍が期待される。

〔選抜出場種目〕

チームサポート

 


 

《松本深志高校》

 

小林 雅幸(3年生)

  昨年のインターハイ最終予選である北信越大会ロードレース4位入賞で、唯一2年生でインターハイ本戦に出場した『秋の長野県高校自転車新人戦』ロードレースでは出場選手全員を周回遅れにする圧勝で優勝。トラック競技の3㎞個人追抜きでも優勝を果たす等、今年の長野県高校中長距離のエースとして活躍が期待されている。

〔選抜出場種目〕

スクラッチ・ロードレース

 


 

《松商学園高校》

 

中島 壮琉(2年生)

 中学時代から、Mt.乗鞍のユース部門で表彰台に上がるなど活躍していたが、高校入学直後の練習中に怪我に見舞われ序盤は思うような結果を残せなかったものの、夏以降は徐々に力を付けて迎えた秋の『長野県高校自転車新人戦』ではロードレースで準優勝。トラック競技の1㎞タイムトライアルでも準優勝を果たすなど、今後長野県中長距離のエースとしての活躍が期待される。

〔選抜出場種目〕

ポイントレース・ロードレース

 

 

 

他県の長野県関連選手

 

《松山城南高校》

 

大蔵 こころ(2年生)
赤穂中学出身

 昨年、単身でインターハイ3連覇中の強豪校「松山城南高校」に自転車留学。いきなり高校の愛媛県女王・中国四国女王となると、インターハイ・ロードレースでは4位入賞。翌月のJrオリンピック個人追抜きでは初の全国大会優勝。いばらき国体ではオムニアム世界王者の梶原悠未を抑えての5位入賞。12月にはシクロクロスで念願の日本王者になるなど著しい成長を見せた。今後もさらなる飛躍が期待される日本女子ジュニア注目の選手。

〔選抜出場種目〕

個人追抜き・スクラッチ・ロードレース

 

 

 

 

春のセンバツ予選「長野県高校自転車新人戦」記事

 

 

 

 

 

令和二年長野県高体連代替大会について

 

 

 県高体連代替大会ですが、現在のところ

7月19日(日)に、美鈴湖自転車競技場で開催予定です。

また、ボランティアをお申し出頂いた皆様には

当サイトにも新しい情報が参りましたら

速やかにお知らせを致します。

 

大会開催につきましても、詳しい概要や

観客の有無についての発表が、高体連よりあり次第

速やかにお知らせ致しますので

今しばらくお待ちください。

 

 

 

 

 

以上が、幻となってしまいましたが

今年の春のセンバツに出場予定だった選手です。

高体連の代替大会に関しては

多くの方からお問合せや、記事へのアクセスを

いただきました。今後の情報については

今後、当サイトでもお知らせをして行きますが

県サイクリストの皆様には

引き続き高校自転車選手達に温かいご声援と

ご支援の程よろしくお願い申し上げます。

 

 

関連LINK

全高体連自転車専門部

長野県高体連

松本工業高校

松本深志高校

松商学園高校

松山城南高校

長野県自転車競技連盟

 



 

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

TVアニメ「弱虫ペダル NEW GENERATION」オリジナル・サウンドトラック [ 沢田完 ]
価格:3080円(税込、送料無料) (2020/6/25時点)

楽天で購入