〔頑張れ信州〕2024年2月度 長野県競輪選手出走予定カレンダー&2月の注目選手紹介。

「令和6年 能登半島地震」で被災された全ての皆様に心よりお見舞いを申し上げます。度重なる報道を見ていると本当に圧し潰されるような感情が去来します。特に一昨年お世話になった能登島コミュニティセンターが避難所になっているとのこと…。いまこの時点で出来ることは多くありませんが、当サイトも皆様の御心に寄り添い、皆様と共にありたいと思っております。どなた様も引き続き余震が続いておりますので、先ずはくれぐれも安全にお過ごしください。〔1月5日〕 

〔頑張れ信州〕2024年2月度 出走予定カレンダー&注目選手紹介。

 

 

《重要なお知らせ》

 現在、競輪公式サイトKEIRIN.JPが、Google Chrome及びMicrosoft Edgeの一部のバージョンで「インターネット投票会員ログイン」画面が開き、他ページへ遷移出来ないという事象が確認されております。原因は、Google Chrome及びMicrosoft Edgeのアップデートによるセキュリティ強化の影響と推測されます。閲覧の際には、下記のURLを直接ブラウザに入力して頂きますようお願いします。

PC:http://keirin.jp/pc
スマホ:http://keirin.jp/sp

詳しくは「けいりんマルシェ」をご覧ください。

 

《けいりんマルシェ公式》

 

 

 いよいよ新しい年のスタートとなった1月。

元日の能登半島地震の震源に最も近かった

富山競輪場は幸いにも大きな被害は無く

1月4日の初開催では、美鈴湖へ練習に来る

富山県の競輪選手たちがファンサービスを

行っていた姿が非常に印象的でした。

改めまして被災された全ての皆様にお見舞いを申し上げます。

 

 

さて、1月の長野県競輪界ですが…

 

 

先ずは、正月元日から三が日に開催された

各地の「正月競輪」に

柿沢(岡谷工高出)、菊池(岡谷南出)など

長野県選手6名が出走した。

 

 

 

 

 

1月27日㈯に千葉市で開催された

「PIST6 第4節ラウンド35」で、おなじみ

長野県自転車界のアイドルである

堀江省吾(屋代高-信州大出)が自身が持つ

PIST6最多優勝記録を更新する9回目の総合優勝を果たした。

堀江選手のPIST6通算出走数は64回。

そのうち1着が54回(勝率84.4%)という

驚異的な数字を残しており、今後もPIST6での活躍が期待される。

 

 

 

 

同じく、1月27日㈯長野県唯一の場外車券場

「サテライト信州ちくま」では、

黒河内由実(長野清泉女学院出)

初の「トークショー&サイン会」を行い

多くのファンがサテライトを訪れた。

 

 

 

 

一方で、昨年末から

伊藤大理(諏訪二葉出)亀川史華(兵庫県出身)の両選手が

それぞれ怪我と体調不良により欠場しており

二月以降の復帰が待たれる。

 

 

2024年2月の長野県登録競輪選手の

スケジュールは以下のとおり。

 

 

 

・2024年2月 長野県登録選手出走予定

氏名 出身 級班 年齢 タイプ 出走予定
伊藤 大理 諏訪二葉 A級2班 47歳 02月22日~24日 立川競輪
上原 龍 佐久長聖 S級2班 38歳 02月05日~07日  岸和田競輪
02月17日~20日  高松競輪 GⅢ
02月06日~28日  西武園競輪

柿澤 大貴 岡谷工高 S級1班 34歳 02月05日~07日 宇都宮競輪
02月18日~20日 前橋競輪
菊池 岳仁 岡谷南高 S級1班 23歳 02月09日~12日 岐阜競輪 GⅠ
02月17日~20日 高松競輪 GⅢ
木下 章 松本工高 A級3班 55歳 02月01日~03日 岐阜競輪
02月10日~12日 松戸競輪
02月19日~21日 別府競輪
小峰 烈 松本工高 A級2班 43歳 02月08日~10日 向日町競輪
02月16日~18日 川崎競輪
等々力 久就 岡谷工高 A級3班 32歳 02月01日~03日 岐阜競輪
02月09日~11日 立川競輪
02月26日~28日 小田原競輪
中嶋 宣成 佐久長聖 S級2班 33歳 02月01日~04日 静岡競輪 GⅢ
02月20日~22日 四日市競輪 
平川 雅晃 松本美須々ケ丘 A級2班 32歳 02月10日~12日 松戸競輪
02月27日~29日 京王閣競輪
藤本 龍也 松商学園 A級3班 40歳 02月03日~05日 四日市競輪
02月09日~11日 久留米競輪
02月17日~19日 いわき平競輪
堀江 省吾 信州大学 S級2班 26歳 02月02日~04日 いわき平競輪
02月13日~15日 西武園競輪
前島 恭平 松川高校 A級3班 35歳 02月03日~05日 松山競輪
02月09日~11日 立川競輪
02月24日~26日 川崎競輪
宮下 一歩 地球環境 A級1班 31歳 02月04日~06日 小田原競輪
02月17日~19日 いわき平競輪

 

ガールズ競輪

氏名 出身 級班 年齢 タイプ 出走予定
亀川 史華 兵庫県 L級1班   02月09日~11日 立川競輪
黒河内 由実 長野清泉
女学院
L級1班   02月20日~22日 四日市競輪
02月27日~29日 京王閣競輪

全てのデーターは2024年1月末のものです
状況により「追加招集」や「欠場」の可能性があります。

 

 

 ◇2月注目の記録

 《出場レース数》
 ・伊東大理: 通算2000レース出場まであと6レース

 ・亀川史華: 通算400レース出場まであと3レース

 《通算勝利数》
 ・菊池岳仁: 通算100勝まであと5勝

 ・前島恭平: 通算200勝まであと4勝
 ・堀江省吾: 通算100勝まであと9勝

 

 

◇◇長野県競輪選手の今をお届け!◇◇
長野競輪選手会インスタグラム

 

 

 

・新競輪「PIST6」2月出場予定者

 

 

PIST6 会場:TIPSTAR DOME CHIBA

日程 シリーズ名 長野県出場選手
02月02日㈮~03日㈯ 第4クォーター Round 36 長野県出場選手無し。
02月10日㈯~11日㈰ 第4クォーター Round 37 未発表
02月17日㈯~18日㈰ 第4クォーター Round 38 未発表
02月23日㈮~24日㈯ 第4クォーター Round 39 未発表

会場:TIPSTAR DOME CHIBA(千葉県千葉市)
新競輪「PIST6」につきましては、基本的に出場の2~1週間前に発表されます。
PIST6公式HPを逐次ご確認下さい。

 

 

〔PIST6スケジュール〕

 

 

 

・2月の注目選手

 

菊池岳仁(岡谷南高出/S級1班)

 先ずは2月9日からGI「読売新聞社杯 全日本選抜競輪」(岐阜競輪場)、2月17日からGⅢ「玉藻杯争奪戦」(高松競輪場)の二つの重賞レースに出場予定の菊池選手を挙げたいと思います。1月の成績を見ると2場所6レースに出場して「1着0回、2着3回、3着0回、着外2回」と1回も勝利が無かった。さらにネガティブな所を挙げれば12月26日の小松島競輪以降は勝ち星から遠ざかっています。ただし、直近の13レース全てで「バックを獲っているいる」(残り半周を先頭で通過している)。さらに直近30レースまで遡っても27レースでバックを獲っています。ここをどう見るのか?そこは判断が分かれるところですが、積極的なレースを続けていることは確かであり、そうした中で2月は重賞レースで爆発を期待したいと思います。

 

〔2月出場予定〕

2月09日㈮~12日㈪ 岐阜競輪 GⅠ
2月17日㈯~20日㈫ 高松競輪 GⅢ

 

 


 

宮下一歩(地球環境高出/A級1班)

 一年前の正月競輪シリーズで負傷して以降、昨年は結果が出ない時期が長く続き苦しんだシーズンとなった。しかし、今年の元日の宇都宮競輪では先行選手を後方からかわして新年初勝利を挙げると2日目も2着で決勝へ進出。1月は3場所9レースに出場して「1着2回、2着3回」と着に絡み、宮下選手も9レース中8回バックを獲る積極的なレースを見せ復調の兆しを見せた。また出場した三場所全てで決勝戦へ進出したことも大きい。昨年の正月シリーズとは対照的に好スタートを切った宮下選手の2024年の巻き返しを期待したい。

 

〔2月出場予定〕
02月04日㈭~06日㈯ 大垣競輪
02月17日㈬~19日㈮ 前橋競輪

 

 


 

前島恭平(松川高出/A級3班)

 昨年は夏以降なかなか結果が出ない時期が続いたが、11月中旬から徐々に積極的なレースが目立ち始め復調の兆しを見せている。1月は3場所9レースに出場「1着3回」と、長野県選手が冬季でなかなか勝てなくなる時期に気を吐いた。2月は、松山・立川・川崎と3場所9レースに出場予定。現在通算196勝で200勝まで残り4勝、2月の前島選手の活躍に期待したい。

 

〔2月出場予定〕
02月03日~05日 松山競輪
02月09日~11日 立川競輪
02月24日~26日 川崎競輪

 

 

 

という訳で、2月の

長野県競輪選手情報でした。

 

 

1月の競輪界を振り返ってみると

やはり元日の地震が大きなハイライトで

元日は中止になった競輪場もあり、

また、石川県の競輪選手が

被災地域を盛り上げようと

一生懸命に走り、情報を発信している姿が

非常に強く印象に残りました。

 

 

振り返って長野県ですが、

堀江選手のPIST6での優勝は

もはや「常勝」を感じさせる部分もあり

非常に力強かったと思います。

 

 

黒河内選手のトークショーも

遠方からファンの方が集まり

改めて、競輪がギャンブルという側面で無く

プロスポーツであることが

少しずつ長野県内に浸透してきていることも

非常に良かったと思います。

 

 

2月は、いよいよ長野県内が

一番寒くなる時期であり

練習場である美鈴湖競技場が使えなくなり

長野県選手にとっては

大きなハンデを背負う時期となりますが

先ずは、落車無く、元気に

頑張って欲しいと思います。

長野県サイクリストの皆様にも

是非、長野県競輪選手に

あたたかい御声援のほど宜しくお願い申し上げます。

 

【自転車競走法第9条】により20歳以下の未成年は
車券を購入したり、譲り受けてもいけません。

関連LINK

競輪.jp

けいりんマルシェ

PIST6

日本競輪選手養成所

サテライト信州ちくま

長野競輪選手会インスタグラム