〔結果〕2019-20年「シクロクロス国内公式戦 JCXシリーズ」が終了!長野県関連選手の結果。

《ニュース》川崎競輪初日「第5レースA級予選」2週間ぶりにゴールデンルーキー菊池岳仁(岡谷南出/長野県)が出走。この日も先頭誘導が離れると同時に逃げを見せると後続に一度も先頭を譲らず圧勝!先ずは明日の準決勝へ駒を進めた。ハイライト動画(4月4日)《お知らせ》5月4日に美鈴湖自転車競技場で開催予定だった「TRS第1戦」は中止が決定。詳しくはこちら(4月2日)  《お知らせ》4月1日より「松本市美鈴湖自転車競技場」の2020年シーズンの営業が開始致します。(3月31日)  《ニュース》長野県自転車競技連盟は、5月開催予定の「2020松本サイクルトラックレース」の中止を発表した。詳しくはこちら(3月29日) 《ニュース》四日市競輪二日目「第4レースA級チャレンジ準決勝」昨日に続き連勝を狙う 宮下一歩(長野県/地球環境高出)が登場。最終回に後続に迫られるも追走を許さず今日も見事な逃げ切り勝ち!明日の決勝は三連勝で本シリーズ完全優勝を目指す。ハイライト動画(3月28日) 《ニュース》「第14回菜の花飯山ロードレース」と「RCS開幕戦飯山ラウンド」がコロナウイルス感染拡大防止のため無期限の延期決定(3月26日)

 

〔結果〕2019-20年「シクロクロス国内公式戦JCXシリーズ」が終了!主な長野県選手の結果。

 

 

 昨日2020年2月9日(日)、国内シクロクロス公式戦シリーズである

JCXシリーズが全ての日程(全10戦)を全て消化した。長野県内では

昨年11月10日に第3戦の「飯山ラウンド」と、

11月23日に、第5選の「野辺山ラウンド」が開催され

今年も多くの長野県選手が活躍を見せた。

 

男子エリートでは、

小坂光(宇都宮ブリッツェン:佐久長聖出)が年間準王者。

女子エリートでは、全日本選手権で優勝した

松本璃奈(Team SCOTT JAPAN:茅野高出)が

年間3位となった。詳しくは下記の通り…

 

 

 

JCX男子エリート年間ランキング〔長野県関連選手〕

 

 

長野県関連選手で最上位は小坂光(佐久長聖出)が年間2位となった。
(2019年全日本シクロクロス選手権より)

 

1位 前田 公平 (弱虫ペダルサイクリングチーム)
2位 小坂 光  (宇都宮ブリッツェン/佐久長聖出)
3位 織田 聖  (弱虫ペダルサイクリングチーム)
——————————————————————————-
9位 丸山 厚  (チームアレリドレー/駒ケ根市)
10位 兼子 博昭 (スワコレーシング)
11位 竹内 遼  (FUKAYA RACING/飯山高出)
13位 沢田 時  (TEAM BRIDGESTONE Cycling/長野市)
16位 戸谷 亮司 (京都岩井商会レーシング/長野県選手登録)
20位 小坂 正則 (スワコレーシング)
26位 松本 駿  (Team SCOTT JAPAN/長野県登録)
28位 山本 幸平 (Dream seeker MTB Racing Team/松本市)
29位 横山 航太 (シマノレーシング/篠ノ井高出)
52位 宮津 旭  (PAXPROJECT/長野県登録)
54位 牧野 崇  (COGS NAGANO)
78位 山田 憲司 (スワコレーシング)
80位 橋本 嶺登 (長野大学)
92位 野口 朋希 (スワコレーシング)
103位  酒井 孝典 (八ヶ岳CYCLOCROSS CLUB)
130位  澤田 雄一 (チームサイクルマインド/長野県登録)
160位  村田 隆  (カンクリサイクリングチーム/須坂市)
161位  矢野 大介 (Speedvagen Family Racing/長野県登録)
205位  丸山 兼児 (CLAMPDEANIMA/伊那市)

JCXシリーズ年間ランキング(AJOOC公式HPより)

 

 

信州クロスシリーズ1部年間王者を決めた丸山厚(アレリドレー/駒ケ根市)はJCX9位となった。

 

 

 

JCX女子エリート年間ランキング〔長野県関連選手〕

 

昨年に続き全日本選手権を連覇した松本璃奈(Team SCOTT JAPAN/茅野高出)が年間3位となった。

 

1位 唐見 実世子 (弱虫ペダルサイクリングチーム)
2位 赤松 綾   (SimWorks Racing )
3位 松本 璃奈  (Team SCOTT JAPAN/茅野高出)
————————————————————————-
5位 鵜飼 智春  (八ヶ岳CYCLOCROSSCLUB )

JCXシリーズ女子年間ランキング(AJOOC公式HPより)

最終戦で準優勝を果たした鵜飼智春(八ヶ岳CYCLOCROSSCLUB/大阪登録)

 

 

 

JCXマスターズ1部年間ランキング〔長野県関連選手〕

 

1位 石川 正道 (Champion System Japan Test Team)
2位 浅井 秀樹 (SNEL CYCLOCROSS TEAM)
3位 池本 真也 (和光機械‐BIORACER)
————————————————————————
56位 生田目 修 (イナーメ信濃山形)
62位 中村 秀典 (COGS NAGANO)
71位 細田 健一 (ROND CX TEAM/駒ケ根市)

今年のシクロも各カテゴリーで活躍を見せたCOGS勢(画像:中村秀典選手)

JCXシリーズマスターズ年間ランキング(AJOOC公式HPより)

 

 

19-20シーズン長野県内開催JCXレース関連記事

 

 

 

 

今シーズンのJCXシリーズが終了致しました。

先ずは、JCXに携われた長野県内の選手

スタッフ・ボランティアの皆様

本当にお疲れさまでした。

 

今年は台風19号災害もあり

困難とも向き合うシーズンでした。

被災された選手・スタッフの皆様

会場を提供して下さる近隣の皆様に

今あらためてお見舞いを申し上げます。

 

そして、携わって下さった

全ての皆様に心より御礼致します。

 

さて、信州クロスは今月末の23日に

今季最終戦を清里で行います。

シーズンの最後まで皆様ご声援のほど

宜しくお願いを申し上げます。

 

※選手の方で年間ランキングに名前が漏れている方が
 もしいらっしゃいましたらご一報ください。

 

 

関連LINK

AJOCC

シクロクロスミーティング(信州シクロクロスHP)



 

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

Gab・Bler ギャブラー メッセンジャーバッグ ショルダーバッグ メンズ レ…
価格:4290円(税込、送料無料) (2020/2/10時点)

楽天で購入