〔告知〕第11回全日本選手権トライアル(小諸市)「選手・審判/役員・協賛/出展等」募集6月9日まで!

【募集開始】TOJプレイベント第2弾「第2回南信州龍江クリテリウム」本日4月1日よりエントリー開始!詳しくはこちらより〔4月1日〕 【エントリー情報】東京都自転車競技連盟主催「JCFアテンダントライセンス講習会」が4月15日㈯・23日㈰の両日オンラインで開催されます。ライセンス取得希望の方はこちらより。〔3月29日〕 《結果》「いわき平競輪A級決勝戦」初日1着・2日目2着で決勝進出の堀江省吾(屋代高-信州大)が前走の「PIST6」「平塚競輪」含む3場所連続優勝をかけて出走。最終ストレートで先頭に立つとそのまま快勝!これでPIST6も含めて3連勝と好調をアピールした。ハイライト動画(3月27日) 《結果》「PIST6 EX.ラウンド第6戦」年末から三場所連続の完全優勝がかかる堀江省吾(屋代高-信州大出)は、今節も負けなしで決勝へ進出すると、その決勝戦では残り1.5周からのロングスパートを鮮やかに決め快勝!これでPIST6通算5回目のシリーズ優勝を飾った。決勝戦ハイライト動画〔3月20日〕 [エントリー情報]2023年6月24日・25日開催の「白馬八方黒菱ヒルクライム2023」本日3月15日よりエントリー開始!〔3月15〕 《結果》「平塚競輪A級決勝」堀江省吾(屋代高‐信大出)が最終第3コーナーで先行選手を捉えると後続を一気に引き離して快勝!初日から三日間負けなしの完全優勝を果たした。ハイライト動画(3月14日) 

 

第11回全日本選手権各種エントリー・募集が6月9日まで

 

 2022年自転車トライアル競技の日本王者を決める

第11回全日本トライアル選手権 が6月26日㈰に

今年は小諸市南城公園にて開催されます。

既にお知らせをしていますとおり

 

 ・選手のエントリ―
 ・審判/競技役員/各種ボランティアスタッフ
 ・協賛企業/出展企業

 

など、各種エントリー締切が6月9日㈭までと迫ってきております。

関係する皆様はお早めにお申し込み・登録をお済ませ下さい。

詳しくはJBTA事務局まで…

 

※一次募集のエントリーリスト【暫定版】(PDF)が発表されていますので
 出場予定選手は不備が無いかご確認下さい。

 

 

 

特に、2020年以降にJCF3級公認審判員ライセンスを取得の方は

トライアル競技の3級審判員資格が付帯していますので 

大会運営に御協力頂ければ幸いです。

 

 

 

という訳で、先日のW杯で

土屋選手(岩村田高出)が7位入賞と

盛り上がるトライアル競技。

 

今年の日本一を決める

全日本選手権のお知らせでした。

 

それで…

 

今年は春先から本当に数多く

全日本トライアルに関する

お問合せ・ご質問を頂きます。

そんな中で、

今大会の特設ホームページがリニューアルしています。

ぜひ、大会に参加される皆さん

大会に御来場予定の

チーム関係者・御家族の皆さんにも

改めてそちらを逐次ご覧いただき

最新の情報を御確認いただけますよう

お願い申し上げます。

 

 

関連LINK

第11回全日本トライアル選手権公式HP

日本自転車トライアル協会

こもろ観光局